徒然日記LOG

2004 年 04 月 の日記
● 2004年04月30日 (Fri) : 天上天下(5)

作画は普通に良かったんだが、シチュ的には燃えのはずなんだ
が・・・今ひとつな感じ。
アクションに関しては1,2話なみの欲しいなと思う次第。それで今回ぐらいのクオリティなら俺的には満足です。
やっぱ何か飛び出ているだけより平均的レベルを持続してくれたほうが良いので。
来週はいよいよディオさま登場でどう盛り上がるか。戦闘シーンまみれになるしねぇ。
● 2004年04月29日 (Thu) : モンスターハンター素敵ショット

お題:レウスたんの尻尾空中浮揚

本体から離れ悟りを開いた尻尾がおちゃくら全開になったところを激写しました・・・本当は尻尾切ったら外に出ただけ。
剥ぎ取る獲物がひとつマイナスにT_T
でも面白かったので許す。
● 2004年04月28日 (Wed) : 未納の人々
いつの間にか8人ぐらいに増えている年金未納議員。
こんな方々が年金改革とかのたまわって値上げを推進しているんだからチャンチャラおかしいですなぁ。
つか、いいからお前ら全員の年金未納支払いリストだせ。
あと思うんですが過去の既に支払ってある未納分についてはあんまり言及しないくても良いんじゃないかなぁと思っています。議員様の言い訳を肯定するわけじゃないけどシステム判りにくすぎるし。どうせ払わなければいけないものなら強制的に徴収するぐらいのほうが我々は楽なのですよ。
● 2004年04月27日 (Tue) : R3自己洗脳儀式(その2)
昨日の続き

携帯性
これは言うまでもなくU101の方が上です。大きさとかの差も当然あるのですが持ってモバイルすると言う概念「モバイルグリップ」はモバイルWindowsマシンだと思います。ただ、昨日も言ったように「立ってモバイル」はPDAに取って代わった為不必要になったための洗脳作業・・・という訳です。ちなみに持ち加減はRxシリーズもちょうど良い感じだなと会社のR1を触りながら思いました。

キータッチ
そりゃもうR3です。U101のキーボードはおまけですから(笑)。ブラインドタッチ出来るんですが長時間タッチは死にます。RxはR1使った感じでは中時間は大丈夫な印象。

液晶
微透過TFT → TFT
透過型って外でもみれると言う強力な利点があり実際R3に変わったときの不安点ではありますね。ただ炎天下でどのくらいR3を使うかと言うと・・・
明るさそのものはR1を見る限りどっちもどっちな感じで。

ポイントデバイス
スティック → パッド
松下と言えば個人的には玉なのですがもうそれも望めないようでして、残念無念。でもまぁパッドの方もなかなか秀逸な出来でして結構好きです。パッドの外周をぐるぐるなぞるとIEなんかスクロールしますし。

もうちょっとだぞ、俺。
● 2004年04月26日 (Mon) : R3自己洗脳儀式(その1)
そんな訳で自己洗脳してVAIO U101からCF-R3に乗り換えようというコーナー。なんでそんな事までして買おうと思うのか自分にもわかりません(笑)

冗談はさておき、ここ一年で常時使っている「見るための」端末はiPAQのPDAになってしまいU101のような「超小型Windows」である必要がなくなっている現状があります。そうなると持ち歩ける「使う」端末がほしくなると言う事でして・・・実際問題U101が早々に半お蔵入り化している現実があるためいっそうのこと・・・と言うのが実な所です。
そんな訳でそれを踏まえた上でU101とR3のスペック比較を少々。左がU101、右がR3です。

大きさ:
B6ファイル→B5ジャスト
職場にR2があるので見比べるとやはりU101の小ささは際立ちます。ただ、Rxシリーズでも許容できるなとはU101を使っていての感想。

CPU:
Pentium Celeron 600Mhz → PentiumM 1.1Ghz
両方ともBaniasテクノロジーですがU101はキャッシュが半分と言う事で事実上倍以上のスペック差があります。

HDD:
30GB(1.8インチ) → 40GB(2.5インチ)
容量的には10GBと微妙な差ですが1.8インチと2.5インチではスピードに差があります。

メモリー:
256MB → 256MB
同じPC2100のマイクロDIMMです。でも256MBだと厳しいのはよくわかったので買い換えるならばあと256MB増やします。

バッテリー:
13.5時間 → 9時間
大容量バッテリーと標準バッテリーとの比較です。実際の駆動時間はこの6割と言うのが実感です。そうすると8時間 → 5.4時間と言う事でしてそんなに気になる差ではないかな。5時間使えれば現実一日持ちますし。

無線LAN
11b → 11g
室内でゴロゴロ動画をみるときに11bじゃ無理があると言う事を悟っているのでやはりgは憧れですな。

以下、不定期に書き込み予定。
ちなみに一応ソフマップですでに一台押さえてあったり無かったりw
Name:たぶ U101を嫁に下さいvvv ・・・2004/04/27(Tue) 12:54
Name:管理人 これから地図屋に値踏み出しですのでダメです(笑)。で、ふと考えたらポイントとかつかったのでU101って13万ぐらいで買ったんだよなぁ。10〜13万円ならかなりウマー ・・・2004/04/29(Thu) 07:22
● 2004年04月25日 (Sun) : 君望ファンディスク
なにか今更というかアニメ効果を踏まえた上なのかというかそんなもの開発している時間あるならオルナネイティブさっさと出せと言うかそんな感じですが6月に出るそうです。
売りは第一章のifと言うことで遙が事故にあわなかったら?と言う君望全面否定に近いファンディスクならではのシナリオです。水月攻略も出来ると言う事でそれが楽しみな要素と言えば要素かな・・・と。
買うかどうかは判りません。
● 2004年04月24日 (Sat) : 家の物置を漁っていると
雑誌が大量に入ったダンボールが出てきたんですが



昔のファミ通出てきた

1989年って15年前ですか。あのころからファミ通ってあったんですねぇ。当時は普通に「ファミコン通信」だったけど。ドラクエIVの攻略真っ盛りで中を見るとFFIIとかPCE版ワンダーモモとかノスタルジーな記事がいっぱいでした。
で、当時のランキングを見てみると



ファミコンジャンプ!
当時夢のゲームでありながらそれだけで結局はただのクソゲーだった代物です。当時のバンダイならまぁしょうがないと言うべきでしょうか。今作ったならスパロボみたいによさげになるかも知れませんなぁ。

他にアニメージュとかMSXマガジンとか・・・なんかもったいなぁと思いつつ全部捨てないといけないなぁ。所詮ゴミだし。
● 2004年04月23日 (Fri) : アクセスアナライズ
こちらに移行してきて早2ヶ月経過しました。
一ヶ月前間はYahoo、前WEBサイトリンク、ブックマークがほぼ横並びでたどり元になっていましたが現在前WEBサイトからのリンクが大幅減少中。
理由はgoogleでの「バスタード」のキーワード検索結果のトップが今まで前WEBサイトになっていたのが急下降している為。
代わりに現サイトが検索結果の上位に上がってきたのでジリジリとですがアクセスも増えています。
この分だと来月にはよく見える位置まで持っていけそうでそろそろ旧WEBサイトを閉鎖しても問題なさそう。
時に妙に最近増えているアクセス数。それに答えてなんかネタを提供したほうがいいのかなぁと思いつつ、何にも無いので本が出たときがんばりましょう。
● 2004年04月22日 (Thu) : CF-R3リリース
URL:http://panasonic.jp/pc/products/r3d/index.html
なんつーか、先代のR2を買わずU101を購入した理由のひとつである「(最大)5時間しかもたないバッテリー」が9時間になり購入物欲を沸き立たせるわけでして。11g対応や完全USB2.0化などあんまり使わないけどほすぃと思わせてしまう高い完成度ですな。
これでTFTが透過型もしくは屋外でもそこそこ見れる視認度でU101(デカパ込)を10万ぐらいで誰かに売りつけられたら買うんだろうなぁ、うん。
● 2004年04月21日 (Wed) : S.I.C 匠魂 Vol.3
往年の特撮ヒーローを独自解釈と深い造詣で見るものを圧倒するS.I.Cシリーズの1コイン版第三弾。
前回は一発目でハカイダー(色つき)をゲットして弟に「俺の欲しかったものがこんな身近に」と言わしめましたがさて今回は・・



いきなりシークレットキカイダーゲトズサ━━━━⊂(゜Д゜⊂⌒`つ≡≡≡━━━━!!

はじめは色ついてないんで「なんだブロンズか・・・」と思っていたのですがそれにしては配色が妙。しらべてみたらシークレットでした。ブラックモデルなんだそうです。
でもおいらとしてはノーマルの方がいいなぁ。
● 2004年04月20日 (Tue) : VirtualPC2004
よくお客さんところへ行って98マシン→XPマシンへのスペックアップの話をしていると出てくるのが現行のソフトウェアがそのままXPで使えるかと言う問題。
ほとんどが無理だったりするわけでして、本体が10万そこそこで手に入るのはいいのですが肝心のソフト代がこれまた高くついてなかなか難しい問題ではあります。
で、VirtualPCとかのエミュレーターを導入するとだいぶ互換性に幅が広がるなぁ・・・と思ったのですがなんだかんだで完全互換が難しいわけで・・・変に薦めるのはやめようw
● 2004年04月19日 (Mon) : イラクでの拘束問題
例の3人は実家に帰って静養中とのことで、話では緊張の糸が切れたのか色々大変そうです。
それにしても世の中は異常なまでに冷たくてなんであそこまでバッシングする必要があるのだろうか、甘く見すぎていたための結果からの非難は当然だと思っていますがあれじゃ犯罪者ですね。
#って俺もそうか(^^;
彼らが非難されるべきは前述の状況を甘く見てしまった結果、多くの人に迷惑をかけてしまった事。確かに彼らの仕事は社会貢献に属しているのですがならなにやっても良いのか?と言う事です。ジャーナリストにしてもNGO活動をするにしてもこういう事が起こる可能性は常に危惧しつつそのリスクを回避するための努力を行わなければならないし、何か起こった時迷惑を掛けない様にしておく必要があるんじゃないかと。これはとても冷たい考えですが今回みたいに拉致られた所で家族が超え高々に助力を求めないようにあらかじめ伝えておくなりする必要がある。日本と言う「保護下」から離れる以上それに対する備えと覚悟は必要かと。これは遭難したら救助費用を支払う支払うとはまったく違った登山の心構えと同じじゃないかなぁ。
づらづらと書いていますが要するに今回の件はかれらとその周りの「覚悟と認識」の甘さを非難されるべきであって、金がどうこうと言うのは違う。
だから他に拉致られた二人のジャーナリストの帰国したさいの両親の会話は心情的には判らないでもないけれどちゃんちゃらおかしく見えました。
これ書いていて思ったのですが自己責任って周りの理解と覚悟も必要なんじゃないか?って思います・・・ってそれ自己責任?
ちなみに相変わらず政府とマスコミのお門違いの言いたい放題には見ていて頭痛いなと付け加えてみる。
Name:ミスト 自己責任はたしか法律用語です。ここにも書いてますね(http://kotonoha.main.jp/2004/04/19self-responsibility.html)。「自己責任を果たせ」って言っちゃたら今回の場合は下手したら「きっちりそのまま仕事はしてから帰ってきなさい」と言ってるようにも取れる訳で。確信犯と同じで誤用されてる訳ですね。生還したけど日本で結局社会的に殺されたってことniha ・・・2004/04/22(Thu) 05:41
Name:ミスト 失敗。社会的に殺されたっていう結末にはせずにしっかり教訓にしてもらいところですね。 ・・・2004/04/22(Thu) 05:47
Name:管理人 自己責任のなんたるかをあらためて考える必要ありかもしれませんな ・・・2004/04/24(Sat) 08:20
● 2004年04月18日 (Sun) : モンスターハンター
FF11ほどじゃないけど毎日やってます。ネトゲは一日三時間!みたいな感じで。
モンハンにはハンターランキングと呼ばれるクエストクリアとそのときにもらえるポイントの累積によって与えられる称号があります。ランキングがあがっても戦闘力に変化があるわけじゃありません。ただ、採取できる素材が大きく変化していくのでランキングをあげていく事によってよりよいアイテムをゲットする事が出来るので重要です。
現在のハンターランキングは13。やっと真ん中ぐらいなのですが取れる素材が劇的に変わるターニングポイントで現在停滞していた装具のチェンジに向けて日々採取の日々。
早く龍属性の剣をげっちゅしたいぜぃ!
Name:Mig ハンターランク3、ランポス。先は長いです・・・・ ・・・2004/04/23(Fri) 22:40
Name:管理人 HR14でオフは大方クリアっす。そろそろまったりペースかな。 ・・・2004/04/24(Sat) 08:21
● 2004年04月17日 (Sat) : 日本人拘束問題その直後
これも感情論かもしれませんが。

人間ぱにくっている時の言動についていつまでとやかく言うのは他人の振り見て我が身を直せ的な所なのであんまり言うのもどうかと傍目に思いつつ、実際埒られた3人のコメント「イラク人は悪くない。自衛隊が悪い」だの「今後もイラクで活動する」だの・・・エゴイズムここに極まると言う印象が拭えないのですがどうでしょう。実際問題日本国内でどれだけ騒ぎになっているかを知ればその考えも変る可能性は十分にあるもののそのあまりにも(悪い意味での)インパクトありすぎのコメントには唖然とします。
何が悪いんでなにが良いと言う事ではない。そこにいることで迷惑している人たちが多数いると言う現実を理解しないまま現場にいるこの人たちが理解できません。いいから帰って来て欲しい。そして帰ってきて自分の周りを見つめなして欲しい。それを理解して上で行くのならもう誰も止めはしないでしょう。勝手にしてくれと言うだけです。
Name:蘇我 救出に尽力してくださったイラクの聖職者の方々も胃が痛いでしょうな(;´Д`) ・・・2004/04/18(Sun) 00:21
Name:管理人 彼らには彼らの見てきた感じてきたものからの価値観と言うものがあってそれは理解すべき所なのかもしれないのだけど、やっぱ起こるべきして起こった現実を受け止めて、これから容易に予想できる起こりうる未来を考えてほしいものです。マジで ・・・2004/04/18(Sun) 10:50
Name:太郎 彼らが税金を払ってるのならば、国が助けるのは当然のことかと。法律上では ・・・2004/04/19(Mon) 23:54
Name:ミスト ところで一応は3人は「3人にとっての仕事」で行ってた訳ですが(1人はこれから仕事にするために)、例えば、戦地取材をするのに命をかけて危険を冒してでも写真をとってくるのはジャーナリズムとしては当然で、彼らの発言自体は結構普通だったりしますが。彼らはまだ自分の仕事を果たしてない訳で。ま、状況判断や日本はどうなってるのか確認するため、今後のことを考えるために一度帰国する必要はありますし、迷惑になった人達への謝罪は必要でしょう。個人的には今まさに今後のNGOの活動方針とか日本にとってのジャーナリズムとかが岐路にあって、また日本が戦地ではないとしてイラクに自衛隊を送った手前、強く渡航禁止に出来ないなど、かなり根が深い問題にもかかわらず、何で皆(特に叩き方面)は一様に時事ネタとしてしか扱わないのか疑問です。もっと言及しないといけないことが多いと思うんですが、やっぱりそんなことには関心がないってのが今の日本の世論ってことなのかな。 ・・・2004/04/21(Wed) 00:04
Name:ミスト 書き間違いました。時事ネタとしてしか扱わないのか>時事ネタとしてしか扱わないの「が」 ・・・2004/04/21(Wed) 01:26
Name:管理人 私もそうだったりしますが、結局のところ日本の日本人から見た「感想」のみが表ざたに出ているからじゃないかと思います。で、NGOやらジャーナリズムの何たるかというのは一般の日本人は理解できていない。ただ判るのは「勝手に行って巻き込まれたのにまだ『そこでまた活動したい』と言っている」。そういう事なんじゃ無いんでしょうか。月並みですが。後、確かに助けるのは義務以前に人道的見地から当然なのですが今回の費用をまかなっているのが我々税金を支払っている側でして・・・と言うのが世論の風潮ですね。私の考えはそのあたりは結構微妙です。 ・・・2004/04/21(Wed) 06:43
● 2004年04月17日 (Sat) : ここんところのアクセス状況
最近、一日当たりのカウント500HITオーバーが当然の日々が続いておりまして、やはり発売二週間前となった23巻を前にフィーバーしてきたと言うことでしょうか。それとも唐突に始めてみたキャラランキングが功を奏して・・・いや、それはないな。
公式サイトにあるBBSによるとSINさん曰く原稿はアップした模様なので30日には拝めるようです。あとはあのフィギュアが絵にも掛けない恐ろしさでないことを祈るばかりで。
さて、先月もちょこっとネタにしましたが忍者と言うアナライザーを使用して訪問者の訪問傾向を見ていまして私が特に興味があるのが「何処のサイトから飛んできたのか」。
先月は「ブックマーク、Yahoo、前サイト」の3つが殆どでしたが今月もほぼ変わりなくという感じです。
前サイトへのリンクがgoogleでは検索順位が下がってきた為若干比率を落としているのですがまだまだ強いようで。
個人的には今月ぐらいには現サイトが上に来て欲しかったのですが残念ながら1ページ目にはあるもののまだまだ後ろのほうにいるのが現状です。ある意味さっさと前サイトのプロバイダーと手を切ったほうが手っ取り早い気がしてきたので今月で解約することとしましょう。
#書きながら決定(笑
さてさてこのカウンター特需はいつまで続くかな?このさいずっと続いて欲しい・・。
● 2004年04月16日 (Fri) : この醜くも美しい世界(3)
ま、内容としては特に書くこともなく寧ろぼ〜っとみてたら意識がふっとんでいたぐらい内容のないのか小難しかっただけでした。

ただ見ていて改めて思ったのは

まほろさん2Pカラーだよね、やっぱり
と言う事でして。次回に期待。
● 2004年04月15日 (Thu) : イラクで拘束の3人解放
まずは無事で良かったです。自業自得の謗りは免れないまでも他人の為に行っていた訳ですから死んで当然と言うわけでもないでしょう。殺されてしまっても周りは誰を責める訳にはいきませんけれども。
今回の事件で被害者家族に対して色々嫌がらせがあったみたいで日本人と言うか人間の暗部というのが露骨に出ていたと思います。
誰もがこの事件で被害者の彼らに同情している訳ではないだろうしむしろ非難の気持ちの方が強い人が多いのかもしれません。家族のコメントが自分勝手っぽいものが多々あって鼻につく事もあったと思います
#私は会見そのものを見てないのでその辺りの感想は出来ない
ただ、思ってもそれを嫌がらせと言う形で精神的リンチをかけていいものでもないしやった時点で自分が思っている「自分勝手な家族」よりもさらに程度の低い自分勝手な人間になっている訳でして。
どちらにしても自制心の利かない愚か者で、むしろそっちの方に怒りを覚えた私です。
● 2004年04月15日 (Thu) : 横山光輝氏死去
タバコの不始末による火事→火傷だそうです。氏の作品では三国志が一番好きでしたね。
#最強はOVA版のジャイアントロボなんだけど氏とはあまり関係ないところだし
昭和の偉大な漫画家がまた一人去っていってしまいました。ご冥福をお祈りします。
● 2004年04月14日 (Wed) : エヴァンゲリオン(9)
売っていたものはしょうがないと言うことで捕獲して見ました。



綾波ロボ付エヴァ9巻
フルアクションタイプと言うことでよくまぁ動きます。踵ギミックのおかげで自立が予想以上に安易に出来ますし。
ただ綾波の顔の造型がちょっとな感じではありますね。
しゃれで狩ってみた(のと通常版の方が発売が遅いので)だけなのでしばらくしたらまたお蔵入りの予定。やっぱ造形物はS.I.Cシリーズに限る。
#そういやそろそろ第3弾。
Name:ふらうど いらなくなったら頂戴…と思ったけど、私も店頭で見かけて捕獲してしまった(笑) ・・・2004/04/17(Sat) 23:57
Name:管理人 お手軽価格でこのギミックですからねぇ。ちなみに現在変な格好で飾ってあります。 ・・・2004/04/18(Sun) 10:48
● 2004年04月13日 (Tue) : 勇午(7)
2ndエゴシエーションスタート。
1stエゴシエーションに比べると作画が原作からはなれていてちょっと不安でしたが内容的にはやっぱり勇午でして1stエゴなみに楽しく見れそうな予感。
なにより1stでは女性陣がいまいちだったのに対して2ndは女性キャラばっかで良し!
来週はエロそうです(笑
● 2004年04月12日 (Mon) : モンスターハンター
ここ最近日記の更新が適当な時がありますがそれはモンスターハンターを未だに燃え燃えでプレイしているからであります。
どのくらい燃え燃えやっているかと言うと

プレイ総時間112時間



廃プレイジャンΣ(゜Д゜)


と言ってもハンターランキングは10(最大20)ですし、装備もレイア&レウス(中級クラス)だし、あえて言えば強力武具にエンシエントソード(攻撃力最大級)を持っているぐらいです。
何が面白いかと言うとやっぱオンラインプレイで見知らぬ方と竜族をブチ殺す快感につきますな。1クエスト40分以内というのも手堅くやろうと思えば出来ると言うのも良いです。
まだ1,2か月はプレイする模様。
● 2004年04月11日 (Sun) : イラクにて民間人拘束、そして開放
なにはなくとも無事でよかったです。
拘束されていた今井紀明さんはつかまる一週間前に地元新聞でインタビューを受けていた記事を見ていたのでホント良かったと思います。
さて、良かったは良いんですが今回の事件の背景にはやはり日本のイラクに対するスタンスとこっちとあっちの取られ方の違いが改めて認識されたように思えます。イラクのイスラム教徒が全て同じ心情ではないのはでしょうけど、やはりあちらの国の人にすれば日本はあくまでアメリカの方針に賛成している国であり、武力行使はせずとも米軍の物資を運搬している時点で武力行使しているのと同義なんでしょうから。
で、今日の感想は「日本政府ゴルァ」じゃなくて(そんなのはやる前から判っていることなので)、そんなやばいところに行く人たちは取材であろうとボランティアであろうといつ死んでしまっても文句は言えない心持が必要なんだろうなぁと言うこと。そして今回のような要求があった時に安易に要求に応じろデモなんて起こすなと言うこと。そんな行動起こすのを黙認する前に止めろ、と言うことですね。
どっちにしろ(当然私も含めて)日本人って考えが甘いんですが。

追記
と思ったら未だ解放された報が出ていない。心配だねぇ。
Name:たぶ テロで流れは変えられない。でも、流れを止める事はできる。@ヤン ・・・2004/04/12(Mon) 19:01
Name:たぶ なんとなく思い出してしまった(私の考えはもっと過激だけどねw ・・・2004/04/12(Mon) 19:01
Name:管理人 銀英伝の言葉はいつも真実をついているよねぇ。 ・・・2004/04/13(Tue) 06:50
● 2004年04月10日 (Sat) : 鋼の錬金術師(27)
エルリック兄弟の師匠登場です。
やっぱししょーと言えば「馬鹿弟子が!」でおなじみの東方不敗が最強だと思うのですが、

師としての厳しさと母親のような愛をもつこのししょーナイス!!
やはり素敵師匠はわずか一話でその存在感をビシビシと主張してきますね。話自体の方はまだこれから動くって感じで特に無し。


この冒頭のシーンを見たとき、不埒な事を実施していた男女に珍入者乱入でパニック中に見えました。えぇ見えましたとも。
● 2004年04月09日 (Fri) : 東京〜
出張で東京へ。今年に入って会社の金だけでしか東京に行っていません。しかも毎月w。
で、いつも東京に出るときには友達に遊ぼうと声をかけていますが平日に遊ぶなどと言う人はいないわけでして勝率5割です。
とりあえず来月も会社の金で東京です。土曜日なので誰かあそぼー。
● 2004年04月08日 (Thu) : この醜くも美しい世界(2)
題材違うだけで中身はスタッフからキャストまでほぼ同じと言うガイナ謹製アニメです。
第一話の( ゜Д゜)ポカーンな展開にめげず今回も見ました。
うむ、今回は中身もあるし青春しているし中々よろしい。
ただ、初対面の露出狂外人姉ちゃんに自分の心中を唐突にダラダラしゃべりだすのは違和感バリバリです。強引過ぎませんかと。
最近こういった作品に体性がなくなりだしてきたなと思うのでありました。
#ダメと言うか無反応になってきた。
Name:ぼたん 2話は内容あったねぇ。まほろかいっwと思ったが、しばらく見るつもり。 ・・・2004/04/11(Sun) 22:50
Name:管理人 私も一応見続けますよ。なんだかんだでBS-iものは見ているし(笑 ・・・2004/04/13(Tue) 06:51
● 2004年04月07日 (Wed) : 小泉首相の靖国参拝は違憲 福岡地裁
全国で六箇所ぐらい同じような内容の裁判があってそのうちのひとつなんだそうです。
正直、韓国や中国の反応の過激さ加減が目に付いている以外は個人的には興味のない話題ではあったのですが、判決理由の所にあった「公用車で参拝し又、署名に総理大臣と書いてある以上明らかに私人」の所がまったくもって正論だったのでネタにして見ました。
たしか首相は「私個人(私人)として」を連発しているのですが国の代表の肩書きで参拝しあまつさえ国民の金を使っていては明らかに公人と言えますね。
だから私はこう思います「あくまで私人と言うのなら別に参拝しても構わないとは思う、ただし自分が休日でなおかつ全て自費で参拝しろ」
でもさぁそれ以前に国の長たるものプライベートなんて無いと思うんだがそこんところはどーよ。
● 2004年04月06日 (Tue) : まぶらほ(終)


最後まで萌えとかだけの作品でした。

物語としては当に破綻していたのに何で見ていたんだろうなぁ・・・やっぱWOWOWに金払っているせいだろうか(笑)
さらにハーレム化が進行しているのは原作のせいなのか監督のお約束展開なのか。劇場版&2をやりたいなぁと仰っているみたいですが2度とやらんで良いですたい。あ、エロアニメならいいかもしれん(爆
● 2004年04月05日 (Mon) : 恋愛頭脳
URL:http://www.hanihoh.com/love/
と言うのをやって見た。なんでもこのアンケート(と言うか診断)を受けた人のデータを蓄積して判定するのだそうで、なんか凄そうです。

結果


0%・・・ガ━━ΣΣ(゜Д゜;)━━ン!!

あぁ・・・私は恋愛しちゃいけなんですか・・・とか思って一番下を見ると年代別判定もありました。早速クリック。


※上から18歳未満、18〜30歳、30歳以上の女性から見た支持

( ゜Д゜)ポカーン

男性からと言うのもありましたが概ね同じです。
世代別で見ると全世代支持されてるっぽいんですが総合で見ると否定されるとは一体・・・
年代別に論外とかあればまだ納得いくんですけどね・・・これじゃぁデータ蓄積しても意味ないよな。出直してこーい(笑
Name:鋼鉄狂 はーい、おいらもやってみました。おいらも総合結果は同じく「崩壊」支持率、スタイルは同様で印象が「頼り甲斐があると思われています。どこか計算高い、ずるい印象を持たれています。敷居が高くてアプローチしづらそうなイメージがあります。真剣には好きにはなってもらえなさそう、と思われがちです。冗談が通じなさそうなイメージがあります。」だそうです。・・・世代別に続け!(爆) ・・・2004/04/06(Tue) 21:58
Name:鋼鉄狂 18歳未満の女性「聖人」(14段階中2番目)18歳以上30歳未満の女性「達人」(14段階中3番目)30歳以上の女性「達人」(14段階中3番目)でしたよ。んー、なんだかなぁ(笑) ・・・2004/04/06(Tue) 22:03
Name:鋼鉄狂 あ、しかも総合の評価は全て「論外」なんだったのになぁ(爆) ・・・2004/04/06(Tue) 22:31
Name:管理人 18歳未満に対して聖人、そしてそれ以上には達人・・・ポ(*゜ー゜)。しかし2番目で聖人なら1番は神ですかね?(笑 ・・・2004/04/07(Wed) 06:41
● 2004年04月04日 (Sun) : アクメツ(6)
先月発売されていたのですがすっかり購入を忘れていた(と言うか発売日を知らなかった)為、本日購入。相変わらず我が家の周りの本屋さんにはあまり置かれず探すのが大変であります。

ダークヒーローの定義が何たるかが個人的に定かではないのですが、「孤独」「闇」「対悪」と言う点において彼も立派なダークヒーローですな。
この作品が娯楽作品であるのは作者本人が言っているためあまり間に受けて捕らえるべきではないのは承知していますが、5巻終盤からおそらく7巻ラストまで収録されるであろう「偽アクメツ編」におけるアクメツにとってのテロの定義は実現不可能な事柄ゆえの非テロ論を表現しているんじゃないかと思ってたりします。
いや、実際のところわかりませんけどね。
● 2004年04月04日 (Sun) : 恋風(1)
リアル妹に恋する話だというのでてっきり失恋したばかりの主人公が運命と言う名のお約束に流されて女子高生と一夜を共にしてしまう。しかし実はその女子高生は実の妹であった(以下修羅場展開永遠に続く)と言った罪に濡れたふたり(著:北川みゆき)で行くのかと思ったら



ジブリかよΣ(゜Д゜)

実際ジブリが製作と言う意味ではなく全体の雰囲気と言うかEDの曲チョイスというかヒロインの小日向七夏が宮崎アニメヒロインそのまんまの声質と言うかそんな感じ。すげーほのぼのしてます。まぁ2話以降妹に欲情するお兄ちゃんの図が見れるのかもしれませんが。
なんとなく見て見たのですが結構まとまりの良い作品という印象で時間も見て見ます。
後は次回予告と言うか今回のダメお兄ちゃん天罰コーナーが良すぎです。
● 2004年04月04日 (Sun) : 勇午(6)
全13話二部構成のアニメ版勇午の1stエゴシエーション「パキスタン編」は今回で終了。
良い意味で原作を踏襲していて良かったなと思います。仮面ライダー王蛇もきっちり勇午として演技してましたしお約束の拷問シーンも良い描写でした。
さて、今回のパキスタン編と次回からのロシア編は内容もさることながら製作会社も違うと言うのが特徴的です。どのくらい共通点があってどのくらい色が違うのかなぁと言うのが気になるところ。少なくとも予告に関しては全然違うのは今回わかりました。
で、作っているところが違うのでキャラクターデザインも違うわけですが



がー!!違いすぎる!

放送開始前に両デザイン見たときはロシア編(右)の方が好みだったのですが今ではやたら陰のあるパキスタン編の方が好みかな。まぁ実際始まって見ないと判りませんが。
● 2004年04月03日 (Sat) : 鋼の錬金術師(26)
なんだかんだで高クオリティを維持しつつ折り返し地点の第3期スタート。
オートメイル話をメインにおきつつこれから始まる物語の前振りな26話でした。以上本編感想終わり。
そんなことより(マテ)あれだ。




ウィンリィの時代キタ━━━━(゜∀゜)━━━━!!


ED全面彼女でプッシュです。これは第3期は彼女の出番ありまくり&生命の危機晒されまくりとみてよろしいんでしょうか。実に楽しみです。
今回からOP&EDが変わったわけですが前の計4タイトルに比べてちょっとパワーダウンは否めない印象ですが概ね好印象。やっぱ作品に即した曲は良いです。
Name:ぼたん 何故にまた同じ反応をXD > ウィンリィ ・・・2004/04/04(Sun) 03:31
Name:管理人 ここに反応しない方がおかしいと言うことで^^ ・・・2004/04/04(Sun) 10:56
● 2004年04月02日 (Fri) : 天上天下(1)
好きな原作のアニメ化は尽くダメな為基本的に期待しないで見ています。で、あまり期待しないまでもちょっと楽しみでした天上天下。

阿々・・・微妙

テンポも良いし動きもあるし見ていて結構スタッフやるなぁとは思うのですがなんか作画が微妙です。男性キャラは良いんですよ。あ、高柳君は微妙です。それは良いんですが女性キャラがなんか違和感大暮キャラっぽくないんですな。
特に亜夜に至ってはダメぽ(;´Д⊂)前半はそこそこだったのですが後半の作画がもう・・・。ただでさえCVがAVEXの仕込でヘタレ風味が炸裂していると言うのに・・・。
でも、前述通りテンポとかはすごく良いので2話以降のクオリティ改善に期待age。


つかさぁ、亜夜は黒髪だろ。普通に考えて
● 2004年04月01日 (Thu) : マリアさまがみてる(終)
第二期までごきげんよ〜

はしょりまくりの描写足りなさまくりとの一般的な評論に反し個人的にはそこそこ楽しめたかな、と。ずっといい続けていた通り、赤薔薇姉妹のお話だと思って見ていれば押さえるところはきちんと抑えているわけでして、作品としては筋が取っていたかなと。
不幸なのは小説と言う媒体のアニメ化でありながら13話という枠しか与えられなかった事に尽きるんじゃないかな。はじめっから26話構成ならもっとちがったアニメ版が見れた気がします。
さて最終回ですが第2期が既に決定済みのせいかあっさりすぎるくらいあっさりしていまして最終回とは思えない話ではありました。このまま14話があるんじゃないかぐらいの勢い。
さて、第2期はどうなるんでしょうかね。願わくば26話構成でもっとゆったりしてほしいかな。


あえて濃密だったと言えばこの白薔薇姉妹(特に姉)でして。
もともとキャラが濃いせいもありますが。


- 一覧へ -