徒然日記LOG

2004 年 09 月 の日記
● 2004年09月30日 (Thu) : 月末キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
といいつつ書くことは昨日発表の松下のPCのお話とか雑談
マイナーバージョンアップと言うのは予想していたのですが・・・せめてT3ぐらい出てほしかったかなぁ〜と思うしだい。
後今回はじめてDothlonが搭載されましたがその実力や如何に。だれか人柱報告キボン。

今日はお昼にホッカホカ弁当で「角豚煮弁当」をゲット。私的には豚といえば角煮がブラボーなので新発売された当初から食える日を楽しみにしておりました。
うむ、期待通りうまかった。でもちょっと濃い目なので毎日食べる気はしません。一月一回ぐらいかな。期間限定なのでもう食えないかもしれないけど。そうそう、あしたから価格改定みたいです。またから揚げ弁当が450円で頂けます(喜)

メモ:74.60
● 2004年09月29日 (Wed) : 殴り書き
月末忙しー死ぬー・・・と言うのは言いすぎですがもうちょっと労働基準法に準じた仕事をしたいと思います。思ったって無理なんですが。査察入んないかなぁ(笑)
さて、明日で一応9月もラスト。長かったような短かったような・・・。

メモ:75.05
● 2004年09月28日 (Tue) : 最終回を迎えたアニメの最終感想を簡単にコメントする日記 9月版その3
修羅の刻
月マガアニメと言うと今年頭に放映されていたDEARBOYSがありまして、アレの出来加減が幾らなんでもアレだったという経緯があり正直全然期待していなかったのですが、やっぱり作るところが作れば違うもので非常に楽しむことが出来ました。
確か原作はきっちり読んでいた気がするのですが全く忘れておりまして物語として新鮮でしたし、あの作者作品独特の「間」が巧く表現できていたと感じます。
あとやはり戦闘シーンが良く出来ているなと思います。武蔵編の戦闘はちょっと〜と言う印象はありましたがその後二編は個人的には文句なし。
この勢いで本編「修羅の門」を是非。つか、原作も続編希望。

メモ:75.10
Name:Mig お、管理人さん、修羅シリーズみてたんですね。原作ファンな私は(どんな出来か)怖くて見れませんでした・・・見てみようかな? ・・・2004/09/29(Wed) 23:01
Name:ふらうど 幕末編は竜馬に関する話が多すぎで中だるみしてたと思う。その話数を使って西部編やって欲しかった。月マガアニメは次にBECKがあるし、意外になくならないのか? ・・・2004/09/29(Wed) 23:40
Name:管理人 あぁ〜、確かに竜馬の所はちとなかだれだったかも。やっぱ戦闘シーンいっぱいあったほうがいいものねぇ。 ・・・2004/10/01(Fri) 06:57
Name:管理人 Migさん:一度見てみる価値はあったかなと思います。お奨め!というのは言い切れませんが(^^; ・・・2004/10/01(Fri) 06:58
● 2004年09月27日 (Mon) : 22時半に帰ってくるとさすがに何も出来ない
ファフナー見て寝ますた。
相変わらず微妙な展開なんですが同ジャンルの他のアニメと比べると展開が速いかなぁとは思います。シナリオ進行と言うよりはイベント発生がと言う意味ですが。たとえば仲間が死ぬとか主人公が現場から逃走とか。
ただ、前倒した分何か新しい試みがあるかなぁと言うとあまりそういう雰囲気でも無いんですよね。
でも切るに切れないそんなアニメ・・・

メモ:76.10
● 2004年09月26日 (Sun) : 10月始まるアニメって多すぎだよね
やっつけ仕事が多くなるのもうなずけるんだよねぇ。
そんな中見よっかなぁと思っているのをいくつかチョイス

スクールランブル
最近知ったんですがアニメ化前提で進めていた漫画だったそうで。
4コマくさい構成のこの作品をどう料理するかと、序盤の展開をどうはしょってくるかが見ものです。つか、さっさとシャイニングウィザード希望。

ToHeart
上のスクランと合わせてみるとまるで堀江嬢が出ている作品を追っているように見えますがただの偶然です。前作同様今回も出番がほとんど無いであろうエクストリウムチャンプの登場を心待ちにしております。後、前作から一年後ということなのであかりとひろゆきちゃんのバカップルぶりにも期待。

岩窟王
日経キャラクターズの前田氏のインタビューとPV見ていたら無性に見たくなりました。復讐劇というバックボーンとデジタルを駆使した映像美、空間美を期待します。アニマトリックスっぽくヨロ。

ガンダムSEED DESTINY
期待してないんですが絶対見るでしょう。そして突っ込みいれまくるんでしょう。注目は桑島嬢の外の人の運命とキラ&ラクスがどういう形で絡んでくるかですね。キラは思いっきりZのアムロポジションなんだろうけどラクスがなぁ。ベルトーチカの役回りなんてありえないし。

ブラックジャック
非常に不安なんですよねぇ。時間帯がゴールデンタイムと言う事で必要以上に規制されることが。BJみたいな作品はそういった「汚い部分」を見せ付けることに作品の本分があると思うので。「人面相」とかなんかキモイという理由でやりすらしなさそうな気もするし。逆に思いっきりやってくれたら日テレとスタッフを神と認定します。

こんなところでしょうか、実際はこの3倍は見て半分以上切るでしょう。うまく「当たり」をひろえればいいな。
Name:たろう 「げんしけん」がありますよ ・・・2004/09/28(Tue) 17:03
Name:管理人 げんしけん、どうなんでしょうか。今のところ興味いまいちって感じです。見ますけど(^^ ・・・2004/09/29(Wed) 16:27
● 2004年09月26日 (Sun) : 今日の日記
本日のダラダラを書き留めてみる

午前中
昨日作り上げて本日成果が出た筋肉痛で目が醒める。ちなみに左肩なんで首回すと妙に痛い。
朝飯くらったってしばらくTBSを眺めくさった後にマリみての最終話を鑑賞。妙に泣けたのだが最後の薔薇満開は頂けなかった。第三期切望。
最近チマチマプレイしていたランス6だがいい加減レベル上げ等の単純作業に飽きてきたのでよくあるアングラツールを駆使して無敵状態、即効クリアを果たす。ちなみにCGコンプもその手の(ry。
プチ感想:話をつなげるのは良いのだが今度は早めにプリーズ

お昼
ソーメンをゆでたもの+お野菜炒め。ビーフン食べているみたいでなかなかウマーですた。

午後
昼寝ぶっこいた後、日経キャラクターズ&シリコンオーディオゲットしに車でフラフラ。TSUTAYAで今月のアフタヌーンを立読もうと思ったらウルドのフィギュア付で読めず。しょうがないので一緒に購入。ベルダンディの時もかってしまったのでもうこれは1月号のスクルドも手にいれますか。
シリコンオーディオはPC-DEPOTオリジナルがお手ごろ価格でよさげなので狙っていたものの第一陣は売り切れておりゲット失敗。特に急ぐものでもないので次入荷まで待つこととして本日はあきらめ。
家に帰って購入書物を読みつつモンキーターンとか見ておりました・・・書き終わって特に書く必要も無かったと気づく。さて、夜は何をしましょうかね。
● 2004年09月26日 (Sun) : 最終回を迎えたアニメの最終感想を簡単にコメントする日記 9月版その2
マリア様がみてる〜春〜
第二期シリーズのラスではありますがアニみてとしては今回が事実上の区切りとしてのラス回だったかなと。
すっかり原作の詳細を忘れている私としては他の方々が「ここ抜けている」という突込みには「???」な人なのですが、所詮制限アリアリのメディアなのを考慮した作品、完全再現なんてよっぽど恵まれた作品じゃなければ無理です。そんな制約の中、ここまでやれば上出来かと思います。つか、普通に面白かったし。

第一期に比べ第二期は作品作りがこなれていたせいかテンポもよかったかなと思いますし。この分だと第三期も期待できるかな。個人的に、どんどん祐巳に侵食されていく瞳子の図がたまらんので(^^

DANDOH!
原作の素材を生かしきれずに自滅していく典型的パターンを踏んでくれたなぁと思いました。
いい加減アニメの声優にアイドル使ったって何もいいことが無いことに気が付けと思うのですが。
Name:ぼたん マリみては、うちも原作の細かいところは忘れさってるくちですがw、素直に楽しめたと思っています。第一期があれで見てなかった人には見て欲しいですね。 ・・・2004/09/26(Sun) 12:25
Name:管理人 おおむね同意。で、さらにそのまま原作も読んでほしいな、と。 ・・・2004/09/26(Sun) 22:19
● 2004年09月25日 (Sat) : 鋼の錬金術師(50)
並行世界キタ━━━━(゜∀゜)━━━━!!

いやぁ、門の向こう側=(こっちでいう)現実世界という回答はなかなかかと。通常錬金術を成し得るためのエネルギーをこちら側の魂を使っているということならば賢者の石が人の魂の結晶であることがセオリーを無視できる理由として合点がいきます。
まだ錬金術のメカニズムに対しての人体練成のリスク理由は説明されていませんがなーなーで終わってしまう最近の作品の中でここまで明確な回答を出してくる事に感心します。

何気に龍騎の展開を髣髴させるラストでしたが次回いよいよ最終回。どう決着付けるのか非常に楽しみです。

メモ:75.85
● 2004年09月24日 (Fri) : iPAQニューシリーズ発表
URL:http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2004/0922/hp.htm

PDAという奴は目的さえ明確に持っているとこれ以上使い勝手のよろしい電子端末は無いと思うわけでして私は主に各種ブラウジングと時々怪しいことに使っています。
で、現状最強と思うのはHP製のh2210じゃないかと、最強というのは機能的なお話しではなくスペックと金額のバランスが非常にナイスと意味で、2スロットで(当時)4万円は「ブラボーHP」と叫ばずにはいられませんでした。今でも愛用の一品です。
さて、そんなHPから秋の新機種3タイトルが発表になりました。
やはり目玉はVGA対応のh4700。QVGAでも問題ないといえば無いのですがやはり表示可能範囲は広いほうがよろしいわけです。あと動画表示能力もかなりアップと言うことでMDなんかにデータ入れて「どこでもビデオ」が可能なんじゃないかと思うしだいです。
ただ問題は魅力的とはいえPDAに7万も払えるかという点。個人的にはそこまで払いたくねぇなぁと思います。やっぱ払えて6万が限界かなと。
VGA機種はほしいと思いますが・・・買うとしても一年後ぐらいかなぁ。

メモ:75.65
● 2004年09月23日 (Thu) : 最終回を迎えたアニメの最終感想を簡単にコメントするスレ日記9月番その1
忘却の旋律
予想外にきれいにまとまっていてブラボーです。
結局忘却の旋律の叫びはモンスターキングの心の叫びだったというオチはなかなか秀逸で、近年のガイナが絡んでいるとは思えないぐらい高いクオリティの作品として終結したと思います。
ただ、惜しいかなと思うところはほかのキャラクターの行く末を完全シカト状態にしてしまっているところ。このあたりは後2話(26話構成)あれば補完も十分だっただけに残念。なにかのコンテンツでフォローしてほしいなと思います。◎でした。スタッフの皆様乙です。

絢爛舞踏祭ザ・マーズ・デイブレイク
変な捻りとか謎かけとか一切なしの直球勝負な作りが清々しい感じで非常によろしかったなぁ。みんな自分に正直で熱いのって見ているこっちも気持ちがいいもんです。良い作品でした。
ただ、冬のPS2版のキャラがアニメと似ても似つかないと言うのはちと問題ありだよなぁ。

はにはに
特別版ということで12話+未放映話の画像を使ってのキャラ紹介。見所らしい見所は無く、あるとすれば未放映分ぐらいかな。
実放送時間2時間の中で1シナリオを消化するというのは流石にムリだったというか、完全にゲーム版の宣伝用コンテンツ的なつくりだったかなと思います。悪くは無かったと思いますが特別よかったとも思えない・・・と言う感じ。


Wind
微妙に問い詰めシーンキター
本当に微妙な出し方してくれたてまるきり「後はDVDで見ろ」と言う感じでした。あぁ見てやるとも。
全体的にははにはに同様宣伝コンテンツ。それ以上でもそれ以下でも無いですね。
やはり君望やD.C.のような作りって難しいのかなぁ。
#時間的なものとか含めて

サムライチャンプルー
渡辺さんの作品はホント面白い、マジおもしろい。作品作りにこだわりを感じるし愛を感じる。それだから、
そんな作品を打ち切るフジテレビが本当に信じられない
いまんところ続きを引き受ける所が無いみたいですがぜひアニマックスとかで引き受けてほしい。ガドガードみたいに。
Name:ぼたん ぬ、さむらいちゃんぷる打ち切りなのか…おもろいのに(苦笑 ・・・2004/09/23(Thu) 23:58
Name:管理人 フジテレビっていつもそうなんだよねぇ・・・やっている作品が良いのが多いだけに余計むかつきますわ。 ・・・2004/09/25(Sat) 20:52
● 2004年09月22日 (Wed) : NDSとかPStwoとか
NDSの15000円って個人的にはまぁ予想通りかなぁと言う感じです。おいらの中の任天堂ポリシーの妥協限界点ってこのあたりの価格帯なので。あ、でもSFC2万超えていたし、N64,GCも2万付近だったかな・・・。GBAソフトも使えるみたいなので物欲ソフトが出たらかおっかな。でも時にPSPが優先。

PStwoは・・・あのサイズダウンは反則だろ!小さすぎ。
そのためHDDは外付けとかコントローラポートとかの制限がついているみたいだけど。それを犠牲にしてまであのサイズを優先させたのは多分PS3にPS2は入れられるぞ!と言う強力なアピールもあるんだろうなぁと思いました。ちなみにPSPの値段は25日発表の模様です。

メモ:76.05
Name:泥たぼお PS2より先にXB○Xを小さくして欲しいデス。 ・・・2004/09/22(Wed) 22:24
Name:管理人 米帝製だからムリ。そういえば最近市場で見かけないねぇ ・・・2004/09/23(Thu) 09:24
● 2004年09月21日 (Tue) : 最近生活リズム変わっているかな
健全なほうに変わっている(と思っている)のでそれはそれで宜しいのですが。
ただ、WEBサイトに割いている時間がないなぁと思います。未だに頂いたイラストアップできていないし
#今週中に何とかします
せめて徒然日記は毎日書けるようにしたいなぁと思います。
#いつも思うだけだが(^^;

メモ:75.95
● 2004年09月20日 (Mon) : 今日は出勤
会社がやっていると言うわけではなく当番制の休日対応。
あんまり気がのらないのだけれども戴ける給金が内容の割にウマーなのでやめられません。
今日は運が悪い日みたいだったらしく朝から県境の山奥に呼びつけられ片道1時間半の道のりを行く事に。
事務所でダラダラしているよりは良いのだがもうちっと近場が良いです。
運が悪いまでも良かったのは朝っぱらから呼ばれたので2時ぐらいには事務所に戻ってこれたのとそのあとずっと事務所でぼけーっと出来たところでしょうか。
あぁ・・明日からまた仕事か
● 2004年09月19日 (Sun) : 今日の出来事
流石に3日前の事など覚(ry

夕方バンキシャ見ていたら例の兄弟誘拐殺人をクローズアップしていたのですが、情報が出れば出るほど周りの大人がどうにかしてあげればいくらでもどうにかなった事件ですね。つか、殺された兄弟の親って羞恥心とかないのだろうかと・・・なんにせよ亡くなった兄弟があまりにも不幸だったと言う事実は確実なわけでして、やりきれないですね。
● 2004年09月18日 (Sat) : 鋼の錬金術師(49)
文章に行き詰ったら現実逃避。これ一番也。

巷に言う「超展開」が勃発して後2話で収拾がつくのかどうか非常に怖いところです。へんに劇場版が告知されているのが余計不安をあおるわけですが(笑

ツェッペリンとか出てきてなんか第一次世界大戦時英国と怒涛のリンク状態に突入です。状況から鑑みるに400年前っぽいのですがホーエンハイムが姿の違うエドを短時間で認知できたり変なセリフが飛び出たりしているのでホーエンハイムって時間旅行者なのか並行世界跳躍者っぽいです。どちらにしろ次回答えが出るでしょう。投げっぱなしは流石に・・・。
ダンテがアルとエドがロゼの事を好きだと思っているみたいなのですが何故でしょうね。ロゼの中の人の演劇暦からするとロゼが「そう思い込んでいる」ものをダンテが引っこ抜いていると考えてもいいのですけれど(笑)
エドはどうだか知りませんがアルはむしろウィンリーだろうし。謎だ。

次回タイトルが「死」ですがどなたがお死にあそばされるのでしょうねぇ。誰死んでも何の不思議もないのがハガレンですし・・・ハッ、ここで(唐突に無関係な)富野マジック炸裂で皆殺し((;゜Д゜)ガクガクブルブル

今週のクローズアップ

ウィンリーが「アルとエドは仲良くやっているわよ」と信頼する言葉を呟いていたその時、


エドはほかの女の子(ロゼ)と宜しくやっていた。浮気者に死を(違)
● 2004年09月18日 (Sat) : ウルジャン狩ってみた
今月バスタ載っているわけでして、このWEBサイトの本領発揮名わけですが・・・・ウーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーン・・・・・どう書けばいいだろうか。
ちと悩ませてください。

天上天下がいよいよ予備選に向けて始動な感じで、やっと主人公が主人公らしくなってきた気がするんだけどやっぱ相変わらずもがいている感じがするのであと1年は真の主人公にはなれそうにないなぁ・・・あ、ちなみに来月はお休みだそうです。
Name:管理人 追記1:今ちょこちょこと編集中。久しぶりなんで感が取り戻せない^^; ・・・2004/09/19(Sun) 08:52
Name:鋼鉄狂 BBSのほうに書こうとも思ったのですが、こっちに書きます。ィエロィ・ビロ〜ンでなくてィエロィ・ビヨ〜ンですよ。 ・・・2004/09/19(Sun) 16:58
Name:管理者 サンクスです。修正終了でやんす ・・・2004/09/19(Sun) 18:00
Name:Mig ウソー?!シーンが出てる!!?・・・・かの人ってもしかして私ですか? ・・・2004/09/19(Sun) 23:34
Name:管理人 それはひみちゅです。つか、バレバレですが(^^ ・・・2004/09/22(Wed) 15:41
● 2004年09月17日 (Fri) : 天上天下(終)
先週予想したとおり

打ち切りジャンプ!

な終わり方をして下さいました。マジで「彼らの真の戦いは今始まったばかりだ」と言うナレーションが入らなかったのが不思議なぐらいの終わりっぷりです。
好意的に解釈すれば変に無理やりまとめないで商業的に成功したら第二期ゴーな終わり方とも言えます。
ただ実際そういうところがあるかなぁとも思うところがあるのも事実。過去編をこれでもかと言うぐらい丁寧に作ってあるのは24話で無理やり押し込む気が更々なかった現われでもありますし。しっかしこの尻切れトンボぶりはどうにも・・・

最終回のことはおいておいて総評するとおおむね満足な出来だったと思います。はじめのうちこそ作画にばらつきが見れたけどサイドの方は高いレベルで維持していたし過去編のCV陣の豪華さはすごいのひとことだし。
ただ、やっぱり誰が主人公なんだか判らない作品全体の流れと亜夜のキャラデザからCVまでのヘタレ具合は致命的だったかと。
#主人公の主人公らしからぬ扱いは原作もいっしょだけどさ
あぁ!やっぱ第二期やってほしいザマス。できれば亜夜を能登あたりに代えて是非。


最終話のみどころ。マジで。

メモ:75.85
● 2004年09月16日 (Thu) : 最近怪しい活動をしていないので
怪しい報告ができません(ぉ
そりゃ、仕事して家に帰ってキッズでヒカルの碁みたら寝ると言う生活じゃなんにも無いよなぁと思うのであります。
とりあえず明日のスケジュールを報告してみると仕事の合間をぬってスクランの6巻限定版をゲト⊂(゜ロ゜⊂⌒`つ≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡を目指すところでしょうか。
週末はウルジャンでバスタードが連載再開なのでがんばってWEBサイト更新です。
つか、その前に昨日届いていたのに気がついた寄稿イラストをアップしないと・・・せっかく好意で送ってもらっているのにアダで返すような行為で申し訳ないと思いながら見逃す事の無いようにもっと自動振り分けを強化しないとだめですね。

メモ:75.80
Name:ふらうど アクメツはゲットしなかったんですかぁ? ・・・2004/09/18(Sat) 01:10
Name:管理人 あり?出てた?出てた?・・・・出てたーーー!!買い行くざますよ ・・・2004/09/18(Sat) 10:24
● 2004年09月15日 (Wed) : 今週のスクラン
いよいよ来月からTVAもスタートでその出来具合が非常に不安(いや、スタッフの一人が月姫・・ゲフンゲフン)と期待に満ち溢れるスクールランブルですが今週のオチはとても素敵ロードでした。そう、某ハイジ風に表現すれば

立った!お嬢のフラグが立った!

という表現がとても似合うんじゃないかと。ここ数週間八雲フラッグたちまくりではためくその様はすでに「勝負あり」とすら見えていたのですが執事のナイスアシスト一本!のはなれ技で、沢近嬢の芽が再び芽生えて参りました。スクランは堀江沢近と言う私には願っても無い展開いいぞもっとやれ。
ただ、この漫画なかなかにすれ違いの多い作品ですので予断は許されません(ってなんの予断だ)。

メモ:75.40
● 2004年09月15日 (Wed) : 報道ステーションを見ての兄弟誘拐殺人事件感想
番組の中身よりは主に父親の会見みて思ったことですが

犯人が殺したと言うより周りの大人が殺したようなもんじゃ・・・

児童相談所が相変わらずお役所仕事してしまっているのはいつもの事として、今回は父親が特に問題あったんじゃないかと、ひどい言い方ですが思います。
当然殺した犯人はどうしようもない人間ですがそれ以前に父親が子供が虐待されているのをわかっていながら犯人の家に依存していた事そのものが原因だったのじゃないかと。実家に帰ると言う手段もあった訳だし、実際兄弟は一度母方の実家に預けていたのをわざわざ引き取ってきた経緯とか聞いていると「(犯人が)ここまでするとは思わなかった」以前の段階で完全にこの男と決別して子供を保護する義務があったのではないかと思わずにいられません。
なにか父親の会見が自己弁護に終始していたように聞こえたのは私だけなのでしょうか?
● 2004年09月14日 (Tue) : いい加減おっつかなくなってきた
いや、見ているアニメなんですけどね。なにげに4,5作品放置状態のがあります。一応とっておいてありますけどねHDDの肥やしです。
友人(であり大学時代の先輩w)のR氏なんて現在進行しているアニメが半年ずれ起こしていて良く話のネタにさせていただいているのですが、人のことあんまり言えない状況になりつつあるかもしれません・・・そこまでいくことは無いけれど。
こう、全然見ていない作品ならそのまま永遠未視聴と言う手段もやぶさかではないのですが「18話まで見ている」とかなるとそこでやめてしまうのもどうかと思いますし・・・
来期のはもうちっと早めに駄目そうなのは切ろう(ぉ

メモ:75.30
● 2004年09月14日 (Tue) : ひぐらしのなく頃にが馬鹿売れらすぃ
URL:http://07th-expansion.net/Cgi/clip/clip.cgi(9/13分)

夏コミで100円ゲトズサ━━━━⊂(゜Д゜⊂⌒`つ≡≡≡━━━━!!した私は勝ち組くぁヽ(゜∀゜)ノ
まぁそれはどうでも良いんですけど、冬コミが怖いなぁ。夏はまったく並ぶことなくむしろポップをじっくり眺めた後購入できるほどの超余裕だったので。

・・ともう出かけなきゃいけないのにこんなこと書いて見ますた。
Name:ふらうど ようやく「祟殺し編」終わったー!段々と鬱度がましてやがる orz ・・・2004/09/16(Thu) 01:01
Name:ふらうど ようやく「祟殺し編」終わったー!段々と鬱度が増してやがる orz ・・・2004/09/16(Thu) 01:01
Name:ふらうど 勝ち組、負け組って言葉を耳にするたびブラジル移民を思い出してしまうなぁ ・・・2004/09/16(Thu) 01:05
● 2004年09月13日 (Mon) : 脱力
なんか知らんがつかれた・・・体力的疲労は原因がはっきりしているので良いとして精神的疲労・・・あぁ、会社の中がちょっとギスギスしているからか。
まぁだいたい9,10月はこんなもんなんでいたし方が無いのですが。
・・・ハァ、もうちょっとお気楽な会社がいいよぉ。

・・とこれだけじゃいけないのでちと雑記
家かえって先ほどファフナーの10話(ぐらい?)みました。ここんところ俺ごのみの展開っぽくなってきたかもしれない風味で期待しております。早く大人の色香にだまされて大人の世界に一足お先にいってしまうようなそんな主人公の姿を見たいものです。
いつもの3割り増しぐらいで変な文章でした、おそまつ

メモ:75.80
● 2004年09月12日 (Sun) : RanceVI
ランスシリーズを出しているAliceSoftと言うメーカーは私の中では「常に何がしか『穴』がある良作を出すソフトハウス」と言う印象があり、作品そのものは結構高いレベルで作られているのにもかかわらず爪が甘いです。と、言ってもここ数年ここの作品なんて「妻みぐい」ぐらいしかやってないので今はどうかは知りませんが。
ちなみにここの出しているタイトルで一番好きなのが「闘神都市2」。迫害され辱められ貶められ殺される女の子(モンスター)やヒロインの主人公に対する身を犠牲にした献身的な愛はかなり切ないです。超良作なのでお奨め。

さて、ランスシリーズですが前作の「V」はたしか10年近く昔だった気がするのですがまぁ間に鬼畜王があったので実質は5年ぐらいでしょうか、どちらにしろ本当に久しぶりの続編なのですが。
主人公のランスという男の女好き、天性の鬼畜ぶりは今でこそよくある設定であるものの当時は奇抜かつ爽快でした。まぁぶっちゃけた話、DSそのままな訳でして実際OVAになったとき(いやぁあのアニメはクソだった)もCVは八尾一樹だったぐらいですから。
現在は4時間ぐらいしかプレイしていないのでまだまだ序盤なのですがなかなかの鬼畜っぷりでヨサゲです。
ただRPGと言うジャンル自体が日々肌に合わなくなってきているのでこのまま「普通に」プレイするのだろうかと一抹の不安を感じてはおりますが。
あと、最近ゲームとかやっている時間がなさげ気味ですしねぇ・・・。クリアだけでも何とかしておきたいところです。
● 2004年09月11日 (Sat) : 鋼の錬金術師(48)
先週ラストのウィンリィは変身ホムンクルス君でしたと言う、なんのひねりも無いオチでした。思わせぶりなシーンだすなー!
でもまぁ、「アル、本当はあなたが・・」という台詞に動揺してまんまと捕まるアルが可愛かったので許す。

今回も色々最終局面に向けて突き進んでいますがその中でタッカー親子の物語が一様の終結を見たのが印象的。子供を亡くして気が触れた親が人形を自分の子供のように扱う状況そのものであり、しかもその原因の張本人が親そのものと言う救いようの無い形での終局は自業自縛の窮みでありつつも、さらに元をただせば賢者の石に関わってしまった彼の不幸を考えるとやるせないところではあります。
こうやってサブキャラがどんどん不幸な終わり方をしている中、主役はその呪縛から突破できるのでしょうか。普通主人公は幸せでなんぼですが、なんといってもZとかエルガイムとザンボットとか言う素敵な前例があるので。
● 2004年09月11日 (Sat) : バイオハザード2
1が予想以上に面白かったので公開初日に行ってみました。本当はヴァンヘルシングも捨てがたかった(むしろ本命)のですが午後からと言う事で時間の関係上こちらの方に。
バイオだからなのか久しぶりに初日鑑賞だったからなのか人が並んでいました。しかもガキばっか。ちと躊躇しちゃいましたよ。
で、ガキばっかだったので覚悟はしてたのですが煩いかったのがどうにも。上映中に後ろでコソコソしゃべんじゃねぇー。
#前置き終わり

見終わってとにかく

嗚呼・・・マーベラス化しているよ


と激しく感じました。サイレントメビウスでも攻殻機動隊でも可です。

1は原作の匂いをかなり漂らせていた作品でしたが2は良い意味での「原作は原作、映画は映画」な作り方だったと思うのと、1は「映画」と言う感じだったのに対して2は「ゲーム」な感覚の作りだったなぁとぱっと見矛盾した感想です。(以下反転)
つまり1はゲームのバイオハザードのツボやお約束を抑えつつ連続した物語として見れたのですが2は町の1シーン1シーンが1ステージ化してしまっていていまいち連続的に見えなかったという事です。
それが悪いと言うことではなく結果的に楽しく見させていただきました。
お約束と言うかすでに「3」が作れる布石はうった・・・と言うか作らずに終われない終わり方だったので早期続編希望です。

以下再び反転
メネシス=マットなのがバレバレの展開でどう落ち着けるのかと思ったら自我に目覚めてアリスの盾になり死亡・・・別に展開的にはベタで良いんだけどそれはバイオじゃねぇー!
映画版の良いところはやはりゲームでは名前は出てきても未だ直接出てこないアンブレラとの直接対決が早々に始まっているところですかね。でもそのおかげでモンスターVS人間じゃなくて改造人間VS悪の組織と言う仮面ライダーな図式になっていますがw


さて、ヴァンヘルシングはいつ見にいこうかの。

メモ:75.75
Name:夕顔  久しぶりです〜。私も初日の朝イチで見ましたよ。ジルが美人でハマリ役だったので ・・・2004/09/13(Mon) 13:00
Name:夕顔 うっ・・・長い文章無理なんですね。コレ。とにかく私はジルしか見てませんでしたよ ・・・2004/09/13(Mon) 13:01
Name:管理人 おひさー、元気かね。また飲みましょうねぇ。ジルの姉御はそっくりでおいらもご満悦です。 ・・・2004/09/13(Mon) 23:29
● 2004年09月10日 (Fri) : 天上天下(23)
過去編もクライマックスです。
あのエゲツない描写をどこまでやるのかと思いましたがかなり忠実に表現していて感心したのと同時にTVAの規制がなんだかんだでユルユルになっているんだなぁと実感しました。
#で、くだらないところをしっかり規制するこの矛盾

いよいよ現代に戻ってどう収拾をつけるのくぁ!と思ったら

次回最終回!

ぶっちゃけありえねぇ・・・ここまで盛り上げて打ち切りジャンプな悪寒。

メモ:75.85
● 2004年09月09日 (Thu) : Wind & はにはに(TVA版)
はにはには超展開と言うかいきなり怒涛のネタバレで「あぁなんか普通のエロゲ」だと思い、俺の中のアニメは終わった感じです。一応最後まで見ますが。
Windもみなもパパがお亡くなりになりいよいよ問い詰めるのか!?問い詰めてしまうのか!?と期待に胸膨らませていたのに出てきたのは彩の過去話・・えぇ!前回までの展開はどこへ!と思ったら

DVD版で出るときは10話からマルチエンディングで分岐Σ(゜Д゜)

と言う事で。TV放送は彩ルート、みんなが待ってたみなもルートを見たければDVD買え(かレンタル)と言う事だそうです。納得いかねー、せめて逆にしてくれー。

そんなわけでWind(のTVA)も俺の中で終息しました。次のToHeartに大いなる期待を持ちましょう・・・えぇ。
Name:たろう みなもルートは短いですからね… でも残念 ・・・2004/09/10(Fri) 14:12
Name:管理人 みなもルートしかやったことなかったんですが・・・そうか他のルートは長いのかぁ ・・・2004/09/10(Fri) 15:04
Name:たろう 本来のWind的には、みなも編=おまけ ですから ・・・2004/09/11(Sat) 12:14
Name:管理人 そうかぁ、私は主を終わらせたつもりで従にすらいたっていなかったのね(でもプレイする気は起きず) ・・・2004/09/11(Sat) 22:38
● 2004年09月09日 (Thu) : アニメ夜話 第四夜
最終夜は御当局アニメ「カードキャプターさくら」
前三日間に比べると明らかに異質の作品で内容も「萌え」に関する議論が鳴り響いておりました。
毎回衣装が違うのはもともとCLAMPの提案だったと言う話はほぼ確実にアニメ化の際には顔を突っ込んでくる彼女たちらしいエピソードだなぁと思いつつそれをやる気になったマッドハウスと言うスタジオもチャレンジスピリッツにあふれているなと思う次第で。

話の中で「評論として出なく自分視点で見たとき何がよくてこの作品を見ているのか」と言う話になり、CCさくらを結構好きで見ていたクチとしてはちと「どうしてかな?」と考えてみました。
昔はよくあった「この声優が出ているから」と言う理由はまず無く、かといって小学生キャラに萌えあがる属性もないのでやはりシナリオとか演出とかの方じゃないかと思っています。
記憶をたどると多分、展開と演出がおれ好みの展開だったかもしれません。実際のところ見ていたと行っても第三期からですし、その前の話は改めて見たいと思ったことも無く実際未だ未見の作品なので第三期のクロウ本人がかかわってくる展開とシャオロンランとさくらの微妙〜でほのぼのな関係がよかったのかもしれません。
本当の理由はもしかしたら潜在的な所にあるかもしれませんがとりあえずそういうことにしておいて。

今夜でアニメ夜話の第一弾が終わったわけですが、結構雑談しつつも突っ込んだ話が面白かったかなと思います。
あと、結構普通の芸能人をゲストに呼んで濃い話しているのも「専門家と真性ヲタの馴れ合い」にならずによかったし。
それにしても岡田氏には中三になる娘がいるとわ・・・岡田氏の体質受け継いでいないと良いのであるが(ぉ

メモ:75.95
Name:みわ 「小狼」と書いて「シャオラン」っす ・・・2004/09/10(Fri) 08:04
Name:管理人 そだねぇ「ロン」は「龍」ですもんねぇ。と言うことで訂正しました ・・・2004/09/10(Fri) 15:02
● 2004年09月08日 (Wed) : アニメ夜話 第三夜
今夜は「あしたのジョー」
1と2の間って10年もあったのねぇ〜といきなりびっくりですよ。
あしたのジョーってアニメは劇場版しかまともに見たことないのでちと内容的なのはわからなかったのですが色々知らなかったことが出てきて中々の内容でした。
#原作におっついてしまったので1が終了したとか
つか、梶原一騎が原作だったのかと今更ながらの衝撃の事実におどろきました。本気で原作はちばてつやだと思っていたので。でもたしかに白木葉子はどうみても梶原キャラだし、すごく納得です。

やけに通して見たくなったそんな一夜でした。

メモ:75.75
● 2004年09月07日 (Tue) : アニメ夜話 第二夜
今夜はルパン三世の「カリオストロの城」。
大地監督がコメンテーターで出てたんですがカリ城マンセーの監督は序盤から「カリ城あれば他のアニメなぞいらん」などと自分の職業忘れて大プッシュしていました。

自分的にはカリ城って普通にみて普通に面白い隙のないアニメだよなぁという認識だったのですが、話の中でかなり物語に矛盾が生じているだとか、クラリスはかなりの悪女だとかが飛び交い、とても理論的で説得力があったので「おぉそうだよそうだよ」と時間中変に納得してました。
#伯爵の手がクラリスの顎を持つときだけ異様にでかくなるという突込みには笑った

今度日テレにでも放送されたときはきっと違う視点で見れそうです。
● 2004年09月06日 (Mon) : アニメ夜話 第一夜
定期的にNHKのBS2で放送されている「マンガ夜話」のアニメ版です。
マンガ夜話ではいつもついていけないぐらい「濃い」話をするのでこのアニメ夜話もきっとすごく濃い話になるんだろうなぁと期待する限りです。
第一夜は「銀河鉄道999」の「劇場版」。
劇場版に限定するあたりがさすがだと思います。
内容の方も、哲郎とメーテルはディープキスしてるだの、世界初の劇場徹夜にちがいないだの、こいぃ話をしていましたが中でもアニメーターの金田氏の話はかなり興味深いものでした。
(当然しりませんでしたが)金田パースだの金田飛びだのと出ており確かにあの頃のアニメ(特にSF)は妙に特徴的で類似した動きを多々あったなぁ・・・あれが金田パースかと思うのでありました。
後、今夜見ていて一番よかったのは金田パースだの飛びだのを解説するのにブライガーのOPで解説していてことでしょうか。あの歌好きなんだよねぇ、変で。
明日はルパン3世の「カリオストロの城」です。いや、楽しみ。
● 2004年09月06日 (Mon) : デビルマン実写版
公式:http://www.devilmanthemovie.jp/

プレミア試写会行った人の感想を見たんですが


想像以上に駄目っぽい・・_| ̄|○

そりゃ、FLAMEとかボブサップとかふざけているようにしか見えないキャステンングで既に作品として作る気あるのか!と叫びたくなりつつも、永井豪がOK出したぐらいだから大丈夫だろうと半ば祈る気持ちでいたのですが・・・当月見に行くつもりだったんだけど、どうしよっか

ちなみに公式のトップみて思ったこと。
「シレーヌはせめて全身白粉塗るべきだと思う」

うぅ・・・実写化には何も求めちゃいけないのかよぉぉ(´;ω;`)
● 2004年09月05日 (Sun) : じゃみんぐ☆らんぶる その2
URL:http://www.casino-studio.com/TOP.HTML

さくっとコンプリしました。10人攻略キャラがいるのにこのライトさ加減。お手軽好きにはたまりません。

メインターゲットは先輩なのですが影のヒロインはどう贔屓目に見てもちょこだと言う結論でございます。好きな人のために自分の想いを伏せる乙女心・・・ハッ、君が望む永遠の水月と同じゃん!
そうか、私はこういうシチュエーションがツボにはまるのか。新発見。

終わった感想としましてはとうてい同人ゲーとは思えないクオリティですね、としか言い表しようがないです。
同人ゲーでありながら商業ゲーでもあまりお目にかからない(と思われる)某シーンをアニメーションで表現しているところ。結構動いてます。びっくりです。作品に対する愛のなせるわざなのでしょうか。しかも効果的でして更にはじ(ry

後先ほど調べてみたんですが、声優さんも同人作品ご用達のセミプロな方じゃなくて、結構商業作品で活躍されている声優さんでした。
#はにはにの赤い髪の中の人とか
金の掛かっていそうな同人ゲーはMELTY BLOODとかPiece of Wonderとかで経験済みですが、今後もこういう商業作品真っ青の同人ってたくさん見かけるようになるんでしょうね。

お薦め度:★★★★☆
● 2004年09月05日 (Sun) : 攻殻機動隊2ndGIG
バトーが光学迷彩しているとどうにもメタルギアソリッドにしか見えない罠
#CVが大塚明夫つながりで

久しぶりにめぐ姉が仕事している所を発見。1stシリーズに続いて二度目の登場でした。
にしても盲目の少女役とか未だに演じられる彼女はスゲーなと思うしだいです。

先日読んだ日経キャラクターズで初めて知ったんですがプロダクションIGって高クオリティの作品を制作するための「採算度外視」するスタジオがあって攻殻とかはそのスタジオみたいです。確かにビジュアル的なクオリティの高さもさることながら声優陣のあの豪華絢爛さは度外視していると言っていいですからね。

早くも3RDシーズンの噂もされている攻殻機動隊。さて、「個別の十一人編」どう片をつけるのか。非常に楽しみであります。
● 2004年09月04日 (Sat) : 鋼の錬金術師(47)
久々にハガレン感想

ちゃくちゃくと収束しつつある状況においてダンテによって操られていたホムンクルスの悲哀が前面に押し出されているここ数話です。
今回のキモはやはり自分の元になっているエルリック兄弟の母親の記憶を持つスロースの「自分がアル・エドの母親で無い事を証明するためにあなたたちを殺す」と言う独白。
自分が「個」ではなく「模倣」であることを否定したいホムンクルスのひとつの形。でも、本当の「母親」であっても子供を平然と見殺してしまうこの世の中、皮肉っているのかなぁとか思ったりして。
ラストが人間になることに執着している本当の理由が「死にたいから」と言う、これまた救われない理由でして。ホムンクルスという存在はこの世界ではやっぱり否定される存在なのですね ・゜・(つД`)・゜・。

気になったのが

ウィンリーのこの笑顔。何を意味するのかちと理解しかねてます。
Name:ぼたん 同じところで気になってる人。エグイパターンになるんでしょうかねぇ。 ・・・2004/09/05(Sun) 12:54
Name:管理人 普通に「吹っ切れてよかったね、エド」とかをキボヌ ・・・2004/09/05(Sun) 23:38
Name:SS いやぁ、残ってるホムンクルスの兄ちゃんが変装したやつじゃないですかね・・・ ・・・2004/09/06(Mon) 03:06
Name:管理人 それだけはイヤー(でも確率的には一番高いのよねぇ ・・・2004/09/09(Thu) 13:22
Name:管理人 おめでとうございまーす。ご当選です。でも何にもありません(ぉ ・・・2004/09/11(Sat) 22:39
● 2004年09月04日 (Sat) : Winny裁判初公判
URL:http://d.hatena.ne.jp/yjochi/20040901

私裁判の様子ってよく知らないんですが初公判ってこんなにも次回までに検討と言う回答が多いものなんでしょうか。
なんかぱっと見、検察の不認識ぶりというか用意不足っぷりが印象付けられてしまったので。

なにはともあれこの裁判の結果次第で今後の日本のソフト開発(特に個人製作)に大きな影響が出るので是非弁護側にはがんばって欲しいと思います。
後もっと抜本的(ぁぁなんかこの言葉嫌いだ)な法整備が必要かと思います。

それと、Winnyの記事を抜いても結構面白いBLOGかなと思います。
● 2004年09月03日 (Fri) : じゃみんぐ☆らんぶる
URL:http://www.casino-studio.com/

最近の同人ゲームと言うのは即売会をやった後(か同時)じゃなくていきなり専門店へ卸すんですねぇ。と言う感想がまずあったゲームです。

一目ぼれ→即告白→即自爆した主人公がお近づきになる為に副生徒会長選に立候補。あれやこれやの手を使いあいて候補より支持率を上げていくという流れ。基本的にはヒロインとのイベントのみのフラグ立て式なので、ほとんどのターゲットは選挙そっちのけですむ模様。まぁ、さすがにメインヒロインは無理だろうけど。
テンポいいし、作画クオリティ高いし、キャラクターが個性的で面白いし、声優マッチしているし、シチュエーションおいしいし、ソフ倫無いし(マテ、なにより1プレイがお手軽ということで結構高評価です。
今のところ(昨日初めて)すでに3人終わっているのでボリューム自体は足りないかもしれませんが私はそのぐらいのほうが良いかも知れず。
それにしてもぱっと見趣味じゃない沢渡ちょこが意外とツボなキャラだったのはなんとも。
● 2004年09月02日 (Thu) : ひぐらしのく頃に 其の死
実際は先月内に終わっていたのですが無事「暇潰し編」まで読了です。この編は解答パート「目明し編」に向けての折り返し地点にあたっており、プレイヤーが事件の真相を推理していくことを目的とした当ゲームとしては解答編が出る(であろう)4ヶ月の間、たっぷり推理に明け暮れられるわけで、結果的にはお買い物タイミングどんぴしゃだったかもしれません。

はじめ「暇潰し編」等と言う名前なので小休止的なライトなものなのかと思ったのですがやっぱひぐらしはひぐらしだったなと言う結論に至る内容でした。

当初は「物語りなぞれれば良いや」と思っていたのですが妙に推理欲が発動しもう一度一通り読んでしまいそうな予感。
● 2004年09月01日 (Wed) : P2P技術を使った串(?)ソフト
記事URL:http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2004/08/31/4434.html

WinnyをはじめとするP2Pテクノロジーは直接発信元にアクセスすることなく、同じP2Pネットワーク内にいるクライアントから必要情報を引っ張ってくる特徴があるのですが、これはWEBサイトから掲載データを引っ張ってくるんじゃなくて同じWEBサイトを見ている他のクライアントから引っ張ってくると言うもの(と解釈
ソフトと言っても何か入れるわけではなく対象ドメインの後ろに「.nyud.net:8090」をくっつけるだけ。
で、まぁこれだけなら激重サイト以外は利用シーンが無いのですが、実はキーワードタイプのURLフィルタリングを行っている会社でフィルタ対象になっているサイトにこれを適用すると見れる様になるようです。
と言うのも、うちの会社はまさにキーワードタイプのフィルタがかかっていて某チャンネルなんかが対象なんですが試しにこれ使ってアクセスしたら完璧に見れたので。WEBクライアントで見るのはつらいのですが専用ブラウザでちょちょっとアクセスURL一覧表を置換処理すると楽チン閲覧できます。おためしあれ(当然自己責任で)。


- 一覧へ -