2002/04 
  01 02 03 04 05 06
07 08 09 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

2002/04/30 (火)

今日は月末、でもGWで客は少ない(^^;

雪印食品、解散
(雪印乳業の食中毒事件を含めて)最初っから最後まで経営陣の誠意が感じられませんでしたね(汗
初動発言から嘘ばっかだったですし、内部調査もいい加減、挙句の果てにはそのしわ寄せを全部社員になすりつけると言う状態。
個人的には最後の対応が一番憤りを感じます。
現在敷地内に立てこもっている人々の「雪印はグループなんだからもうちょっと誠意のある対応が欲しい」と言う主張は至極当然ですよね。確かに全員の他グループへの再雇用と言うのは現実問題として難しいかもしれませんが数名しか再雇用していないと言う事実を見る限りやはり誠意がないなと感じずにはいられません。


2002/04/29 (月)

サクラ大戦4
買ったのが確か1ヶ月前だった気がする・・・これなら中古でも良かったかなぁ・・・とか思いつつもやっとこ1stクリア。クリアヒロインは「3」の時に唯一EDを見たグリシーヌでした。
感想などで見てはいたのですが今回はシナリオ的にはものすごく短い。1〜3まではTVシリーズで4だけ「完結編」と名乗った劇場版のノリと言う比喩に間違いはありませんでした(^^;
今回は13分岐という鬼のようなEDがあるので今までのような長さはやってられんと言うのがあるので妥当かと思います。私も後、さくらとエリカはクリアしたいので。
内容的にはいつものサクラ大戦。アニメ的な作りでテンポがとてもよろしいのは相変わらずでした。
ヒロインED自体は普通のギャルゲー宜しく的な終わり方なのでまぁどうでも良かった気がします。ただ、スタッフロール終了後のアニメが最高。あぁ言うの好きだねぇ。
次回作からPS2へと移行だと言うことで・・・まぁやんねぇだろうなぁ。そんなに思い入れのあるソフトじゃないし。


2002/04/28 (日)

連休と言っても金が無いので特に行くとこなし(^^;

おもちゃや
ちとプレゼントを買いに10連休で家に帰ってきている弟と共におもちゃやへ。
まず立ち寄る事の無い場所。折角なので店内をしばしどんなもんがあるのか見てみる事に。
良く分かるものからさっぱり分からんものまで様々ですな。サイバーフォーミュラのプラモなんてものがあったのねぇ〜。
デンドロも有りましたな、模型扱っている所に行くと例外なくあれがあるんですが配給制だったのでしょうか(^^
ちょっと感動したのがBB弾じゃなくて火薬を詰めるタイプの拳銃。
引き金引くと火薬が炸裂してBANG!!って音がするんですよ。で、硝煙の匂いがする。昔はよくお祭りの出店で売っていて買ったもんですが・・・思わず買いそうになっちゃいましたよ。ノスタルジ〜。
こんな感じでウロウロしているとレジ前のショーケースに謎な物件ハケーン。それは

KANOSOキャラのガレージキット(笑)

完成品飾ってあるだけだったので多分洒落だとは思うんですが同人物件おいてどーする。
心行くまで堪能したのでプレゼントを包んでもらって退店。
で、出る直前におもろいものを再び発見。

西部警察チョロQセット


ほ、欲しい・・・


2002/04/25 (木)

いつもよりダメな文章で良いですか?

みずいろ おかえしCD3
本当はCD2なんです。えぇ。ねこねこソフトが間違えています(笑
「おかえしCD」・・・それはねこねこソフトを購入してアンケートはがき等を送ってくれたユーザーを対象に非定期的におくられるディスクです。
こんなDiscを送って経営大丈夫かぃ、とか余計な心配してしまうのですが。某ソフトハウスにこれの1%も見習って欲しいほどのユーザーフレンドリーな会社です。
さて、今回のDiscの目玉はみずいろではルートとして存在しなった「やかましい」方の進藤シナリオの収録です。それもユーザーの熱い要望・・・というかユーザーの熱い気合の結晶から生まれた代物です。結局本篇では語られなかった彼女の名前「さつき」も半分ユーザーが決めたような感じがありますしユーザーに育てられたキャラとも言えますね。
んで、一通りプレイ完了(大体1時間ちょい)

うーん、いいよ、いいよ、やっぱ進藤萌えだよ。

「おとな」進藤も一途で良さげですが「やかま」進藤もうるさい中にみせる純な一面がいいです。
・・・が、しかしそれよりもさらに強力な伏兵がいらっしゃりました。

真・進藤むつきこと進藤姉!

落ちついた物腰で一見妹と正反対と思いきや妹も上回るマイペース発言&好奇心旺盛属性。あの姉にフラグを立ててぇ(ぉ
次は進藤むつき(姉)シナリオキボヌ〜。
    
あ、それともう一つ。
このDiscにはDC版で追加された「ν日和」シナリオの後日談の序章が載っています。今後続くらしいので・・・DCで出来なかった事はしっかりPCで補完ですか?(笑


2002/04/24 (水)

マンセーマンセー(謎

人権保護法案、審議開始
いよいよ始りました、通称「メディア規制3法案」の一つ、過剰取材等から被害者やその家族を保護することを名目に立法を目指す法案「人権保護法案」。
その目的自体はとても素敵な事だと思いますが、色々問題があります。
例えば、規制を行う基準が明確ではなくケースバイケースで裁定されると言う事。「その時その時で適切な判断を下す」と答弁していましたが早い話が「適切な判断」と言いながらいくらでも規制がかけられると言う事です。
また、それを審議する委員会が法務省であるという点。ただせさえ信用の無い役人連中にそんな事を任せるのは危険極まりないと言えるでしょう。もし審議委員会を立てるのなら法の番人であり多くのケースを手がけた事のある裁判所が行うべきと某番組のコメンテータ−がおっしゃていましたが正にその通りだと思います。
個人的にはそれすら危ういとは思いますが。
国会が呈示している法案は代議士に都合の良い法案に見えてもしょうがないと思います。

た・だ

反対反対と叫んでいるマスコミもなんだかなぁと思って見ています。
今回の法案はマスコミが他人の生活を脅かすような過剰な取材が生んだいわば「身から出た錆」です。
その辺りを考えたときマスコミはただ否定するだけではなく自分達でボーダーラインを引くなりの自主規制なども行わなければいけないと思います。
ですが「私達が被害者家族に取材攻勢をかけたおかげで事件が明るみになった」とかバカなことを高今日の電波で言っているうちはダメだろうな.
#別に礼節をもった取材でも分かるだろ。そんな事は


2002/04/23 (火)

今週は悪夢の最終週〜♪(ぉ

モバイルPC
ここ最近A5サイズ付近の「ミニノート」が増えてきました。
今でも富士通の「LOOX」、カシオの「FIVA」、ソニーの「C1」、東芝の「Liblette」とあります(後者二つはA5と言うよりB5ハーフだけど)がそれにVictorの「InterLink」、ソニーの「U」が加わりました。
ミニノート市場というのはデスクトップの代替となりうるA4や携帯ビジネスツールとして最適なB5と異なりあくまで携帯の利便性を追求したホビー色、マニア色の強いジャンルです。それでもこのジャンルが廃れないのはそれに魅力を感じる人が多いという事なのでしょうね。
私がA5ノートを購入した4年前と比べるといろんな所で技術の進歩を感じます。CPUやHDDなんかがその最たるものですけどやはりバッテリーの持続力向上が大きいですね。
あのころは2時間(しかもMAXで)が当たり前だったのに、今では4時間5時間が当たり前。いやぁ凄いですね。そんな訳で今日は追加された2機種を御紹介。
ソニーの「VAIO U」。同社の「C1」はカメラやキャプチャー機能等の小さいマルチメディアマシンという位置付けに対しこの「U」はたったままの使用を目的としたWindows版Palmを目指した代物。860gという軽さやB6に迫る超小型設計。既存のミニノートを圧倒するデザインは物欲を沸かせるには十分です。ただ、バッテリーが底辺奥に出っ張っているのでバッグに入れるときに意外とスペースを食うイメージがあるのが残念。
ビクターの「InterLink」。2月に欧州で発表されていた同機の日本発表版になります。そのときは日本価格にして24,5万円だったので「日本で出ても買わんな」とか思っていましたが日本版は21万だそうで・・・まだ高い(実は16万円Verもあり)。「U」とは対象的に実に堅実な作りでシンプルにまとめてありますがある意味ミニノートの王道を行っていると思います。特筆は「U」がクルーソーをCPUに使用しているのに対してモバイルPIIIを使用している点でしょう。クルーソーは低電圧低発熱ということでモバイル用CPUとしてうってつけなのですがIntelCPUをエミュレーションしているため比べたときどうしても動作に機敏さを欠けるという欠点があるためパワーユーザーから見ればPIIIのミニノートは大歓迎という所でしょう。ただビクターと言うブランドに不安感を隠せない方もいらっしゃるようで。
そんな物欲沸きまくる現ミニノート市場ですが、多分実際には買わないでしょうね。多分買ってもそんなに使わないのは確定でしょうし、「モバイル」として使用する分には即効起動や携帯性の高さでWindowsCEマシンが性にあっているようです。そんなわけでミニノートを脇目に早くJornada720の後継機の発表を待つ今日このごろです。あ、新機種の発表はあったんですけどね・・・マイナーチェンジなんすよ(汗


2002/04/22 (月)

気がつきゃもう4月も後半戦

FFXIでグダグダ語る
サービススタートから1ヶ月を切って、俄かに活気付いて来ました。
結局HDDをもっている身でありながらβテストに参加しなかった(出来なかった)ので今から結構楽しみにしています。
事実上コンシューマゲームでは最初の大規模ネットワークRPG(PSOは実は小規模なのです)と言うことで業界の方も興味津々のご様子。
今回のFF、ネットゲーと言うことでかなり敷居が高い。HDDがなくちゃだめだし、オンラインでのみゲームが出来るのでPSOの時みたいにネットに繋がっていなくてもとりあえず出来ると言うものではない。
でもソフト自体は店頭発売されるのでどんなにポスターで警告を促しても間違いなく間違って購入する人が出てくるんでしょうね。スクウェアもそのあたりのトラブルはもう折込済みでしょうけどね。
あと今回のFFはとにかく金がかかる。小中高ぐらいまでの学生はまずプレイ不可ですね。プレイ年齢高いほうがこちらとしては何かと楽ですけどね。でもどんなに大人年齢でも常識ない奴は常識無いわけで・・・ま、そのあたりは妥協しないとね(笑


2002/04/21 (日)

ノートPC逝く(その3)
システム障害っぽいんだけど不審な点が多すぎるので入院させる事に。5年無償保証がついているので一銭も払わないで済むのが素敵。
とりあえず応対した店員(チーフっぽい人)こんな感じあんな感じと障害を語っているとこんな一言

「バックアップから復旧させたデータは信用なりませんよ」

確かにWindows稼動時にそのデータをバックアップするんだからなんかあるかもしれませんが仮にも取引しているソフト屋のソフトの悪口をユーザーに言うか?
とちょっとムッときやした。あとまくし立てるような応対も。
もうちっと声のトーンを落としてしゃべれ。まぁ応対そのものは普通なので別に文句も言いませんでしたけどね。
PCの方はGWが挟まるので1ヶ月かかるそうだ・・・まぁ無くても構わないPCではあるのでいいか。完全に直って帰ってこいよ。Win2000インストできなかったら速攻送り返すからな(藁
#一度この店のミスで未修理で帰ってきたことがある。

鬼哭街
一見VisualNovelの様で実は選択肢が全く無い「効果音と絵がついている小説」である鬼哭街、無事読了です。
いや、とてもよかったです。
物語を始終漂う、悲壮感と緊張感がたまりません。ブレードランナーなニオイがプンプンしつつ中国独特の儀礼が独特な世界観をかもし出してます。
オチのあの「本人達は良いんだろうが見てるこっちはなんかスッキリしねぇぞ」的な所も良いです。
さて、今度こそヴェドゴニア・・・あ、サクラ大戦4終らせないと(^^;;


2002/04/20 (土)

コピープロテクトCD
音楽協会がユーザーの混乱を避けると言う目的で統一のマーキングを出してきました。
つまりは協会側も「プロテクト歓迎」と言う意思表示と取れます。
デジタル社会の昨今、こういった流れになるのは一理あります。
ただ、単純に自己利益を保持する前にきっちりとした理を成してからではないかと思います。
例えばAVEXが発売したコピーつきのCD。CDドライブによっては再生出来ない、PC再生用のデータが特殊で専用のソフトを入れないと使えない上にレートが低く音質に疑問が残る、更に事実上マックでは聴けない、プロテクトの副差用で音質に問題が生じる、返品に応じない、等の問題が指摘されています。
このCD単体に関してはAVEXと言う会社のスタンスなので構わないのですがそれを業界団体が認めるよう状態だと話は変わります。当然ユーザーからのクレームを無くすための指導を行う義務が発生してくると思います。ただ「これはコピープロテクトCD」ですと表記してあとは放置では困ります。
自分みたいにある程度わかっている人間ならいざ知らず殆ど大多数はそんなこと判らない訳ですから。多分説明入れても納得しない方が大多数でしょうね。
そのあたり、今後どう出てくるか。
AVEXはコピープロテクトの件にたいして「コピーによる業界の冷え込み」と言っていますが、業界の業績不振はもっとほかにあると思うんですけどね。例えば今回みたいな事を見切り発車でやろうとするユーザーを見ない「怠慢」とかね

ノートPC逝く(その2)
未だに直っておりません
WindowsMEのインストールまでは行くんですよね。ただその後2000へのアップグレードをかけるとドライバ認識でエラってしまい初めからやり直し。何が悪いのかさっぱりです。
しょうがないので元々積んでいたHDD(システムとかそのまま)に戻して状況を見てみようかと思い入れ替えてみた所・・・
う、うごかねぇ
これってもしかしてHDDどうとかじゃなくてBIOSとかその辺?(汗
明日から入院決定です。


2002/04/18 (木)

今日の白樺湖は涼しくてよさげでした

リアルエロゲー
参考資料>コチラ
いつかは出てくるだろうなぁとは思っていましたがでてまいりました、
エロゲー調教監禁ものを実際に行なうバカ
そっち方面のエロゲーにはとんと疎いのでどういったものがあるのか知りませんが(螺旋回廊の陵辱行為を自分でやるみたいなもんか?)影響される人はされてしまうんですね。精神構造が理解できないのでこれ以上本題に突っ込むのは止めましょう。
ところで、結構な人数の女性を連れこんで監禁していたようですがどうやって騙したのか不思議な所。
第1印象としてはかなりネガティブな典型的ヲタを想定させるのですがこういうことだと結構ナンパな奴だったのでしょうか。それとも拉致だったんでしょうか?不謹慎ながらちと興味深い所です。


2002/04/17 (水)

ノートPC逝く
今朝6時ごろ何気に起床し、ノートPC(OS:Win2K)をちょこっといじるといきなりNT系魔の宣告「ブルーバック」と共にOSがダウン、強制再起動になる。いやな予感を感じつつ再起動完了を待つと・・・悲しいかな予想通りまたもやブルーバックと共に再起動。前回正常起動もSafeModeもダメ。こう言うときの為のWin98とのデュアルブート。早速そちらを起動・・・こちらも起動せず。DOSプロンプトすら受け付けない。ガーン、こいつは完全にいってしまいましたか。
原因は・・・・・あぁ昨晩やったデフラグ・・・あれしか考えられない。最適化を実行して快適を狙っているのに逆にシステム破壊してどうするマイクロソフト。
嘆いていてもしょうがないのでタイムリミットの7時までに出来るとこまで復旧を掛ける事に。
まずはノートの中からHDDを引きずり出してサブPCに取りつけてドライブ認識、必要なデータをサブPC側に退避させた後データドライブとWin2Kが入っているドライブを開放。サブPCに以前バックアップしてあったWin98のシステムデータを残ったWin98のシステム領域に復元処理・・・と、ここでタイムオーバー。後は仕事から帰ってからの作業です





只今23時ちょい前です。
ウワーーーン、バックアップデータ使えねぇやんの・・・システム部分がオカシイ・・・はぁ、直接再インストールしますか(^^;;;


2002/04/16 (火)

今日は曇っている・・・良い日だ(^^

よく判らないCM
auの動画携帯のCMに
カフェテラスで男性が女性にプロポーズをしているシーンで女性が動画を見て笑っている
と言うのがありますよね。くるっと回ってBANG!!ってやる奴。見ていていつも思うのですが
その動画の何が面白いのか小1時間マジで問い詰めたい
あまりにも不可解なので見ていてストレスたまります。そもそもauのCMって見ていてむかつくのが多すぎです。CMの面ひとつとってみてもJ-Phoneに抜かれるのも当然かと。

GOF
去年の夏、同人サークル春風亭で発表されたFLASH動画「Glove on Fight」。手袋装着キャラが登場しアーバンチャンピオンルールで行われる格闘ゲーム・・・を想定したデモ風のこの動画はFLASHでこれだけの事が出来ると言う驚愕と同時にネタにしておくにはあまりにもおしいゲーム内容にゲーム化を望む声も出ました。
春風亭の方々は描モノ同人作家さんであり同人ソフトとはジャンルそのものが違うのでネタはネタで終わると誰もが思っていた事でしょう。その後、BGMにAVEXのユーロビートを使用していたことから当社より警告文を頂く等の問題もあり徐々にその声も聞こえなくなっていきました。
そして今春。何の前触れも無くGoFは格闘ゲームとしてその姿を現しました。
しかもQueen of Heart、Partys Breakerで有名な渡辺製作所から。
まさに寝耳に水。だってこのサークルって月姫の格闘ゲーム「メルティブラッド」を夏発売に向けて開発しているはずですから。並行してGOFを作る・・・恐るべし開発力と言うべきでしょうか。
我々は我々が最も望んでいたであろう「開発:渡辺製作所」が現実のものとなったことをただただ感謝するのみです。

そんな訳でゲーム画面コレッすコレ
発売開始日は5/12のCレヴォより。いつも通りだと当日に各種同人専門店でも発売されるので私は通販でゲット予定。
くぅぅーーーーーーー早く先輩使って第七聖典で撲殺してぇぇぇ!!!!


2002/04/15 (月)

Pocket DivX

前置き
一般にデジタル動画のデータを保存する為に使われている形式としてMPEG1(昔普及していた形式)、MPEG2(DVDビデオで使われている)、MPEG4(ネット配信用)、QuickTime(主にMAC)等があります。
そんな多種多様な動画規格の中、DivXと言う動画フォーマットがあり最近のネット上での配信はこの形式で行なわれる事が多くなっています。
もともとはMPEG4の亜流として登場(実際MPEG4のコードを書き換えてのものがある)。最初のうちこそ「いつ消えるか判らない規格で動画を作るのは危険」と言うことで敬遠がちでしたがMPEG4を上回る圧縮率と画像力に徐々に浸透していきました。
そんなDivXの動画をWinCEマシンで動かすためのソフトがこの Pocket DivXです。

最新ヴァージョン
去年の秋頃あたりからリリースされてはいたのですがはっきり言ってクソだったので一度インストールしたっきり使用していませんでした。
しかしこの最新ヴァージョン、先日リリースされたDivX5.0をサポートしたのを初め色々サポートされていると言うことで革めて導入しました。
実際あれから状況が少し変わったと言うのもありますが・・・

Pocket DivXを求める理由
なんつーか、デジタル化された動画が山のように未見だったりするのが最大の原因。
ヘルシングが残り4話、RAVEはかれこれ17話分、ギャラクシーエンジェルに至っては第一期がほぼ全話という状態で多分通常の状態ではもう見ることはあまり無いんじゃないかと言う状況です。
で、もしWinCE上で見れるようになれば昼休みにでもダラダラ見ることが出来ますし。

で、実際どーなのよ
正直、320x240 24fps 48Khz(Stereo) 120M付近 のPCで見るのが前提で作られたファイルではきついです。そこで色々試してみた結果
288x216 24fps 22Khz(Mono) 35M付近
に再圧縮するのが見る上でベストなパフォーマンスらしいです。結局描画能力とデータの転送データ量がPCに比べて圧倒的に劣っているのが原因ですね。
実際は256x192あたりが動きも機敏でいいのですがそうすると画面が小さすぎてしまうので止めました。とりあえず問題なく見れればいいので

実践
そんな訳で、MYジョルナナにRAVEを二話ほど突っ込んで昼休みに見てみました。
うーん、見れますねー
やっぱ激しい動きの時はぎこちないのですが十分見れます。やっぱ小さい画面なので目が多少疲れますけど。
・・・これでやっとたまっているものが消化できる(^^;;;


2002/04/14 (日)

めぐ姉主演作品だけど・・・天使な小生意気は切ってしまおう

鬼哭街
「ヴェドゴニア」「PHANTOM」等、ゲーム性よりシナリオを重視するニトロプラスから発売されたVisualNovel。
このゲーム・・・いやこれはゲームじゃないですね、選択肢が存在しないんだから。1時間ほどプレイしたのですがかなり面白い。設定その他は当然として、とにかく文章表現が上手い。状況表現から始まって物語世界や各種設定の説明なんかもうまいタイミングで出してくる。読んでいて全くストレスが感じられない。よくVisualNovel系の作品をプレイしていると読んでいるのがだるくなってスキップを繰り返してしまうことがありますがこれに関して言えばそんなことをする必要がありません。というか飛ばしたらもうサッパリ訳判らなくなるぐらい文章一つ一つの情報濃度が高いです。竹箒の奈須さん(月姫のライター)が絶賛するのも頷けます。
作品的にも結構短いらしいのでこのまま一気に読み終えてしまいましょうかねぇ


2002/04/13 (土)

休みの朝に限って烈しく早起き

ちょびッつ
なんかこう見ていて気恥ずかしさと言うより
倒錯世界を垣間見ている自分に鬱を感じずにはいられない(^^;
作りとかはスゲェよさげなんだけど・・・いや、だから余計なんだろうなぁ。
良くある「人間とアンドロイドの恋愛」と見れば良いんだろうけど・・・やっぱダメだ(^^;;;
でもなぁ・・・井上喜久子演じる管理人さんが・・・島本須美の後継者と勝手に思っている井上喜久子が管理人・・・ツボだ・・・そこだけツボだ(^^;;;

藍より青し
なんかこうキャスティングに作為的なものを感じずにはいられないのは私だけではないはず。
製作時期から見て、ただの偶然なんでしょうけど。
原作は途中からのナナメ読みなのであまり良くわかっていませんがとりあえず
半ハーレムモード
と言う認識だけはあります。
某サイトに「和製ラブひな」と称していましたが言い得て妙ですね。
一話を見る限りまったくストレスを感じない作りだったので今後がたのしみです。
あぁ・・・でもホント作為的だ(笑

ファイナルファンタジー(劇場公開版)
アニメ版FFこと「ファイナルファンタジー:アンリミテッド」を4クールから2クールに貶めた元凶がやっと借りれたので早速拝見。
早速結論:
そこそこのB級映画。200円で借りてきただけの価値はあったかな
少なくとも会社を傾かせるほどの予算を賭けて作るほど価値のある作品には仕上がってませんな。シナリオがパターンでいけません。
ゲームとしてこのシナリオを持ってくるのはいいと思うのですが純粋にムービーとして作るならFFXのを使ったほうが良いかな。世界観や衣装がアジアン系なので多分外人受けよかっただろうし。
それでもこれを作ったお陰でFFX,FFXIのあの鬼畜的画像クオリティが出せたのを考えると一概に全否定できなかったりもする。
そんな感じです。

りぜるまいん
以前、某女史から聞かされていた「しましょ♪しましょ♪」がOPの作品です。
ロリ娘が押しかけ女房して「お姫様だっこ」だの「初夜」だののたまうと言う話を聞いていたので「観まい」と思っていたのですが結局観てしまいました。第1話を観た限りでは
ギャグアニメと割り切った場合面白いかな?
と。ただこれを「萌えアニメ」と認識した場合、人として終わっているかと思いますのでご注意のほどを。とりあえず第二話も観てみる予定・・・(汗

トュームレイダー
全世界の「難ゲー愛好家」に支持されている3Dアクションの映画版。
主人公の「ララ」がガマの様なヤバゲなお顔をされているゲーム版とは違い劇場版はかなりの美人。それでいてゲーム版とソクーリと思わせてしまうのは配役の妙と言うところです。
今後ゲーム化するときは彼女をフルモデリングして出して欲しいものです。
ゲーム自体はやったことが無いので比較は出来ませんがアクション映画としては良く出来ていると思います。
上映中、計3箇所のアクションシーンがあるのですがどれも観ていて「つまらん」とか「訳判らん」とか言うのが無くて好印象。観客にやさしいカメラアングルだったと思います。
ただドラマパートの方はお約束かな。ま、アクションを楽しむ映画なんで平均点行っていれば構わないんですけどね。
そんなわけで結構楽しめました。


2002/04/12 (金)

たまには朝っぱらから戯言をしてみる

中1女子呼び出し5少年が性行為強要 母親が告訴
詳細はこちら

というか、コレは強要とか言うレベルじゃなくて完全に「レ○プ」なんじゃないかと。
こんな描写はよく青年漫画なんかに載っていますがそれを地でやるっつーのはどう言う頭しているんでしょうかね?
日曜の戯言でも同じコメントしましたが子供が子供なら親も親らしく「少女の方にも落ち度があったのでは」とコメントしてたそうで。

あんたは息子がどんな卑劣な犯罪を犯したかと言う自覚がないんかぃ!

と問い詰めたいところ。まぁこのあたりもよくマスコミが口にする言葉でもありますが。
こう言うのを見るとメディア規制法を成立したがる議員の気持ちも判らんでも無いです。
あ、ちなみに通称「ロリ法案」のメディア規制法(の内「青少年環境法案」)ですがあまりにも規制基準に無理があったため見送られました

週刊ゼノサーガ追記
昨日のザレゴトで「設定資料+コラム」と書きましたがアレはVol4だけの模様。他のは座談会だったりインタビューだったりします。間だ良くは読んでいないんですけどね。
それとゼノサーガの第2章ですが開発が始ったようです。ヨカッタヨカッタ。

「千と千尋の神隠し」海外上映権ディズニーへ
・・・なんかムカツク(笑
海外上映の成功を考えたら海外映画会社に権利を渡すと言う選択肢は間違っていないのですがよりによって

和製アニメを恥ずかしくも無くパクって「オリジナルデース」とのたまう会社ディズニー

じゃ無くたって良いじゃないですか。
夢以前に興業収入と(自分の所の)著作権利保護しか考えていないような会社ですよ。
今までの行動からして少なくとも上層部はそう思っているハズどぁ。
・・・・あぁやっぱなんかムカツク
#ディズニーファンで見られている方、御面なさいね。多少興奮気味っす


2002/04/11 (木)

週刊ゼノサーガ

ゲット〜!!!!!
これはゼノサーガの発売に合わせて毎週1冊を1ヶ月、合計4冊発刊されたもの。
500円という値段にも関わらず市販系のマウスパッドが付属してくると言う出血第サービスぶりな代物です。
私も欲しかったので遅ればせながら手にいれようと思い、出来れば脚を運びたくないゲーマーズやアニメイトに行くも既にSOLD OUT(注:この冊子は通常の本屋では扱っていませんでした)、諦めていたところに救いの手があり分けていただける事になった次第。
頂いた相手はひみちゅですがネットのどこかにやりとりはありますので探したいという奇特な方はどうぞ(笑
お目当ての4冊目だけのつもりでお願いしたのですが届いた郵便にはVol.2〜4が入っていてもうひたすら

感謝!!!!


です。このお礼は地元名産品どぇ!!!(いつもこんなパターン
#あ、メッコールいります?>私信

しかしこうなるとVol.1が欲しくなるところ。特にマウスパッドがKOSMOS& なのでなおさら(爆
よし頑張ってゲットしちゃうぞぉ(^^;

さて、中身ですが設定資料とゲスト作家さんのコラムと言う至極シンプルな構成。この時なぜマウスパッドが同梱出来たかを悟るのでした。
なにはともあれお目当てのVol4を開封。目的のコラムを拝見。

うぉ!KOSMOSの胸が控えめだ(マテ

他のコラムが「萌え」系に走っている中唯一「スペースオペラ」っぽい絵柄で攻めていて存在感をアピール。文章もそれ系で尚グーです。文章が萌えだったらそれはそれでアレですが。
・・・・ここまで書いておいて誰の事かはあえて書きません。そんな訳で中途半端に謎を残しつつしゅーりょー。


2002/04/10 (水)

いいお天気だ。あぁ・・こんな日は家でゴロゴロしたい(違

いちご100%
週刊少年ジャンプで連載中の学園ラブコメ。読者層の大半を小中学生が締めるWJでは恋愛ものは短命なのは歴史が証明しているのに性懲りも無く始めるのは無謀なだけなのかラブひなの成功を再現したいのか。前者ならばまた同じ歴史が繰り返されるだろうし、後者ならもうちょっと戦略を練りなおした方が良いかと、それ以前にこう言うのはWJじゃなくてUJかMJかYJ(あそこはエロになるがXD)の領分じゃないかなぁ・・・と、別にそんな批評をしたいわけではないのですよ。
そんなWJで連載されているこの漫画をひそかに楽しみにしていたりします。
#これが書きたかっただけ(^^;

同作者の前の作品「リリムキッス」は萌え絵でしたがなぜか見ていませんでした。きっとラブひなが有ったからでしょう。でも今は無い。そんなわけで私はきっと「萌え漫画」を求めてさまようゾンビなのかもしれません・・・って何かいてんだか訳判らなくなってきましたので止めます(マテ


2002/04/09 (火)

今日見たアニメについてひたすら意見するスレッド(違

東京アンダーグラウンド
第1話にくらべて画質がいいように見えるのは錯覚ですか?いきなり慣れたのかも
それは置いておいて、お約束パターンを踏襲しまくるのはいいんだけど、演出が古臭い上に状況をいちいちキャラに説明させるためイライラします。見りゃ分かるって〜。ダメです、もう切り捨てそう・・・面白くなるかもしれないけど・・・望みは薄いな。

十二国記
わけわからんっす。画も音も描写も良いけどわけわからん。「アベノ・・」とは違ってシナリオ命な作品なので6話ぐらい見て判断したいところ・・・つーことで保留

フルメタルパニック
ただ一言

「最悪」


作画は酷いわ、ネタはパトネタのレベルダウン版だわ、ギャグが使い古されたガンネタだわ・・・ジェットストリームアタックなんざ見飽きて拒否反応起きるってさ。
ま、次の予告見る限り元のクオリティにもどってますし・・・今回のは無かったと言う事で(^^:

あずまんが大王
あ、コレ良いわ。
原作は殆ど読んでいないので掛け値無しに純粋に見れます。まったりホエホエしてケラケラ笑えるアニメとしては合格かと。


2002/04/08 (月)

休みが1日だけだとなんか休んだ気がしない(贅沢

鉄拳4(その2)
(土曜日の続き)
現在使用中のキャラは「風間仁」。「1」の主役(?)「三島カズヤ」と「2」のヒロイン(?)「風間準」の息子です。彼自身は「3」が初登場で「2」のみの登場となってしまった風間準の一部コンパチキャラだったのですが「4」になり戦闘スタイルそのものが変わってしまいまい名前が一緒の別物です。もっとも準の技系統自体はカポエラ使いに継承されていますのでその辺りは765も抜かりがないかと。
仁の魅力は連撃と一撃のバランス、ですな。中距離よし、近距離良し、長距離はポール使いとしてはちと物足りないかな。あと脚まわりがちと少ないからそこが課題か。エリアル、追撃は豊富で角際で転ばせたら料理し放題です(フフフフ
まだまだ攻めのパターンバリエーションが少ない上に意識的なので頑張るッス。
#なんかいつにもまして独り言だな、ホント


2002/04/07 (日)

三菱の650MBスーパーアゾが25枚スピンドルで980円〜(謎

恐怖の体験記
(=゚ω゚)ノぃょぅ好きと言うサイトがあります。
このサイトは2ちゃんねるで繰り広げられる同人誌活動内におけるかなーり電波系方面のファンから受けた様々な人間模様の報告を読みやすいようにまとめてあります。
大体が本人とは赤の他人のファンがなにを思ったのか押しかけ迷惑をかけるというのが大半でえすが中には
「素敵だと思っていたお姉さんが実はかなーりの二重人格者だった」
とか
「レ○プされてしまった」
とかなんか人生の暗黒面的な報告もあったりなかったり。

そんな中で本日かなり興味深く読ませていただいたのが(4/7現在)左窓を下にググっと行くとある「合宿所ヲチスレ」にある「G県厨房」の項(18-858番ね)です。
発端は押しかけ系なのですが本人電波&親も電波で器物破損やら誘拐未遂やら暴行やら殺人未遂やらと物騒な事柄が出てきます。
大体1時間半ぐらいかけて読むほどの長レポートですが「真実は小説より奇なり」と言う言葉が当てはまるほどの奇怪な内容になっています。時間があったら一読のほどを。
いやしかしなんですなぁ。子供と言うのはやっぱり親の背中を見て育つもんなんだなぁ。


2002/04/06 (土)

今日は仕事だ!さぁ2ちゃんねるを見よう(マテ

鉄拳4
購入は先月の話ですが気合いれて始めたのはここ数日なので。
鉄拳シリーズは、ナムコの有名格闘ゲームでリッジレーサー、エースコンバットと並ぶ看板ソフトです。
またSEGAの3D格闘の老舗「ヴァーチャファイター」とはSEGAがハード屋をやっている頃は代理戦争をしていた程の人気も持っています。
話はそれますが私はヴァーチャより鉄拳が好きです。ヴァーチャが読み合いを軸とした「静」とすれば鉄拳は派手さと爽快性を前面だした「動」になります。私にはその「動」が性にあっていたようです。
4つのボタンそれぞれをキャラクターの手足に配置する事による直感的操作性、適当におしてもそれっぽい連携技が出来あがる底辺の広いゲーム難易度、それでいて上級者も納得させる個々のキャクラター性能、「一撃強打」「10連コンボ」「ガード不能」「追撃」「エリアル」「連続関節技」等の快感中枢を刺激する「攻め」のゲームスタイル、無駄に多いけど使えるキャラクター達、変なシナリオ、無駄に綺麗なEDムービー、痒いとこまで手が届く数々のプラクティス、良いところを挙げたらキリ無いです。
そんな鉄拳もタッグ版「TTT」を含めて第五弾。「1」が95年に出ている訳ですがつくづくポリゴン技術の躍進というのを感じます。
私は鉄拳シリーズでは「ポール」というKARATEを中心としたキャラを常用しています。腰を落とした中段の正拳を中心とした戦い方でなかなか性能の良いキャラで新作が出るたびにこいつを使って取りあえずクリアしています。
ですが今回はちょっと常用キャラの幅を広げるためにポールの使用を現在中止しています。
・・・ちょっと長くなってしまったので以下月曜日(ネタ延ばし)


2002/04/05 (金)

アーマードコア3をふと買いたくなる衝動

アベノ橋魔法☆商店街
このアニメを見る前の印象として
「ガイナだから最終回以外は安心」
とか
「マッドハウスだから作画は安心」
とか
「でもキッズステーションっつーのがリアルバウトハイスクールの前科を考えると怖い」
とか
「脚本があかほりさとるというからにはエッチなわけ?」
とか
「いい加減なれたけど林原のめぐ姉がOP&EDのみってどういうことさぁぁぁ!」
とか
「マンガ版は何故、マガジンZとアフタヌーンの2パターンで連載?」
とか烈しいまでの葛藤があったわけですが(それ葛藤言わない)無事取り逃がすことも無く見ることが出来たので感想。

わけわからねぇ〜

いえね、東京アンダーグラウンドみたいに作画ダメとかテンポわりーとか間が最悪とかそんなことは全然ないです。ただ、ひたすら大阪の下町情景で一話終っちまっている完全な「プロローグ状態」でした。まぁつまりは2話から本番ということですか。

雰囲気的にはエヴァやカレカノじゃなくてフリクリですかね。Nia7(パイオニアLDC)という感じでもあるか。ノスタルジーすら感じる平平凡凡な日常に非日常をぶち込んでいくタイプかと。
アニメを楽しむ最終手段としての萌えは主人公ふたりが小学生なんでレンジ外だし、ムネムネとかいう久川綾キャラもなんかいまいち。鶴田キャラではそれは無理と言うものか(笑
さて、どこで楽しめるか・・・は来週のお楽しみと言うことで。


2002/04/04 (木)

最近寝ても体力が回復しきらん・・・歳か(汗

泥沼化する永田町
あまりにも泥沼っつーか、馬鹿馬鹿しくてネタに使う気にもならなかったのですが、1年後「あぁこんな事もあったよなぁ」と見なおしたときに思えるように書いておきます。
だからと言ってグダグダ書くのもいやなので一発感想

自民党、あんたらもやってるんだから適度に引いとけ

社民党が可愛そうだとかは全く思わないのですが永田町では既に「常識」として行われていた事項を根掘り葉掘りやってもキリがないですからねぇ。そんな事より某コメンテータ−がおっしゃっていた通り「政策秘書制度のルールそのものを変えるべき」なんだと思います。それが今回の騒動のベターかと。だって私たちそんなスキャンダル追求の為に国会維持費払っている訳じゃないんですから。


2002/04/03 (水)

んまぁ上田は最高気温26.9度で全国第2位ですって

ふと萩原Xあかほりの「ガードレス」を思いだした
ただいま無職の漫画家赤松健氏がなにやらアニメのキャラデザ原案をやられるようで。
彼のHPにある4月1日分の日記に色々書いてあるので上から突っ込んでみましょう。
タイトルは「陸上防衛隊まおちゃん」、いきなりヤバゲな匂いのするタイトルですな。
ふむふむ、発売はスターチャイルドで監督はアニひなの岩崎さんか。んで脚本は・・・・!!!!

脚本:黒田洋介

・・・・・・・(しばし絶句)・・・・・・・

・・・・・そうか、そうか、ならばこのアニメ

萌エロアニメで確定!(断言)

リヴァイアス(特に小説版)、ぷにぷにポエミィ、スクライド(特に漫画版)、おねがい☆ティーチャー等の前科がありますから間違いないでしょう。
そうなるとどういった内容かが気になるところ

「いたいけな小学生たちが、可愛らしい宇宙人たちと、ゆるゆると戦う」

・・・・・

えっと小学生ですか?で、赤松で黒田ですか・・・

はじるすのしすぎ?(^^;

小学生体系になにかさせるのに飽き足らず小学生設定になにかしますか。ぷにぽえの様に。
とまぁ、湾曲邪推だけしておいて実際どうなるかを生暖かくみまもるとしましょう。両氏の作品は嫌いじゃないですし。


2002/04/02 (火)

テッサたんハァハァ・・・んなわけないってさ(謎

東京アンダーグラウンド
スクウェア(FF:U)にぶん捕られていた(笑)火曜6時半枠を奪回したエニックスが送るガンガン連載コミックです、多分。えー、ガンガン読んでいないので分かりません。
当然内容とか分かっておりませんので先入観まったくなしの状態で鑑賞いたしました。で、1話だけでの結論。

まずいだろ、コレわ

いやもう、明らかに作品としての構成、描写がダメダメです。なんか「作ってはいけないアニメ作品第1話の作例」でも見ているような寒さでした。少なくともアレをみて「よーし、来週もみちゃうぞぉ」とか言う人はいないでしょう。私の中では「作品たるもの半クールは見るのが礼儀」が(多分)ありますので取りあえず五月いっぱいはみるかな・・・この調子だと途中で挫折しそうですが(^^:


2002/04/01 (月)

ネット上は嘘で満ち溢れてますよ奥さん

みずいろ for DC
何故か持っています。うーん(汗
いつのまにやらすっかり泥沼のようで・・・まぁ同人誌を買う事は・・・やかま新藤ネタなら買うだろうな(汗
さて、DC版とPC版の違いですが
・エッチシーンがない
・追加イベントがある
・新キャラがいる
等、エロゲー→ギャルゲーへのリファイン要素は全て兼ね備えてあります。
だがしかし、DC版におけるPC版のアドバンテージはそこではありません。それは、
・既存キャラ日和に新ルートを追加
これに尽きます。みずいろと言うゲームの特異な点として「2部構成になっており第1部(過去編)の選択によって第2部のルートが確定する」ことと「(第1部で決定された)ルートによって第2部のキャラクター相関が大幅に変化する」が挙げられます(もっともこの二つはお互いの要素を成立するために不可欠ですから一緒のようなものですが)。
これは分岐のバラエティさを損なうデメリットがある反面、無理の無いシナリオを構築出来るVisualNovelの本質としてはかなりメリットになる面も持ち合わせています。
DC版で追加された「新ルート」はその利点を有意義に活用しておりそれだけの為にDC版を買っても良し(特に日和ファン)と言えるかもしれません。

以下反転衝動・・・と言いたいところですが最近多すぎるので完バレにならない程度で続行。

旧日和ルートは第一部のラストで日和が引越しをしてしまい、長い間音信不通のところから始りますがこのルートはそうではなく同じ学校に通っておりなぜか同じ家に住んでいて、さらに何故か主人公を「けんちゃん(デフォ時)」では無く「お兄ちゃん」と呼んでいます。既に期間的に半分以上過ぎているはずなのですが未だこの二つの謎が明らかになっていないです。同い年なんだから「お兄ちゃん」じゃなくて「けんちゃん」の方が私的には良いんですが(^^;
義妹の雪希はこの2人の中を全面的に応援していて微笑ましいです。シナリオがシナリオならライバル同志なだけに感慨深いものです。
前述通りこのルートは「同居」しておりまして・・・いやぁ現実にはまずありえない妄想の具現化です。朝からおさな馴染みに起こされ、手作りのお弁当を毎日作ってもらい・・・そんな奴が現実にいたら、神から与えられたかけがえの無い至宝として大切にしなければ
起こされイベントとして当然定番の「馬のり」「ちゅー」イベントも標準搭載です。特に「ちゅー」イベントは(今のところ)2種類ありほのぼの度120%で良い感じです。いやー必見必見。

現在のところいよいよ佳境らしく、このルートのキーパーソンであるやかま進藤が出てきました。さて、泥沼カシラカシラ?(笑


2002/03/31 (日)

いつの間にラーゼフォンの9話ぐぁ

KANON(TV版)
カノンを結局まともにプレイ(舞を途中まで)していな私にとってプレイした人々曰く「ゲーム内容をそのままトレース」というTVA版はまさに「救いの神」でした。んで感想。

よくやった!感動した!

当初かなり気になっていた無駄に広いアゴも今となってはなれたものでむしろ愛着すら沸いております。エロゲーギャルゲーのアニメ化はかなり高確率でクソですのでこの良作ぶりはうれしい限りでした。
以下反転衝動
友人に聞いた所、舞、栞、真琴EDを消化しつつあゆTrueルートだったそうで。名雪だけちょっとわりを食った感じですか。まぁ声優的に時代は「国府田マリ子(名雪)」より「堀江由衣(あゆ)」だったと言うことか(笑
しかしみずいろやったばかりなのであゆは生霊より死霊(ぉ)の方が良かった気もする・・・。いや、生霊ならそれはそれでいいんだけどさ。エピローグの帽子被ったあゆ可愛かったし。
しかしあれですね、生霊がなんでタックルしたり、タイヤキ喰ったり、おかゆ作ったり出来るんでしょうかねぇ。そのあたりの考察や如何に。
んで、そうなると名雪EDってのが気になるわけで早速カノンを再インストール&クリア直前データの挿入をして見ました(爆
うーーーーーん、あゆEDの方が「よかったね」度が高いな。やっぱ声優で決めたんじゃないんだ(ぉぃ
さて、折角直前データも手に入れたことだし他のキャラのEDも見てみよ。なぜかエロシーンからのセーブデータだしXD


あ、そうそう。カノンの大筋を理解したお陰でやっと鍵系同人ゲーム「EternalFighterZero」のパッケージデザインの意味が判ったよ(汗

ラーゼフォン第9話
なんか良い感じですねぇ。川澄綾子が出てくるアニメはことごとく萌え系と来ています。そしてその川澄綾子が演じるキャラはことごとく捨てられる方と来たもんだ。で、なにが言いたいかと言うと

姉妹で一人の男にハァハァなシチュエーションはイイ!

10話が三週間後と言うのが口惜しい限りです。
#ゆるすまじフジテレビ


2002/03/29 (金)

月末っす奥さん(謎

アクエリアンエイジ
ブロッコリーの商品展開用作品で第一印象、ギャルアニメだったためあまり期待はしていなかった作品

そこはかとなく面白かった

が、結果的な結論。
とにかく丁寧に描かれています。作品の主軸も響太と依子の恋愛関係に絞っていつつも他のキャラも比較的おざなりにしていない所が好感度アップ!
ただ、収拾のつけ方がちと突拍子も無いと言うか突然すぎた感はあるかな。13話と短いですしさらっと見るにはオススメですね。


2002/03/28 (木)

今日は金八さん最終回だよ(見れてないけど

おねがティーチャー
ギャル(エロ)ゲー風味を多分に盛り込んだ、むしろパロディと言っていいほどのレベル(11話の停滞オチを見て「ONEがいティーチャー」と風するほど)の萌えアニメもとりあえず最終回。

初志貫徹!最後までギャル(エロ)ゲーちっくであった

ネットでは落胆ムードですが、いったいこのアニメに何を期待して落胆していたのだろうか。みずほ先生と圭♂クン(^^;が最後くっついて小石川たんは捨てられるのはもうアニメが始まる前から最優先お約束事項だったのではないのか。黒田脚本なんだから女子キャラが○○女なのは決定事項だったのではないのか。みんな、見方を間違っている(言い過ぎ

そんなわけで私は「満足」とは言わないまでも「納得」でした、ハイ。
ちなみに「とりあえず」なのはDVDの最終巻で13話が追加されるからです。さて、どんなシナリオになるのやら。


2002/03/27 (水)

X
あまりにも無茶だった劇場版から早五年、全24話というそれでも20人近いキャラクタを描くには短い話数を得たTVA化もこれにて終劇。
1999年に終わっているはずの原作が未完ですのでラストエピソードは監督の川尻オリジナルになっていますがなかなかのCLAMP風味でした。元々CLAMPと川尻監督の作品傾向が近いからというのもあるんでしょうけどね。
以下反転衝動
勝敗の結果としては地の龍が制したわけですが「地球の命運」と言う実に関してはとりあえずは天の龍が制した形になりました。
「とりあえず」なのは封真の中に神威がいる間と言う条件付だからなのですが。
24話という制約の中ではやはり中途半端な決着や登場のキャラクターが多かったですね。庚丁姉妹の関係の決着なんかはその最たるもんで丁は庚との絡みもそこそこに自殺だったし、庚に至ってはどうなったか判らずに終わってますからね。そんな少ない時間の中での総集編は実際いらなかったと思います。あんなの入れている余裕あるなら他のキャラ書けみたいな(^^;
それでも物語自体が破綻せずあるレベルできっちり片付けた川尻監督は凄いなと思います。
「X」という作品は自分の中では同CLAMP作品の「東京BABYLON」の続編と言う位置付けが強いです。そんなわけで昴と星史郎の決着がある意味作品の要になってたりします。この2人の決着自体は原作でもすでに着いていたので良いのですがその後の昴の扱いがなんだかなぁって気はします。というか、お姉さん、実の弟を盾に使うようなこと言っちゃダメです(^^;;

ビデオ化の暁には追加シーンとかでるんでしょうか?気がかりな所です。


2002/03/26 (火)

FF:U
もともと4クール予定がスクウェア本体が劇場版で大コケしてそっちに予算を割いている場合じゃなくなり急遽本日最終回となりました。ところで劇場版、レンタルとしては結構評判が良いらしくリリースされて2ヶ月ほどたちますが未だにオールレンタル中だったりしてなんだかんだで「FFブランド」は強いです。
事実上打ちですのでかなりはしょった展開になるのは予想できましたがここまで豪快にはしょられると悲しいものがあります。台詞だけであかされる物語の謎、御都合的に殺されていく敵味方、収拾不可が明らかに見て取れる曖昧なED、曰く「第1部」で今後は多メディア展開のようですが正直1媒体での作品提供でないとキツイです。
FF:Uの個人的な魅力は「お前に対するソイルは決まった!」等々のおまぬな台詞群とほとんどクリーチャーな召喚獣でしょうか。爆乳娘や獣娘とかはどうでもいいです(笑
言ってしまえばそんな程度な訳で最近ではさっと観流すか観ないかのどっちかでした。そもそもアニメ化の話を聞いた時にFFVIIみたいなのを期待していましたし。

辻元清美騒動完結編(^^;
結果として辞任しましたが本人の決断と言うよりまわりからの説得(と言うか圧力)されてと言う感があり事実上は解任ですね。
辞任表明までの約1週間、サンデープロジェクトとNews23に出演し弁明していましたがすればするほど情けなく見えていたのは私だけではないと思います。
彼女は自分に降りかかった疑惑に対して自分が追求する側にたったらどうするかと言う「第3者視点」にたった分析をしなければならかったのにそれを怠った。そのために初めは同情的に見ていた人たちも呆れてしまうという状況を作り上げてしまった。
本人も「七転八倒」と言っていましたがまさにその通り。
確かに本人からすれば流用に関してもお仲間からの入れ知恵だろうし、それ以外はどっかの衆議員さまとは違って一生懸命やっていたのだろうから納得できないでしょうけど代議士はあくまで「公僕」であることを忘れてはいけないし、正当性がどうであれ法に抵触する行為を結果的に行なっている以上はそこを冷静に見て欲しかったなと思います。
なんにせよ、頑張ってください。


2002/03/25 (月)

昨日は疲れた・・・でも楽しかったかも(謎

あぁ辻元清美
結局事実として流用していたそうで・・・

おいらは悲しいよ。辻元清美

この際だから「コレをネタ」に他の連中もズルズルと(汗


2002/03/24 (日)

朝からカノン(^^;;;

山崎幹事長自爆
辻元議員の秘書政策秘書給与問題についてフジテレビ系の番組に山崎幹事長が出ておりましてコメント中

思わず自分達も秘書の給与をプールしてたと口を滑らしていました

バカです。激しくバカと言えるでしょう。
当然激しいツッコミを入れられてかなーり口篭もっていました。
いやぁ、自民党。他党のつぶしにかかったら自分の所の埃が出てきましたね。アホ


2002/03/23 (土)

CD-R10枚295円はあまりにも危険なニヲイ

みずいろ決戦(その3)
勢いで全クリしてみました。
順番としてはおとな進藤→ポンコツ→高機動ウィング→先輩→義妹てな感じでした。
もともとWindowsCEのエミュシステムを使ってはじめたこのゲームですが他に類を見ない「あまりにも平凡すぎる物語」が完クリの理由だったと思われます。
以下反転衝動
ラスクリアした義妹「雪希」の感想で。
OP観ると日和が真ヒロインぽいんですがこっちが真でした。他のキャラが14日前後でシナリオ終了なのに対して雪希だけ17日までありますし、なによりイベントのクオリティが別格(^^。
小さい頃からお兄ちゃんが大好きでいつしか兄から男性へと想いを変えていく少女。その少女の「妹」と「過去の裏切り」と言う負い目を感じつつ感情を抑えきれないシチュエーションがたまりませんな。妹属性無いけどいいものはいいのです。雪希が人気有るのも頷ける。
願わくば日和との「君望」バトルという展開もあればよかったような良く無いような感じ(^^;


2002/03/21 (木)

休みだワショーイ

久しぶりに芸能情報をTVで眺めているのですが
中山美穂と辻なんちゃらの密会ネタでコメンテーターが「張り付いて」「追跡して」と極当然の如く語っておりましたが、

こう言うのが日々常識として横行している芸能マスコミ業界はやっぱどうかと思うのだが

その様子を嬉々として語るコイツラ・・・やっぱ最悪かと。
#芸能系マスコミ嫌いここに極まる

今日のこれから
後30分ほどで「ロード・オブ・ザ・リング」を見に旅立ちます。
初めは観に行かなくてもいいかなぁと思っていたのですが何処かのテキストサイトに「ウィザードリーで忍者が大型モンスターの首をどうやって刎ねているかこれ見て判った」と書いてあり、それに激しい興味を覚えたために急遽行きます。
また、ネットでの話を参考に「日本語吹き替え版」で楽しみたいとおもう所存。
さて、本日は「サクラ大戦4」の発売日です。もしかしたらトチ狂って買ってくるかもしれません。ゲーム買う勢い度は自分的に今が旬なので。来週鉄拳4買うのでお金もそんなに無いのですが・・・どうなるかはこの後ろの日記で
#ライブ感覚に酔っている自分の図(冷静に考えてかなりハズイ)

ロード・オブ・ザ・リング
観てきました。話題の映画。ネットでのお薦め通り日本語吹き替え版で。

劇場館内が狭ぇゾゴルァ

前回観に行ったビバップもそうだったんですがここん所劇場の環境に縁がないです。やっぱ映画を観に行く以上は広くないと・・・
んで、個人的意見ですが

思ったほどは楽しくありませんでした

んー、映像も綺麗だし音もいいし、きっちり作り上げていると思うんですよね。ただ3部作中の第1部のせいなのか所詮40年前のシナリオだからなのか

淡々とお約束の話が続いていくだけ

と言う印象が拭えません。ま、全てのスタンダードRPGの原点なので「お約束」的に見えるのは致し方ないのですがね。逆に言えばスタンダードRPGに触れていない人には楽しめ・・・たんだろうか正統派ファンタジーなんて(^^;
亜人間系がフェアリーとかの綺麗どころばかりならともかくオークやドワーフやホビットじゃなぁ。
原作でも第一巻はだるいと言う話は聞いていたので第2部以降に期待。
ちなみに強く思ったのは
「FF(I,II,III,IX)を映像化したらこんな感じ?」
ところで、ネットで見かけた大型モンスターの首の切り方はどこへ・・・

サクラ大戦4
買ってまいりました。
一応1は購入、2は未プレイ、3は借り物ということでなんとか4をプレイする準備は出来ていると思います。え?えぇ「2」はプレイしていないので違和感のあるキャラが7人ほどいらっしゃいますがこの際ほっときましょう。
で、ここで1stインプレッションの一つも書きたいのですが39分しかプレイしていないのでとても書けません。
ただちょっと気になったこと。「3」では3枚組みだった気がするのですが今回は1枚のみ・・・短い?


2002/03/20 (水)

なんだかんだで今来週は最終回ラッシュ

ドラマは今週、アニメは来週
つーても、ドラマなんざ見てません。あ、そいや今日「漂流教室」も最終回だった気が。まぁいいや名前だけの漂流教室なんて。
それにしてもドラマを見て原作に興味を持ってみた人って・・・かなり悲惨?

辻元清美給与横領疑惑
先日の証人喚問で唯一鈴木宗男の本性を引き出した辻元清美議員(社民)ですが今度は自分がターゲットにされています。
おもしろいのが疑惑自体が彼女が一年生議員の時の話でえらくタイミングがいいのに政治的意図を感じずにはいられません
自民党は早速刑事告訴の準備に入っているようですが身内の宗男に対してもこれぐらい迅速に問題解決に動いてもらいたかったものです。しかし、1週刊誌の報道を特に裏を取りきらないうちにそう言う行動にでるなんて、ハタから見るとまるでリークしたのが自民党のように見えるんですが気のせいでしょうか?
別に辻元議員を擁護するつもりは無いのですがタイミングが良すぎるのと、その疑惑が右も左もわからない一年生議員の時と言うことでどうも懐疑的です。

鈴木宗男議員辞職勧告決議案は見送り
なんつーか、
尻尾の切り方が中途半端。やるなら徹底的にやれよ
と嫌味っぽくコメントしてみる。
自民党の見解として「議員の地位は重いもの」と言うことですが、現在鈴木宗男議員の議員としての地位は小選挙区ではなく比例代表による選出です。比例代表と言うとつまり「党支持」ですから、先日自民党を離脱した彼は代表たる資格がなくなってしまったわけですね。そんな彼が未だに議員をやっていて良いんでしょうかね?
ぶっちゃけたはなし「有権者の権利を蔑ろにしている」と言えます。そこんところ、鈴木宗男、ひいては自民党はどのように考えているのでしょうか。野党の一議員に躍起になるのもいいですがそういった自分の所の倫理観念を見直したほうが良いかと。


2002/03/19 (火)

ウルジャンは相変わらずバスタがない

ついでに言えば
アガルタもサムライガンもない。
注目の天上天下は亜夜たんが元気になったのでよさげ。まだまだ主人公様をゲットできる可能性あり?ゲットするときは大暮維人節で(笑
ところでいつも思うのだが

連載していない漫画家が表紙を飾るのは如何か

と。そう、

たると初回連載号時に七瀬葵キャラが表紙を飾って激しく勘違いした悪夢

が今でも脳裏に焼きついて離れません


2002/03/18 (月)

なんか決めた後に後悔してみるテスト(また謎

みずいろ決戦(その2)
家について夕飯を混ぜつつ水戸黄門を15分、TVタックルを15分見た後、暇だったのではじめてしまったみずいろをさっさと消化する意味も混めてプレイ開始。
ちなみにその日のニュースステーションは見ませんでした。「堕ちたプリンス亀井離党」を見てもあんま面白くないので。つーか、あれでプリンスはちょっと無いだろう(^^
まぁ帰郷中の弟がゼノサガをやっていてTV占拠されていたのもあるんですが。
そんなわけで昨日から継続中の幼馴染(その2)こと小野崎清香シナリオをサクサクプレイ。
ちなみに日和や進藤シナリオだとただのクラスメイトです。このあたりの、設定がシナリオごとに変化するのはとていもいいです。話に無理が無いし。
んで、転寝含めて3時間ほどでクリア。

感想:母娘の愛。うーん、イイ!

そうそう、このゲーム。シナリオクリアするとそのヒロインの「AfterStory」がおまけモードでプレイできるようになるのですがこれがまたイイ!だって(以下自粛)。これぞ正しい萌えゲーというか18禁ゲーの正しい姿?

プリンス亀井離党
秘書の不始末の責任を取ると言うのは永田町的には凄い事です。
なんせ自分の責任すらぼやかして逃げようとする人ばかりですから。
ワイドショーを見ても自民党の中ではかなりの常識人だったと言っていましたし。こう言う人があの悪夢の巣窟から抜けるのは危険かもしれませんね。

まぁ真偽の程は知りませんが

私的には一昨年の亀井の乱で見せた茶番劇をみてからかなり彼に対しては醒めている所があります。
行動自体には評価出来たんだけど、結局詰めが甘くて自沈。最後の三文芝居的な引止め劇は失笑ですらありました。
やはり政治家って奴は辛辣かつ狡猾でないと力は手に入らないのかなと彼の没落ぶりを見て思いました。まぁ政治家に限らない気もしますが>権力を得る


2002/03/17 (日)

本日見たものをひたすら書く日

仮面ライダー龍騎
すでに表面上の「石ノ森ライダー」としての名残は一切なくなってしまった今ライダー。
3人目ライダーの「蟹」に続き今回は「水牛」ライダーが出てまいりましたが・・・

それはまるっきりヴァーチャロンだろ

カトキデザインじゃないかと思うぐらいおもいっきりアレでした。持ち武器も自分の背丈以上あるバズーカとかだし・・・確かに前作もロボライダー「G3」って出てましたがあれが可愛く見えます。やりすぎです。サイコー!(笑
んで、そのヴァーチャロンライダーの職業が「悪徳弁護士」。
いきなり暴力団関係者におっかけられる(金を使い込んだので)欲望のままに動く男。サイコーだよあんた。

ギャラクシーエンジェル
え・・と、激しく「ながら見」で内容は覚えておりません。
記憶に有るのは確か・・・あぁ羽根が舞い降りるシーンですかね。
製作がマッドハウスだけにXのを流用ですか?とか思ってみてました。GAってショート・ショートな節があるので面白い話はめちゃくちゃ面白いんだけどつまらない回は激しくつまらないと言う恐ろしいまでの落差がありますね。クオリティ自体は高いので面白いつまらないは個体差があると思いますが。幸い私は面白いと思える回が結構ある方かな(3割ぐらい)。

サンデープロジェクト
10分ぐらいしか見てません(マテ
お約束通り今回は宗男ネタでいつも通り

「野中さん、反論あるようでしたら電話ください」

とまぁ絶対来ないのにカメラに向かって吼える田原総一郎の姿がありました。


2002/03/16 (土)

そろそろ決断せにゃいかん今日この頃(謎)

みずいろ決戦
ゼノサガが終ってとりあえず手持ちぶたさに成りまして。いやぁゲーム自体をやらない普段はそんなにプレイする気は起きないんですけど直後って妙に他のゲームに手を出したくなるものです。
んで、初めはワイルドアームズ3でも買ってやろうかと思ったのですがRPGを2連荘というのはきついのでヤメ。
よく考えたら(よく考えんでも)途中でほったらかしている「PCゲー」は山ほどあります。
そんなわけで以前ひとりだけクリアして放置してあった「みずいろ(C)ねこねこソフト」をプレイすることに。
#こんなことを書くと「ヴェドゴニアやれ」といってくる人が約一名いますが放置
本ゲームはいわゆるVisualNovel系なので「ゲーム」より「シナリオ」や「やりとり」を楽しむために攻略ページを片手(片ウィンドウ)にプレイ開始。
とりあえずは幼馴染設定の早坂日和狙いで行ってみましょうか。
このゲームの面白い所は「過去編」と「現在編」の2パートに分かれていてヒロイン決定は「過去編」でほぼ・・・いや、確実に決定してしまう所でしょうか。なぜかと言いますと過去編の選択によって主人公と各ヒロインの関係ががらっと変化してしまうからです。出て来る出て来ないは言うに及ばず下手すればその性格すら(笑)

バキバキ進んでクリア(大体3時間)

うーむ、ええ話。ちょっとしんみりっす。特に劇的な「運命」や「宿命」や「血」とかがなくてごくごく普通のお話。そんな普通なお話がなかなか泣かせてくれます。
さて・・・ちょくちょくやってコンプリ目指しましょうかね。


2002/03/15 (金)

宗男離党する

お客のところで会見をリアルタイム拝見
自民党の鈴木宗男が離党しましたが、その時の記者会見をみて取りあえず感情的に一言言って良いですか?

加害者が被害者ヅラすんな

よくまぁあそこまで自分は悪いことはしてないといけしゃぁしゃぁと言えるもんだねぇ。もしかしたら宗男ちゃん、本当に自分が悪い事していると言う自覚が無いのかもね。タチわりぃよ、ソレ。
(感情的文章終わり)

国民からすれば鈴木宗男が自民党を離党すること自体はさして重要なわけじゃないんですよね。その後に続くであろう議員辞職も含めてね。外務省や野党はやっきにはなっていますけど。
重要なことは彼の周りを徹底的に洗うことによって必ず現れる「他の膿」を根こそぎ出して一掃することなんですけどね。
このままだと本当にいつもの「蜥蜴の尻尾切り」で終わってしまいます。でも無理なんですよね、自浄能力が完全に欠如しているいまの国会では。
鈴木宗男が記者会見を開いた時、しきりに「反省すべき所は反省し・・・」と言っていましたが彼は自分がやってきたことを全く理解していないようなので言葉だけで終りそうですよね。なにせ彼にとって心有って迷惑をかけたと思っているのは「自分の周りの議員」と「自民党員」であって、その他の「国民」は心無い人たちと思っている節が会見からひしひしと伝わってきましたから。

外務省のバカっぷり
会見で外務省の内部文章なるものがザクザク出てきた件をしきりに非難しておりました。
真偽はともかくとして確かにここん所の外務省の内部文章なるものの露出は仕返しと言うかリンチに近いものがありハタから見ていてかなり醜いものではありました。
こんな文章が出てくること自体、鈴木宗男がいかに人望が無かった、むしろ疎まれ憎まれていたかがわかるのですがそれにしたって子供の浅知恵じゃないんだから4年だか5年前の殴った殴らないの話まで出してくることはないんじゃないかなぁと思います。
それに前も書きましたがこう言うどうでもいい情報の乱立が本質をぼやかしてしまうんですよね、ホント。


2002/03/14 (木)

ゼノサガ日記(第九回)
クリアしました・・・AM2時に(^^;平日なのに何をやっているんでしょうか私は。
特に「さぁラスボスだ!」と気合いを入れてプレイした訳でもなくなんとなくヘロヘロ進んでいたらボス戦になってサクサク叩いてEDへ・・・。感慨とか一切無し(笑)ま、最終兵器を駆使していたせいなんですが。それに付いては反転衝動で改めて触れましょう。
さて、ここで私はとある事に対する勘違いをお詫びしなければなりません。それは

リアルタイムムービーだとのたまわっていたソレは全部MPEG2動画でした。

なってこったい。てな感じです。何故そんな事ができたかは割愛しますがPCDVDプレイヤー「WinDVD2000」で見たので間違いありません。
そもそもメディア容量が片面二層の9.6GBあるという時点で認めなければいけなかったのですがジャギーまで見事に再現されてちゃリアルタイムムービと信じたくなりますって(実際信じてたし

以下反転衝動
最終決戦は全体に9999を与える反則エーテル「エルデカイザー」があったので楽勝でした。漢らしく無いとは思いますが、FF5の時、最強魔法「アルテマ」を全員に覚えさせラスボスへの攻撃が「全部アルテマ」というほぼリンチに近い行為もいとわないプレイ方法(当然FFXの時は怪獣大決戦)なので使えるものがあれば最大限に使います。とうぜんボス戦以外に経験値稼ぎの時も使っており、このエーテルを効率的に利用するために「スピードシューズ(行動が一番最初になりやすいくなる)」「エンジェルリング(エーテル発動に60EP使うのでこれを装着して消費EPを半分の30に抑える)」「バトラーリング(初めからターボを+1にしてルーレット調整して各種ポイントをがっぽり頂く)」を装備もしくはスキルセットしています。面白いように経験値がたまりますね(マテ
一通りゲームを終わらせて思った事を少々。Ep1と言う事で当然物語としては終わらないのは承知していましたがあんまりにも中途半端なところで終わっている気がします。ゼノサーガという物語は幾つかの時代の集合体として成り立っている訳ですから、やっぱ1エピソード1時代であって欲しかったなと思います。
Ep1=前篇、Ep2=後編のような形になってしまっているためEp1は謎をばらまくだけばらまいておわってます。幸いハーフミリオンは行きそうな出だし(初週30万本)なのでEp2は見れそうですがこのまま終わってしまったらゼノフリークとしては洒落にならないところです。Ep2は出来れば今夏には出して欲しい、1年も先になったらシナリオ忘れてしまいます(^^
あと、AGWSの存在がかなり希薄だったのも残念なところ。基本的にはAGWS無しで全ての戦闘は消化できるし下手すりゃAGWSの方が弱いなんて状態すらありましたからね。ギアスで登場したAGWSに相当するメカである「ギア」の存在はかなり重要なファクターをもっていてかなり良かっただけに残念です。Ep2では是非ともそのあたりのメリハリを効かせて欲しいもの。

とは言えこのゼノサーガ、再構築とは言えどゼノギアスの後継である事には変わりありませんでした。かなり面白かったと言うのが最終的な評価ですね。はやくEp2やりたいですよ。
それとやっぱゼノギアやっていると結構ニヤっとさせさせるシーンが多いのもいいです。久しぶりにパーフェクトブック読みたくなったよ。


2002/03/13 (水)

今日はいい天気だ。さて・・・はぁ仕事残っていて鬱

宗男証人喚問の視聴率について
やっぱNHKが圧勝(20%)だったようで。当然といえば当然ですけどね。
午後は「TVタックル(TV朝日)」と「ニュースステーション(TV朝日)」が良い視聴率をたたき出しています。
で、それについての「やじうまワイド(TV朝日)」のコメント

判りやすい朝日TV

なんだよ、自局マンセーかよ!ちがう!断じて違うぞTV朝日。
単に8〜11時間にニュース系情報番組が無いだけだ。
勘違いするなよ〜。


2002/03/12 (火)

上田IC←→妙高高原ICを3時間で往復・・・天気がトンネル抜けるたびに変わる(^^

はじめてのお医者さん
去年発売された体裁だけ年齢18歳以上、実質○学生とアレコレゲーム「はじめてのおるすばん」のシチュエーション替えです。
中身に関してはどうせ前と一緒だし、書く気も起きないので割愛です。
ヲタ系テキストサイトを見ていますと何箇所かで「はじいしゃ」の話が出てくるわけですが公式HPで公開されるサンプル画像が出てるたびに「萌え」やら「萎え」やら出てきたりするのですが。

アレって中身はなんかどうでも良くてネタで買うものなのでわ?

いや、本気で言っているわけじゃないとは思うんですけど。1ソフトとして本気で欲しいのとか思っていたら・・・いや、別にいいです人それぞれですし(^^;


2002/03/11 (月)

月曜の朝は鬱よのぉ

鈴木宗男証人喚問
大方の予想通り、のらりくらりと避わしていましたね。かなりしどろもどろでしたが。
辻本清美、ちーとやりすぎな感もありますが、あれぐらい無茶なしゃべりで攻め立てないとあの「恫喝の鬼」には勝てませんって。その成果もあって最後には本性丸出して吼えておりましたが(^^
自民党は尻尾切りをはじめたようで・・・いつもの事だなぁ。これで終らせるわけにはいかないよ?野党のみなさま。

赤松先生婚約発表
http://www.ailove.net/diaries/diary.cgi
まずはおめでとうございます。

この文章を読む限り「リアル成瀬川の召喚に成功」したようで、それが事実ならかなり羨ましいです。えぇ。
しかし人様の事で余計なことではありますが漫画すらろくに読んだことの無いお嬢様とバリバリのヲタ最前線野郎が夫婦になってこの価値観のギャップはどうやって埋めるのだろうと純粋に思います。これからが大変ですゾ(激しく余計なお世話
・・・コミケとかに連れてくるのだろうか・・・


2002/03/10 (日)

任意ラジオはヤバゲ(http://www.espr.net/triumphal/

ゼノサガ日記(第八回)
戦闘スタイルからしてあるんじゃないかとは思っていたんですけど

モモちゃん、エーテルで魔法少女に大変身(2種類)

しかもわざわざ変身ムービーまで入れるこだわり様。変わっちゃいねぇ・・・ゼノスタッフはギアスの頃から何も変わっちゃいねぇ・・・むしろ酷くなったか?
話によるとなんか勇者ロボも手に入るとかどーとか・・・は、早く乗りてぇ(笑
(以下反転衝動)
それにしてもガイナン、アルペドを演じている山寺さん。やはりこの人の演技はすげー!特にアルペドの半分以上逝っちゃっているセリフと笑い声がかなりナイス!もうクライマックスは彼の独壇場じゃないでしょうか。他のキャラがすすけて見えるぜ。
それに併せてのアルペドのモモへの精神干渉シーン。体に手を直接突っ込むんですけどかなーりヤラシイ。ロリコンか?アルペド。

明日の宗男証人喚問
なんか民主以外は10分しか時間無いのね。
やっぱ追求は一人当たり小1時間で問い詰めないと


2002/03/09 (土)

既にRAVEは1クール分見てない候(見る時間くれ)

PLEXTOR製CD-R/RW
うちで稼動しているWin系PCは3台ありますがそのうちの一台はデジタル動画鑑賞(TVをモニタとして使っているので)とCD-R焼き用に使っています。
最近その焼きに使っているCD-R/RWが調子が悪くなった・・・と言うより機能が貧弱でPCの機嫌に左右されてむかついて来たので、最新型を買ってまいりました。
いままではRで8倍、RWで4倍でした。
今回はRで40倍、RWで12倍になりました。エライ違いです。それに今では当り前になりましたが書き込み補助機能「BurnProof」搭載で無茶な書き込みもOKです。
私はRメディアに16倍速の三菱製を使っているのですが折角40倍速なので試しに焼いてみました。

結果:余裕で焼けた


恐るべしPLEXTOR!

ちなみに残された前機種は本体に吸収され、書き込み自由のUDF形式RWライターとして残りの生涯を過ごすことになります。リサイクルリサイクル。

AI
去年夏に公開されたスピルバーグ監督の作品。昨日からレンタル開始で無理かなと思っていたのですがレンタル可能本数が多かったのが幸いしたのかレンタルできました。
とりあえず、一言結論

作品的にどこか間違っている

やっぱスピルバーグだけあって、「人間に近く出来上がりすぎてしまったアンドロイドの悲劇」と言う重いテーマではありながらもそれだけに始終しないエンターテイメントの高さは感心します。しますけどラストのアレは「なんだかなぁ」とおもっちゃいます
(以下反転)
なんで2000年もいきなり時代を移すのか。いや、時代移行はいいや。デュアルだかペプシマンみたいな金属生命体しかいなくなると言うのもまぁいい。ただ、DNA操作で一日しか生きられないのに人間を復活させるという描写がどうも個人的には好きになれない。たしかに彼の夢「母に愛されたい」というのは叶ったかもしれないけどエゴイズムもはなはだしいと思う。そういう結論付けを持っていきたいのならもっと人間倫理に関するとこを違うアングルから深く描写していき彼らが生きている時代でやって欲しかったです。あれじゃあまるで「叶わぬ思い、夢は所詮夢」と言っているみたいで・・・ねぇ。スピルバーグの描く現代版ピノキオは「夢は夢のまま」で終らせてしまうと言うこと?確かに全てをハッピーエンドに終らせると言うのも気に喰わないがもうちっとあの「家族」を使った話にして欲しかったかな。ちょっと思っていたのと作品が違いすぎた感があります。
やっぱスピルバーグよりルーカスの方が肌に合うのかも。


2002/03/08 (金)

ルックス5%低下。シオン、洗浄をお願いします。

ゼノサガ日記(第7回)
お題はKOS-MOSの勝ち台詞の一つです。辛勝した時このセリフいわれるとちょっと腰砕け。
ゼノサガというゲームの妙技は「シナリオを重視しつつも戦闘しシステムにも力を惜しまない」点でしょうか。
ゼノサガの戦闘システムは○△□の各ボタンの押し順で攻撃方法が多彩に変化します。1行動当たり最大6ポイント(大体が1アクションにつき2ポイント消費)のポイント性になっており。戦闘開始時4ポイント、1ターンごとに4ポイント回復します。各キャラクターには6ポイント消費での必殺技がありこれを繰り出すために戦略を練りながら闘うことになります。また色々な場要素や耐性等が絡んできて戦闘はかなり複雑です。
そういった複雑要素の中で勝ちパターンを見つけていくのがかなり楽しいですね。
他にもステータス、スキル、特殊攻撃等の取得、強化を戦闘時に得るポイント(3種類)を振って行なうのですがこれまたベストな配分を見つけるのが大変。でも楽しい。
とにもかくにも「ダラダラ戦闘」では速攻全滅するようなシステムになっています。
そういえばFFXも戦略性の高い戦闘システムを採用していましたね。ゼノサガは「裏FFX」の道を歩むのか。それとも今後のシナリオタイプRPGのスタンダードになるのか。個人的には後者かな、やっぱゲームだし、そういった部分も楽しみたいですからね。

宗男と永田町
来週の月曜日に宗男ちゃんの数々の疑惑に冠しての証人関門が行われる訳ですがそれを前に色々と情報が交錯していますね。
パブロイド誌で扱われている女性問題に冠してはあまりにも馬鹿馬鹿しいし、それどころか今回問われている根本的な問題をぼやけさせてしまうしまう要因にもなりかねません。個人的意見としてはそう言うのは人様に迷惑をかけない限り(例えば公金を流用して貢ぐとか)は好きにやって良いんじゃないかと思っています。
さて、今回の問題は鈴木宗男という永田町住人の生態を色濃く現した議員を表ざたにした国会議員全体の体質にあります。
1月にあった田中真紀子更迭の「中身の無い決着」も体質の一つですが今回はそれよりも根深い問題「利権構造」。
「議員」「内閣」「省庁」の三つの関係が有り、議員は省庁に対して何がしかの要望があった場合、内閣に対して申しだてをし内閣は検討し必要ならば省庁に対して依頼するのが本来正常なシステムです。議員が省庁に対して直接要望をだすのは少なからず個人が省庁に影響力をもつことになりますからね。しかし現在の日本の政治と言うのは「議員」→「省庁」という形が少なからず存在します。今回の鈴木宗男のODAに始まる干渉がその最たるものになるのですが、これが彼一人のことではなく多くの議員が行なっていると言う事です。もちろん個人がそういった影響力を持てばその影響力を利用しようとして企業や団体が接触してきます。当然そこには金銭が絡んでくるわけでそこで「利権」が発生するわけです。
そういった「古の呪い」みたいなものをこの期に徹底に洗いだしてほしいんですけど・・・なんかむりっぺぇ。
永田町の住人の中にはこういった「利権」を「当然」のものとしている人が多いらしく、彼の今回の糾弾に対し「可愛そうだ」と言う声もあるそうで・・・そりゃ「明日は我が身」ですからね。


2002/03/07 (木)

晴れたり曇ったり雨が降ったり雪降ったりまた晴れたり・・・変な天気

おねティ第9話
いけねぇ!苺の謎が明かされた途端こんなにも萌えるとわ!
・・・うそです。例え苺が6年も停滞していて実年齢21歳でレンジ内に入って来たとしてもちっちゃい娘属性とか無いのでそんなことはぁありません。今回、苺のいろんな表情がコロコロでて来て面白かったですけどね。
それにしてもますます「君が望む永遠」化が激しいですね。時代は泥沼ですか?
圭の勘違い暴走が残り4話にどう影響してくるか・・・楽しみでもあり哀しくもあり。ま、シナリオにはへんな期待はしてないからいいんですけど(汗


2002/03/06 (水)

嫌な天気だねぇ

ゼノサガ日記(第六回)
昨日の日記も結局シナリオの感想に触れていないという状態ですが良いとしましょう(自己完結)。あ、そうそう某社(後で調べときます)で「週刊ゼノサーガ」というのが全四冊で刊行されている(この時点ではまだ1冊目かな)のですが4冊目に内のHPと相互リンク貼って貰っている漫画家の「琴義弓介」さんがコラムを書かれると言う事で今から楽しみにしています。で、氏のBBSでその件を振ってみたらゼノサガが初体験だそうで。そのうちゼノギアもプレイしてもらいたいものです。
んでは久しぶりにシナリオ感想と言う事で反転衝動
惑星まるまるなんちゃらとか超質量物体のワープジャンプとか大型戦闘艦の船尖をコロニーに突っ込んでドッキングさせるとか豪快な描写がたんまり出てきて燃えますね。
逆に言えばこれだけのスケールのスペースオペラですからこのぐらい過剰な描写があってちょうど良いのかも。
それにしてもゼノスタッフは相変わらずヲタが多いです。ゼノギアの時もそうとうヲタネタまくっていましたが、今回もその遊び心は忘れていません。
まさがゼノサガでGGGのパチモンが見れるとは思いませんでしたもの。もっとやれぇぇ!!

あ、またシナリオの感想書いてない(^^;


2002/03/05 (火)

ぐは、フルメタ撮り忘れ(悔しいので半分意地で補完しましたXD)

ラーゼフォン
何気に不評くさいのですが私は好きです。
今のところシナリオそのものには全然興味ないです。
だって、エヴァ系列の「謎もの」なんだからいまからちりばめられた謎について「わけわかんねぇ」とのたまわっていたってしゃあないじゃないですか。そんなものは15話以降に徐々に明らかになっていくのが世の常なんですから放置です。
それよりも今は人間関係の描写と如何に丁寧に作品を作っているかに注目です。
そこを注目すればラーゼフォンは良く出来ております。丁寧ですよホント。見ていてストレスないし、人物描写しっかりしてるし。
と言うことで私はラーゼフォンを応援いたします。頑張っておくれ〜。
#視聴率低いけどな(^^;

ゼノサガ日記(第五回)
昨日の日記は全然ゼノサガじゃなかったですね。ホントはあのままゼノサガに繋げるつもりだったんですけど。
そんな訳で本日はゼノサガで。平日はプレイしていないので日曜までのプレイ感想になっていますがどうでもいいですね、そんなことわ。
先日「リアルタイムによるムービー」と書きましたが必要に応じて当然MPEG2を使っています。
使い方は普通に動画を流したり、背景としてつかったりですが、シームレス(場面場面の切り替えの間にシーク画面がはいらない)の為、よほど気にして見ていない限り気が付かないと思います。あと、MPEG2動画に人物描写が(今の所一箇所を除いて)無いのもムービー全体を見たときの違和感がなくて好印象。PS2の性能がたかくなったとはいえ、まだワークステーションで何時間もかけてフルレタリングされたものとはかなりの差がありますからね。FFXのようなハイクオリティなキャラクターと言うのもそれはそれで否定しませんし状況によっては必要だと思いますがやっぱ違和感無い方が良いかな。


2002/03/04 (月)

ロード・オブ・リングって一般人が見て楽しめるのか?

いやだって・・
3部作ものだし古典ファンタジーだし。
少なくとも普通の女子大生とかがいって楽しめるようなもんじゃない気がするのだが・・・あ、なんでそんな事を思ったかと言うとラジオで「今度友達と観に行きたい」と帰郷中の女子大生が言っていたからです。
しかしいいのぉ、もう休みかぃ。

ゼノサガ日記(第四回)
ゼノギアスがFF7の派生ではなくFF6から生まれた次回作の構想の派生であると言う「FF7と並列した派生」で有るのが「裏FF7」の本当の由来だそうで。そういえばそうだったなぁ、すっかり忘れていたよ。だからと言ってこの間戯言で書いたことも嘘ではないですよ。あ、ちなみにゼノギアのキャッチコピーは

「聖剣伝説が出ない理由」

と言うことでゼノギアにうつつを抜かしていた旧聖剣スタッフの図が見事にキャッチにされています。でもゼノギアが出た後も聖剣は出てませんけどねぇ。


2002/03/03 (日)

プレクスターのコンボドライブが欲しいのココロ

ゼノサガ日記(第三回)
ゼノサガには「モモ」と言うロリ担当の娘さんキャラがいます。
こんな娘さんです
彼女はアンドロイドのプロトタイプなので当然量産型が沢山居りまして、とある戦艦には彼女の妹(量産型)さんがわんさといらっしゃったりします。
でまぁ、その量産タイプなんですが髪が青いんですね。で、モモは髪がピンク。ついでにモモは試作機と言うことで一機な訳ですよ。そんなわけで当然

モモってばシャア専用?ついでにスピードは三倍仕様?

とか思ったりします。実際量産型に比べてだいぶ兵装が違うみたいですし。
あ、そうそう。実はモモをパクったモデルもありましてそのカラーリングは灰色系。シン=マツナガ機も居るみたいです。あとは黒の特殊武装体が3機居ればバッチリ。

赤松先生が・・・
声優の堀江由衣と結婚したと言うネタが本日流れました。えぇネタです。
結局の所半日後には先生のWEBサイトの日記で公式に否定されておりヤキモキした堀江ファンも一安心。
個人的にはそれが事実で2chを筆頭とした各ヲタサイトで祭勃発と「鬱だ死のう・・・」連中続発を目の当たりにしたかったのでちょっと残念です。
そう言えば結婚自体は否定しておらず今月10日あたりにその事について発表があるそうです・・・ってそんな言い回しすでに報告しているようなものでわ。


2002/03/02 (土)

今日のヒッキー日記

週末になるとゴロゴロしてしまうのは
おっさんに近づいた証拠なのだろうか・・・ちょっと鬱

ギフト(洋画)
一年前に夫を事故で失った女性、ケイト。彼女は断片的な『未来視』と『過去視』が出来る能力をもちそれを使った占いと、わずかばかりの保険のお金で3人の息子と共に暮らしていた。多くの街の住人が彼女を訪れ一種の「お悩み相談員」となっていた彼女のまわりは夫婦関係、親子関係等、些細では有るが色んな事件に巻き込まれながら生活をしている。ある日、彼女の息子の教師のフィアンセが行方不明になる。彼女は彼女が「居る」場所を夢と幻覚で見、彼女が既にとある敷地内の池に殺され静められていることが発覚する。その場所が女友達の夫婦問題で離婚を勧めたばかりに幾度都内嫌がらせを受けた夫の所有する土地だったことから事件に巻き込まれていく・・・というストーリー。
サイコスリラーのイメージでレンタルしてきたものの実際は彼女を中心に描かれる「人間ドラマ」でした。
人の脆弱さを色んな形で表現しており中々見るに値する作品に収まっていました。特に長い間相談に乗っていた幼い頃父親に性的虐待を受けそれがトラウマになっていた男がケイトが殺人事件に巻き込まれあまり親身に相談にのれなかったことがきっかけで暴走し最後にはそのトラウマの父親を焼死させてしまうシーンで「人は人をそう簡単には救えるものではない」という言葉を革めて思い出したりしました。
殺人事件ものとしてはありきたりなオチなのでそういったのを期待してみるとつまらないかもしれません。

ラブひな Again 景太郎(OVA第2巻)
TVA版の続編で基本的には原作「可奈子編」を全三巻の中にギューギューに詰め込んだものとなります。で、今回はその中盤編。
一巻でも見事なまでのクオリティ&はしょり方して大絶賛でしたが今回もかなりうまく纏め上げています。流石に30分の圧縮進行なので「急いでいる感」は拭えません。それでもTVAのあの「なにがしたいんだかさっぱり」に比べたら天と地の差ほどで違和感は些細なものといえるでしょう。どーせなら全六巻ぐらいでやればもっと余裕があるヨサゲな作品になったのにな、残念。
ただ、「無駄に露出が多い」のが癇に触るかなぁ・・と。それがラブひな色でもあるんですが圧縮しているんだからお色気比もそれにあわせて配分するべきだったのでは・・・と。なんか話中ずーっと誰がしかの下着、バスタオル姿、裸だったような印象です。
さて、今月末の3巻でラストですが「大人のキス(C)葛城ミサト」は出るのでしょうか。R指定にならないようお祈りしています(笑

ゼノサーガ日記(第2回)
10時間ちょいプレイした感想となります。ちなみに結構あっちこっち行き来したりのマッタリプレイですのでシナリオの進行度はすこし遅めかと思います。
以下、ネタバレ反転衝動

イベントとしてはジギーとモモがシオンののる船に回収されその時に一緒に入ってしまった敵メカを掃討した所までクリア。
ジギーは脳みそだけ残して残りは全て機械のサイボーグ、モモは索敵型アンドロイド(人造人間)のプロトタイプという設定。ジギーがごっついおっさんで自殺願望あるのに対して、モモは外見が幼児だけど結構しっかり者の前向きと言うことで名作「フランケンシュタイン」的な組み合わせです。当然話が進んでくればジギーの自殺願望が薄れていくのは用意に想像出来るのですが、それまでの過程を道踏んでくるか結構楽しみです。現にこの2人の会話は仲の良い親子みたいでみていて微笑ましいです。ジギーはかなーり強面だけど。
前述の収容劇がワープホールで行なわれるのですがその時のドッグファイトが中々熱い。シオンが載ることになった宇宙船の操舵士「トニー」のCVを置鮎龍太郎氏が担当しています。トニーはかなりのスピード狂でそのシーンでも「燃える!燃えるぜ!」とかなり熱くなっていましたが、そんな彼の演技を聴いて思わずイニDを連想してしまいました。
#置鮎氏は高橋兄弟の兄貴のCVもやっています。まぁ彼は冷静な役どころなんでDを連想するにはちっと無理がありますが
あとシオンと一緒に副主任のアレン君。主任であるシオンの事がすきなんですが中々言い出せない。しかも話が進むに連れへたれっぷりが加速していき「いいとこなしのへたれキャラ」化しています。私としては話の中で一回でもいいから「男」を見せてもらいたいものです。応援しているぜアレン君


2002/03/01 (金)

ゼノサーガ日記

つーことで週末ですよ、奥さん!
と言うことでゼノサーガプレイ開始です。
プラットホームを変えた新生ゼノの姿をしかと見させていただきます。

まずは結論から
ちなみに5時間プレイした所でのものです。

ゼノギアスDisk2超豪華バージョン

昨日の戯言に書いてありました「驚愕の二枚目」ですがプレイ時間短縮のため必要事項以外は全て『語り』で終らせてしまうと言う反則技を使っています。語りを聞く限り普通にやっていたら5,60時間はゆうに費やされるのは間違いないことを考えると懸命な選択といえば選択なのですが。その代わりCDの容量はエピローグのムービーに全てつぎ込んでいるので無駄なく消化しています(笑
さてゼノサーガの方ですが流石に語りではありません。代わりに美麗ポリゴンキャラによるリアルタイムムービー(FF10やMGS2でもつかわれている従来のムービーと見まがうアレです)が必要事項以外永遠と続きます。すでにRPG(役割を演じるゲーム)の(本来の意味での)ゲーム性は皆無です。そのあたりはFFが7で既にぶっ壊していますから議論にはなりませんが。
問題は面白いかどうか。

面白い

シナリオ型RPGの系譜である以上は映像、音楽、演出、ストーリーがキチンと作られていれば過剰なまでの鑑賞状態すら許せると言うことを革めて思い知らされました。
ゼノサーガに求めるものはFFと同じ「映像とシナリオとゲーム性を等分轄で楽しむ」ものであり「ドラクエと同じRPGとしてのゲーム性のみを求める」方は買わないほうが良いでしょうね。
こういった「ゲーム重視」と「シナリオ重視」の二極分割化されている現在「RPGとしてどーのこーの」を議論するのはナンセンスですから。

ヲタ的雑感
主人公のシオン(女性)は決戦兵器「KOS-MOS」の開発主任でその開発関係で軍事用宇宙戦艦に乗り込んでいるのですが、そこで

何気にガンダム0083のニナ=パープルトン?

とか思ったのは私だけでしょうか?ついでに言うとどっかのイベントでブリッジあたりからKOS-MOSが苦戦しているのを見て

あーん、私のKOS-MOSがぁぁ

とか出ると脊髄反射で想像してしまったのも私だけでしょうか?

あと、謎の巨大生物群VS宇宙戦艦の構図があるのですが、

まるで「トップをねらえ!」だなこれわ

と、ガイナックス的発言をしてしまったのも私だけですね。
どっかで見たようなシチュエーション、今後も期待したいものです。


a-Nikki 1.04
Last Update:2003/09/28 13:51:33