徒然日記LOG

2004 年 10 月 の日記
● 2004年10月31日 (Sun) : 今月の日記は
56件樹立(・∀・)人( ̄ー ̄)人(´_ゝ`)ノワショーイ

一ヶ月の書き込み件数からすると最高記録です。
ただ中身を見てみると10月アニメネタばっかでアニヲタっぷりを疲労していただけという・・・しかし、時間があまりない時の短時間の娯楽と考えるとアニメって非常に優秀なコンテンツだなぁと思い知らされた一ヶ月でもありました。
また来月もよろしくお願いします。
● 2004年10月31日 (Sun) : 試験
うちの会社はこの時期になると昇給のための試験がありまして、本日朝っぱらから大宮に行ってまいりました。
まぁ・・・ただそれだけです。なんか下らんことに一日使ってしまったよーな・・というのがいってきての感想。今回行こうが行かまいが結果見えてるからなぁ(苦笑
● 2004年10月31日 (Sun) : 香田さん死体で発見
本当は無事生還してもらって色々書きたかったのですが、最悪の結果になってしまったという事でその「色々」については書きません。
ご冥福をお祈りいたします。

ただ今回の事件で世界は自分の思っているほど甘くないし、「危険な所に行くことは自殺行為そのもの」ということを強く感じました。
あと「自衛隊が・・・」とおっしゃる方もいるようですが今回の件は完全に「それはそれ、これはこれ」だと思います。
● 2004年10月30日 (Sat) : IP3100
URL:http://cweb.canon.jp/pixus/lineup/ip3100/index.html

夏にPIXUS 560iを購入したばかりだったのですが、今期PIXUSのスペックの熱さにやられて購入してしまいました。
ちなみに560iはオヤジに購入価格の半額で提供。これで俺のPC経由での代理印刷をしなくて済む。
今回のPIXUSシリーズのキモはカセット給紙と両面印刷。耐ガス、耐水、耐光アップの新インクと真四角ボディとかもそうなのだが個人的には上の二点。
そんな訳で当初は顔料と染料の両方のBKを持ち合わせるIP4100を買おうと思ったのだがそんなに写真印刷しないし6000円近く本体価格差があったり消耗品のコストとかを考えてIP3100を購入です。

早速俺的お約束のハギ先生画のガブリエルを印刷してみたり書類関係を製本印刷してみたりしてみました。

お父さん大満足ですよ

調子ぶっこいて、某未公開データを印刷してポストカード作って遊んでしまいましたよ。

付属の印刷ソフトがもうちょっと色調補正できればいいなぁと思ったけれどそのあたりはドライバーで調整という事で。
これで実質17000円なんだからすげー世の中だ。

メモ:74.70
● 2004年10月29日 (Fri) : 舞・HIME #5
最近アニメの感想が多い気がする・・・ま、家帰ってきたら飯食って一本アニメ見ながら寝ると言う生活がスタンダード化しているのでしょうがないか・・・。

本題にはまだまだ手をつけず一つ一つ設定の積み上げていますなぁ。本題に入っていないからといって面白くないかと言うと全然そんな事も無くむしろこのまま本題に入らないで学園ドラマでもかまいません、えぇ(笑)。
で、今回の注目はやはり


フラグ、フラグが立った〜☆

チャンピオン誌上ではだいぶフラグ立ちまくっているようでし、なんか楯君にも役割があるみたいだし。どのあたりがクロスオーバーするかはわかりませんが期待してみましょう。
● 2004年10月28日 (Thu) : 巌窟王 #4
BSアニメ夜話のナディアを見た後に見る巌窟王はまた趣が違いますな。
#監督がガイナックスの前田真宏氏。
日経キャラクターズのインタビューで興味を持ってからこっち期待して見ていますが、おいらの琴線に触れまくりな作品です。
ダークでバイオレンスでミステリアスでエロスな世界、今後も楽しみです。


バッポ「貴方のお父様も男ってことよ」

結構エロい台詞で、ゾクゾクもんです。実は男の子と言うのを除けば(原作ではそうらしい)
彼女(彼)のCVは中原麻衣嬢がやっているのですがこれがなかなかにベストキャストでして、中田氏のダークボイスにひけを取らないインパクトを醸し出しています。
舞HIMEと言い巌窟王と言い、今期も良い作品に恵まれつつ己の才能を引き出しているようでその点も注目カモ。

メモ:74.80

● 2004年10月27日 (Wed) : PSPは19800円(税抜)
http://www.watch.impress.co.jp/game/docs/20041027/psp.htm

2万切ってキターーーーーーーーー・・って税抜きだけどな。
価格設定にかなり無理があることが伺えます。よく頑張ったSCE。

で、
http://www.square-enix.co.jp/games/psp/ccff7/

PSPでFF7が来た!キタ!キターーーーーーーー!!

もう買いです、絶対買いです、間違いなく買いです。幼馴染属性マンセー(マテ)。ただ、2006年みたいなので発売日購入は無いかな。多分お金ないし(笑)

メモ:74.75
Name:泥たぼお 悩みどころな値段設定できましたな。MGSAも出るし、真剣に欲しくなってきました。 ・・・2004/10/27(Wed) 22:06
Name:管理人 悩みますなぁ。とりあえず初期ロットは避けたいと・・・今は思う ・・・2004/10/27(Wed) 22:26
● 2004年10月26日 (Tue) : スクールランブル #4
裏表が無さ過ぎる花井君は良いやつだなぁ〜と思いました。
テレパシストと言う設定のヤクモンですがこの回を見てそう言えば「八雲のことが好きな人」限定だったのを再確認。とすると今月号のマガスペで播磨の心が初めて読めたのは・・・ぉぉ!良い伏線じゃ。
次回前半で原作一巻をようやく消化。3巻まではまだ遠い。

今週の沢近

弱っている沢近も(・∀・)イイ!!

メモ:74.90
● 2004年10月25日 (Mon) : 月末進行のはじまりはじまり
うわ〜、会社の中の空気が重い・・・今週はなるべく外に出ていましょ。
疲れたので寝ますZzzz

メモ:75.15
● 2004年10月24日 (Sun) : 静音化その後
とりあえずファンがやかましいのでPC-DEPOTに行って7センチファンを購入。
結果、効果覿面。キューブPC並みに静かになりお父さん満足です。
後なんとなく玄人志向のファンコントローラーをつけてみたのですがLEDはまぶしいわ、効果らしい効果は感じられないわで、オブジェとしてPCにとるつけるに留まっています。また無駄な買い物してしまた・・・_| ̄|○
● 2004年10月24日 (Sun) : 新潟中越地震
あの時間帯で大規模火災が起こらなかったのが不幸中の幸いなのかなぁと思いつつも、台風来るわ、地震来るわで心の休まる日が無いのでしょうね。
うちも初弾で震度4だったのですがちょうど車で暴力的運転中だったので気がつかず、家に帰って親に「すごい揺れだった」と言われてはじめて気がついた次第です。
早い復旧をお祈りします。
Name:suke あの時、丁度ガンダム種やってたんですが、地震のニュースで中断して ・・・2004/10/24(Sun) 23:19
Name:suke 2 ・・・2004/10/24(Sun) 23:19
Name:suke ちゃんねるはえらいことになってましたね。間違ってENTER押してしまって文章が分かれてすみません。 ・・・2004/10/24(Sun) 23:21
Name:管理人 なんかいつも以上に盛り上がっていましたね>2ちゃん。代替放送日はいつのことやら。 ・・・2004/10/25(Mon) 06:47
● 2004年10月23日 (Sat) : 静音の設備投資
ふと、CPUファンと電源を交換しようと思い立ち、某通販ショップで購入。5営業日以内に届くはずが8営業日も待たせやがってこの○○○○!とか思いつつもあさっぱらから換装作業いたしました。
今回購入したのはPCUファンがCypriumLiteで電源が音無しぃ(350W)両方とも静音性に定評がある(と言う評判)のものです。

で、結果。

電源はかなり静かになったなぁと言う印象があるのですがCPUファンはほとんど変わっていないような・・・いやこんなもんなのかなぁ。24dbだし・・・
ちょろちょろ調べて見たら「SPEEDFAN」と言うファンコントロールソフトがあったので導入。あれ?コントロールできない。さらに調べると衝撃の事実発覚

Cyprumのファンはコントロール不可 Σ(´Д`lll)

ファンだけ変えるかなぁ〜。
● 2004年10月22日 (Fri) : 月姫読本
おいらは月姫が好きで好きで好きで好きで堪らない人で、特に琥珀さんとか琥珀さんとか琥珀さんとかちょっとシエル先輩が大好きです。早くリファイン版の月姫でねぇかなぁとか心の片隅で思っちまっているほど好きなので当然先日発売されました月姫読本PlusPeriodを購入です。



過去に出版された「月姫読本」のりファイン版(当然持っています)なのですが歌月とかメルブラの設定資料とかTM陣のコメントとかが相当数追加されておりかなり楽しめます。
個人的には琥珀さんがイパーイ出ていたのでお腹いっぱいです。
あと、ファン投票関連も載っておりさがしたら自分のコメントも載っていて幸せ2乗ぐらいアップでした。
定価2500円でアマゾンでも扱っていますので是非是非。
● 2004年10月22日 (Fri) : 舞・HIME #4
おいらの中でイチオシ作品確定なサンライズ萌えアニメでございます。
戦闘にしても学園どたばたにしても作りこんでいるなぁと感心しちゃいます。気合がにじみ出てますね。
情報の出し方も自然かつ無駄が無い感じで悪い印象は今のところ皆無です。
今回は本編そのものからは外れた小休止話だったのですが


ちばさえなつき、可愛いよ、なつき便利な定型句だよなぁ

なつきが結構オモシロ娘さんだと言うのをひたすら象徴する話でして、実際オモシロ&萌え娘さんでした。
それにしても、仕草だけでエロチズムを表現してしまうサンライズ恐るべし(?)
● 2004年10月21日 (Thu) : 台風の後の長野県
長野県と言うところは山に囲まれている県なので他県比べると台風自体の影響は少ないと思います。
それでも雨に関しては少なくとも被害があるわけですが、それでも大体は野菜や果物などの収穫物がその最たるものです。
ですが今回は珍しく土砂崩れ大勃発交通自体に影響がでまして、前回の台風も19号線の一部が崩壊したのですがそれを上回る勢いになってしまい、


長野ー松本間のあらゆるルートが封鎖されるの図

これにJRの長野ー松本間もシボー状態で良い感じに終わっていました。
当然残ったルートで長野ー松本を行き来するわけですがこれだけ封鎖されていると当然大渋滞な訳でして、特に上田が。

えぇ・・巻き込まれてきましたとも

何でこんなときに限って上田に仕事があるんだか(ブツブツ
ちなみいまだ全然復旧していないのでしばらく凄いこと状態っぽいです。

メモ;75.65
● 2004年10月20日 (Wed) : HDD搭載のリナザウ
URL:http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20041015/sharp.htm

私は現状PDAとしてiPAQ(windowCE)を使っていますがリナザウにも飽くなき渇望を癒す対象として注視しております。
今回大容量データ保存メディアとして一インチHDDを搭載すると言う手に出た訳ですが正直かなり微妙です。
PDAに回転ものを内蔵しちゃうのはどうよと思うわけですよ。やっぱぶんまわす(ぉぃ)もんですから壊れる要因は出来るだけ無い又は外部がいいわけですよ。
でも正直4GBと言う容量は魅力的。確かに魅力的なんですがリナザウのスペックそのものが容量を活用するためのハードルをクリアしていないと思うわけですよ。HDDに大量にデータを転送しなきゃいけないのにUSBが1.1ってどうか思うし最低でも現在発表されているCEマシンが持っているような動画機能の強化が必要だったんじゃないかと。実際のところ買った人のレビュー待ちな部分もあるのですがあまり期待できないですよねぇ。
と言うわけで買うとすれば(買う予定無いけど)まだ860ですね。
● 2004年10月20日 (Wed) : CF-R3超軽量モデル
URL:http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2004/1020/pana.htm

1kg切っていながら最大9時間駆動する脅威のモバイルPCR3ですがHDDを1.8インチ化、バッテリーを6セルから2セルに変更する事により800gを下回る事に成功!
・・・て、スペックダウンしてまで軽量する意義を僕は感じません。ソニーに対抗して見せたと言うのが実際のところかなぁと思います。
まぁ2セル化はともかく1.8インチはマシンパワーそのものに影響あるからなぁ。
そういえば2ちゃんの住人の一部が2セル2セルうるさかったけど買うんだろうか。
● 2004年10月19日 (Tue) : ウルジャン11月号
今月号もバスタは載っていたので当然「今月のバスタ」はいきますが、ちょっとお時間下さい。
で、ちょっと軽く今号の感想。

B.リアクション!が当に打ち切り食らっていましたが、ウルジャンでもあるんですねぇ、ここまで露骨なの。あんまり人気なかったのねぇ。個人的には結構好きだったのだけど。やっぱ話自体が迷走気味だったのがいけなかったのかも。焦点見えなかったからねぇ。
ウルジャンだとCLOTH ROADがここ最近好きな作品でしてモデルとデザイナーを戦闘に持ち込むアンバランスと世界観が気に入っているんだと思います。もうちょっと戦闘シーンに迫力があると良いなぁとは思いますが。

今月は天上天下が休載で変わりにシャッフルのピンナップカードが入っていましたが、みなさん何をゲットしました?私は

未使用デザインゲットズサ━━━━⊂(゜Д゜⊂⌒`つ≡≡≡━━━━!!

単にこれが言いたくて書いただけな気がする(^^;;

メモ:76.05
Name:aro はじめまして、自分はAのポストカードでした。 ・・・2004/10/20(Wed) 12:36
Name:管理人 はじめまして。私としてはAかDが欲しかったクチでした。でもAのガラってどこで使っていたかなぁ。見覚えないんですよね。 ・・・2004/10/20(Wed) 22:28
Name:Mig しまった!忘れてた!!でも外は台風・・・シーンでてるかなあ? ・・・2004/10/20(Wed) 22:59
Name:管理人 早速ゲットズサ━━━━(゜∀゜)━━━━!!してください。で、ポストカードのゲット報告をw ・・・2004/10/22(Fri) 06:25
● 2004年10月19日 (Tue) : スクールランブル #3
天満がクルクル良く動いているのを見ているとふと「天満ちゃん、今のうちに動きまくるが良い。出番があるうちにたっぷりとな」と思わずにはいられない第3話、百面相しまくっていました。

3エピソードのはずがED後エクストラエピソードまで入ってちょっとお得な感じ。劇中劇「三匹が斬られる」のカットもやたら力が入っていてスタッフの本気度を感じずに入られませんでした。
パジャマパーティのネタってオリジナルかと思ったらしっかり単行本に収録されていました・・・意外と忘れているもんだなぁ。つか、7ページぐらいのネタをあの尺まで持っていくのって凄いな、ホント。

今週の沢近嬢

グハッ・・・・(ばたむん
● 2004年10月19日 (Tue) : らくえん(4)
最近このネタばっかだ。

おまけシナリオ「ぼくのたいせつなもの」コンプ(と言っても無選択シナリオですが)。
設定背景は主人公が所属する「ムーナス」と同じ会社に所属しているブランド「ミニミソフト」で開発されたゲームと言うことです。どうせなら「あいかわらずなぼく。」もやりたい。

本編「らくえん」とは本当に真逆な話でモノとしてのみ扱われる人工生命体「ケミカル」が当然のように存在する世界。ある日あこがれの同級生が実は自分へ臓器を移植するための「ケミカル」だったと言う出だしで始まる物語。
中々に悲しいお話で、突然自分の存在を否定された少女とその少女の体を使わないと生き延びれない少年の戸惑いと葛藤等が短いながらも丁寧に描かれていて、物語としてはこっちの方が上だったんじゃない?と言うものでした。ただ、前提にちょと無理がある気がしないでもないですけれど。

うんやっぱり「あいかわらずのぼく」もプレイして見たいぞ。
#出しかねないんだけどねぇ。
● 2004年10月18日 (Mon) : らくえん (3)
おまけシナリオ除き、コンプしたので総評みたいなこと。

全部で5シナリオ(先輩、後輩、双子姉、双子妹、某有名原画マン)あったのですが、個人的には某323元ネタの御守(みかみ)さんがツボすかね。

お姉さん系だし関西なまりだし天ボケだしなんか一番まとまっているEDだったし、と言う事で。一番最後にして正解でした。ま、ファン→ライク→ラブのシーケンスが強引と言うか今ひとつ意味不明だったのがアレですが、テキストと演出で楽しむゲームなんでそこはあまり深く考えない。
それにしても自分が(・∀・)イイ!!と思うキャラってメインヒロインから遠く離れたキャラが多いよなぁ、月姫の琥珀さんにしてもToHeartの綾香にしてもFateの桜にしても王道否定派なのかしら。

システムとシナリオの整合性と完成度はやっぱ最後までBクラス評価。冷静にシナリオだけ追うとひどい目にあいそうな気がする。
ただ、(2)でも書いていたようにテキストそのもののハイテンションなノリを楽しむものだと思うのであまりそのあたりは気にしちゃいけないと思います。

そんな訳で最終評価は85点。おまいらヤレ。

メモURL:http://www.moonearth.ath.cx/
劇中劇のOHP

メモ:76.40
● 2004年10月17日 (Sun) : らくえん (2)
ら〜☆(ちょっとクセになりそう)

相棒の可憐と後輩の紗絵が終了での感想。

テキストのノリに関してはやはりサイキョーと言う事でそれだけのためにプレイする価値大。

ただし、シナリオに関しては整合性が取れていなさすぎるのが結構つらい。WEBサイトの設定/背景説明と実際の状況が違うのはまだ許せるがシナリオ序盤ので提示されている状況と終盤でのおかれている状況がまったく違っていたり(このゲーム、時間的に終盤のものを最初に持ってきて巻き戻している)、会話の内容が食い違っているケースが少々ある等々、結構ずさん。
この作品の舞台背景が「てんぱっているエロゲメーカーのどたばた」なのですがそれを絵に描いて出来上がったもののように見える甘さがシナリオに見えます。

それでも気になるのはその部分と今時当然のようにある回想シーンが無いぐらいでそれに目をつぶれば演出はサイコーだし、テキストは文句なしだし、BGMヨサゲだし、って感じです。

さて、あと血が繋がっているだか繋がっていないんだか判らない双子の姉妹と、どうみても元ネタがちゃん様の3人。サクサク終わらせましょうかねぇ。
● 2004年10月16日 (Sat) : らくえん
URL:http://www.terralunar.com/products/rakuen/index.html

ビジュアルノベルと言う奴は結局のところシステム的な部分よりストーリー等のデータ部分が必要な「GAME」とは多少ベクトルがことなるところが肝になるジャンルです。
シナリオか、演出か、個性的なキャラクターなのか、それはそのソフトそれぞれのウリがあると思いますが、本日唐突にはじめてみました「らくえん〜あいかわらずなぼく。の場合〜」は圧倒的にテキストそのものがウリなんじゃないかなぁと思います。

いやもうねぇ、ヲタテイスト炸裂の小粋なトークは始終笑いっぱなしです。濃ゆいし、卑猥だし、下品だし、直接的だし、早口だし、ノンストップだし・・・と、テキスト見ていて全然あきません。
もうねぇ注釈つけて「キャラクターは全員18以上」書きながらテキストは「Φ学生」で音声は「ちゅーがくせい」だし。よくソフ倫通ったな、と。
後、ノリの良い声優さんたちのノリまくった喋りが良い感じです。いつもこういった音声付ビジュアルノベル系はじめると途中からスキップしまくるのがお・や・く・そ・く・♪なんですが、これに関しては今のところ音声しっかり聞かないとアカン!と思います、思わせます、思わずにはいられません。
テキストの節々に「以下略」と言うくだりがあるのですがたいていそのときは音声はその3倍しゃべっていますので下手に飛ばせないというのあります。

この面白さはやって見ないと中々に伝わらないのですが時に体験版やってみるといいかもしれません。

まだ多分序盤か中盤あたりだと思うのですが個人的に好きなシーンはコミケ(作中ではコミフェ)の紹介を行うクダリ。「ヲタ率99.998%、一般人率0%」
とかもうむちゃくちゃな紹介ですよ、サイコーです。
時にまだ一通りすら終わっていないのですがあんまりにもよろしかったので紹介して見ました。

ちなみに物語そのものは・・・うーん、まだノーコメント。

PS.
時折(いや、しょっちゅう)出てくるアイキャッチのSE「ら〜」が某ムーアニメみたいで好き。
● 2004年10月16日 (Sat) : 放送開始を迎えたアニメの第一印象を無責任に書く10月版 その8
グレネーダー
既に各所でオッパイリロードと呼ばれていますが、言いえて妙と言うのはこれのことかと

オッパイリロード


めちゃくちゃです。アニメだからってやりすぎです。すべてが無茶です。
内容的にはなんとも言えず〜。あのノリだと時期飽きそうかな。

げんしけん
やっぱこの作品を見ていると同属嫌悪ってやつが自動発動する模様で。見ていて部分部分痛々しいっす。
そんな事を感じつつ「あぁやっぱ俺ってヲタだよヲタ」とか思い数日前の日記に書いた変な文書を即デリですよ(どんな内容かは言わない)。
ヲタの生態を客観視するのは自己を見つめ直す点において重要なことなのかもしれません。自己認識と自己制御において・・・そんな感想しかでねぇよこの作品(笑

内容的な話すると併映のハズのくじアンがモロ劇中劇で本当に劇中劇だったらただの無駄遣いに見えるのですが・・・本編見たきゃDVDボックス買えってかい!・・・あこぎだなぁ。
今回フィギュアと版権かんけいでageが協力していましたがキッズ枠でみるとげんしけんの後が君望なのでなにか作為的なものを感じます。

一応来週も自己嫌悪にさいなまれつつ見ます。拷問か?この番組は。

Wウィッシュ
微妙。微妙すぎると言うか平凡すぎると言うか今更これ系ゲームをアニメ化する意義が見出せない。2年前ぐらいにやるべきだろうと。
ただ内容的に始まってすらいない気がするので化ける・・・?

Φなるあぷろーち
DQN女がひたすら強引に他人の生活を崩壊に導いているアニメ・・・原作導入もこんなに強引なんですか?
ギャグコメぐらいに見ると見れるかなぁって感じで物語として見ようとするとすでに出鼻くじかれた感強し。
● 2004年10月15日 (Fri) : 舞・HIME #3
サンライズ初の「萌」アニメです。作っている会社が「萌」アニメ言っているんだから「萌」アニメなんでしょうけど。



バハームト零式が来た!来た!キタ━━(゜∀゜)━━!!

やはり「燃」アニメですな。
いやもうねぇ、スクエニの世界ですよ。おいら大好きです、タービン回る奴。なんとなく当面はコイツ(ヒノガグチ)をどう制御していくかが課題っぽいですね。恋愛話は2クール以降っぽいなぁ。OPもその辺の描写はカスリ程度ですしね。
3話目ということでパワーダウンするのかなぁと思ったのですが、全然そんなこともなく良いテンションで進んでいると思います。
当座の流れとしてのHIMEとして受け入れる過程をあまり強引じゃない方面で進めて欲しいです。


こういったちょっとした仕草とかでの萌えを模索しているのだろうか、サンライズは。

メモ:75.40
● 2004年10月14日 (Thu) : お久しぶりの出社です
当然のごとく朝っぱらのテンション最悪でした(笑
なんか仕事たまっていると嫌だなぁとおもって行ったのですがあまりそんな事も無く普通に仕事できて良かったかな。
ただ、たのむから20時から会議っつーのはヤメテクレ。
うちの会社は17:30終業だから。
おかげさんでジムよって帰ったら23時でした・・・ネルダケダヨ。

メモ:75.80
● 2004年10月13日 (Wed) : アイロボット
実は今日も有給(流石に明日は出勤)だったので昨日に引き続き夕方に映画鑑賞に洒落込みました。
一瞬「デビルマンでも・・・」と思ったのですがそれは愚かな行為と自分を戒めアイロボットを鑑賞です。

素人的表現をするとターミネーター的なストーリーベースに攻殻機動隊のエッセンスが少々みたいな感じ・・・でもないか、人間とロボットとの飽くなき戦いと友情物語・・・だと語弊があるな・・・ま、とにかくロボット三原則をベースとした近未来アクションでした。
昨日鑑賞したヴァンヘルシングと違ってストーリーとか設定消化はきっちりやっていて1本の物語としてちゃんと完結していて良かたったですね。あと、サミーというロボットが中々に良い味を出していて終盤の彼の台詞やアクションは見所のひとつだったと思います。
難癖をつければアクションシーンに360度アングル回転があるのですが酔いそうになりました。あれはちょっと勘弁です。

前評判に違わず良い出来だったと思います。☆4つぐらい。

で、映画そのものとは全然関係ないのですが行った映画館が古くてねぇ。昨日行った映画館がそれなりだったのでちょっと施設の落差に落胆しました。せめて5.1chぐらい再現してくれ。いまどきサラウンドも無いだろうに・・これで1800円(1000円で入ったけど)とるのは詐欺じゃないかと思います、ホント。

メモ:75.80
● 2004年10月13日 (Wed) : 放送開始を迎えたアニメの第一印象を無責任に書く10月版 その7
焼きたて!!ジャぱん

さすがサンライズ

と言った感じでしょうか。名作ミスター味っ子もサンライズでしたし、今川監督じゃないですけれど同じ血を感じます。
馬鹿みたいに過剰な表現がこの作品の持ち味ですが第一話にしてしっかとその片鱗は見えたと思います。過剰表現の立役者の一人である黒柳が子安さんということもあり非常に期待値大です。
それにしても和馬の姉が非常にポイント高い訳だが次の登場はいつなんだろうか(原作流し読みなんで)

そいえば火曜18時からの1時間半のアニメタイムはスクラン→BLEACH→ジャぱんと中々に良い作品ぞろいで今後も楽しみなのですが、よくよく見ると、マガジン→ジャンプ→サンデーと各社そろいぶみだったりしてある意味戦いの場みたいなところだったりして。

To Heart 〜Remember my memories〜
ToHeartと言うと思い出すのが九州の友人に始めてIRCでこの作品を薦められた時、絵が好みじゃなくて食わず嫌い発言をしていたを今でも思い出します。それが今では好きな作品の上位にあると言うのですから食わず嫌いは悪と言うのをつくづく思うばかりです。
前作アニメの続編(のはず)の当ToHeartですが前回とは心機一転、かなり前作よりなキャラクターデザインになっており結構賛否両論が出ているのですが個人的にはすでに慣れている絵なので特に違和感とかは無い感じです。
中身のほうは可もなく不可も無くと言った始まりでしてキャラ紹介を少なからずやらなければいけない初回とすれば妥当かなと思います。マルチが出てきたラストシーンからが本番と言うわけで次回からの展開が見ものです。なにせ原作の後日談と言う設定のアニメってあまりお見受けしないですし。このあたりは自由にやれる分、製作陣の力量が問われるかなと思います。
とりあえず私としてはまず来栖川綾香を出せ。話はそれからだと言った所ですか。
とか書きつつすでに2話目も見ているので綾香の登場に狂喜乱舞していたりして(笑
ちなみに2話目の話もしちゃうと中々に「ToHeart」しているなぁという感じ。このあたりの「らしさ」が出ているかどうかって今後の展開をみるのに結構重要なファクターでそのあたりでは今後も楽しみです。綾香〜
● 2004年10月12日 (Tue) : スクールランブル #2
あ”あ”あ”あ”あ”〜

ところどころ笑えるんだけど原作でも序盤はあまり好みじゃない私にとっては今回はいまふたつな感じ。いや、アニメスタッフはとっても忠実にうまーく料理しているとは思うんですけどね。なにせ元々が・・・やっぱりシャイニングウィザードはまではじっと我慢の子くぁ!

今週の沢近嬢

ムキになっている沢近もかわいいよ沢近(またかよ

メモ:76.05
● 2004年10月12日 (Tue) : ヴァンヘルシング
本日有給だったので今更ながら見に行ってきました。
さすが、上映最終週の平日の夕方だと人がいないいない。私と後もうひとりだけで、完全な貸しきり状態でした。

以前からマイブラザーに「悪魔城ドラキュラ」とは言われていたのですが当にその通りでした。伯爵、狼男、フランケンシュタインは当然のこと背虫男(みたいなの)、半魚人(らしきもの)まで出てきてあとはベヒーモスと死神がいればパーペキだったのに状態です。
惜しむべきはでかい十字架をぶん投げるのを激しく期待していたのですがそれが無かったことかな。

作品そのものとすればアクションとして見ればかなり面白い部類だったと思います。縦横無尽に動く動く♪アングルとかカットとがとても見やすく見ていてストレス全然溜まりませんでした。よくあるじゃん、変にアングルをグルグル変えてスピード感だそうとして逆に失敗しているのとか(どれは言いませんが)
ただ、物語として見ると謎を投げっぱなしで終わらせ過ぎているなぁと言う感じ。ヴァンヘルシングの過去とか正体とか因縁とか完全にほったらかしで目の前の事だけ終わらせてしまったのがあまりにも・・・ガ○○○ルってあんだよ!
明らかに続編作るような作りだったので追々わかってくるんでしょうけど。それがとても残念でした。

でも結構お勧め作品です。
● 2004年10月12日 (Tue) : あんてな
URL:http://a.hatena.ne.jp/megu_j/

ほとんどメモなんですが。
いつもWEBサイトを巡回する時はWWWCか知り合いのリンク集を見ながら行っています。WWWCは便利この上ないのですが外から閲覧するときはやはりネット上に更新情報があったほうが何かと楽です。
そんな訳でよく皆さんが使われている「はてなアンテナ」を導入してみました。特に知り合いのWEBサイトを覗くときなんか人のあんてなたどるより自分でカスタマイズしてある奴のほうが楽ですしね。カテゴリー分けできるので色々便利だなぁと導入してからおもいました。
現状登録してあるのはWWWCに登録してあるやつをそのまま移したやつです。カテゴリーとかは結構いい加減なんで突っ込まないように。
● 2004年10月11日 (Mon) : 放送開始を迎えたアニメの第一印象を無責任に書く10月版 その6
ブラックジャック
7時と言う時間帯に危機感を感じながらも楽しみにしておりました。
今回はSPと言うことで2話放送。やっぱ時間が時間なのでオペ描写もうまく隠しているのが非常に残念なのですが物語そのものは原作に結構忠実でした。
さすがにいきなりピノコの誕生話をやる訳にはいかないようで比較的マイルドな話を2本でしたがエピソードの多くがエゲつないこの作品、どう料理していくのか非常に興味深いところです。
とにかく、ピノコが宇多田ヒカルじゃない事が一番うれしかったです(笑
Name:ss IRCで友人と話しながら見ました。この雰囲気でキリコ出せるのか!?というのと、BJの声を聞いてると某メタルギアなFLASHを思い出して真面目に見れぬというのが共通の意見でした;; ・・・2004/10/12(Tue) 12:47
Name:管理人 OVA時代から大塚BJは聞きなれておりますのでむしろ彼じゃないとダメな私です。しかし大塚さんと言うと私はスネークよりガトーなんですけどね。「ソロモンよ!私は帰ってきた!」と言う台詞つき(「まるでジオンの魂が形になったようだ」でも可) ・・・2004/10/12(Tue) 22:02
● 2004年10月11日 (Mon) : PLUTO #1
時々立ち読みで追ってはいたんですけれど結構(というかほとんど)見てない話が多いので単行本を購入しました。

簡単に作品の背景を書くと原作はいわずと知れた手塚治虫の「鉄腕アトム」の中の1シリーズ「地上最大のロボット」編。
巨大ロボットプルートが世界中の最強とうたわれるロボットたちを襲い最後にアトムによって止められる流れです。
原作自体は見たことなく記憶にかすかにあるのは2回目のTVA版ですが、事実上すっかり忘れているエピソードです。

原題は鉄腕アトムなのですが今回の主人公はアトムではなくロボット刑事ゲジヒト(マザーと叫ぶアレではない)の視点から追っていくサスペンスものに仕上がっておりアトムとはまた違った雰囲気の作品に仕上がっているなと思います。MONSTER色が強い印象です。
個人的に一巻に収録されている元戦闘ロボット「ノース2号」と人間の悲哀に満ちた触れ合いがなんとも物悲しくて印象的でした。
後、そのエピソードに出てくる「もぐりの日本人医師」と言うのがあからさまにBJでちょっと笑えたところも併せて。
巻ラストにアトムが出てくるのですがこれまた我々の慣れ親しんだあのアトムとはかなーりイメージが違っており、作品そのものの完成度以外にも相違点を楽しむと言う意味でも2巻以降も楽しみな作品となりそうです。
● 2004年10月11日 (Mon) : 劇場版デビルマンのお話
と言っても見に行ってはいないんですけど。
先週よりいよいよ公開されたのですが試写会の大方の反応どおり、どこを見ても阿鼻雑言の地獄絵図な感想ばかりでたまに絶賛のコメントがあると思うとFLAMEのファンのみと言うお約束だったりします。
何かひとつぐらい良いものがあっても良いだろうと思うのですがどうにも「全て駄目」らしくもう笑うしかない状態みたいです。
ここまで叩かれると逆に見に行きたくなる怖いもの見たさ根性が発生しているのですが高確率で駄目だとわかっている作品に2000円近い金額と2時間近い(移動時間等を考えればその倍近く)時間をかけてまですることかと思うのでビデオ待にしておきます。

しっかし東映もなにやっているんでしょうかねぇ・・・と、ふと記事漁りをしていたら昔なつかし「ガンドレス」も東映のようでして・・・なにか悲しい思いで納得してしまうのでした。
作品そのものはやっぱ見てからじゃないと語る資格はないと思いますのでいずれ見たときたっぷりと
● 2004年10月11日 (Mon) : 蒼穹のファフナー(14)
やーっと面白くなってきたなぁと言う感じです。ちょっとグダグダが長すぎたかなと思いますが今後がよければとりあえず好しでしょう。
シチュエーションとか描写がエヴァに似ているとはよく言われるし私も思わないわけでもないのですが(初回の感想でそういっているし)、キャラクターの葛藤やら異生物体のコミュニケーションやら謎掛けなんてものは古今東西のアニメーションでは「基礎」的なファクターであって、それが過剰に露出したものを「エヴァ系」と見るのはどうなんだろうと最近思わないでもないです。
エヴァと比較したときに明らかに前向きな人々が登場するこの作品はエヴァとはまた違う路線なんじゃないかと今では思っています。

さて、今回コアに封印されていた女の子がついに出てきたのですが意外と良い感じの不思議キャラっぷりを発揮です。つか、赤髪じゃなかったのか。
同化している一騎ママとのご対面も次号いよいよ本番ですし(こういう所が「エヴァ」的っていわれる要因なんですけどねぇ)結構目が離せなくなってきましたよ。
● 2004年10月10日 (Sun) : ウィルスメールが私のメアドで来たよ
と言う親切なメールが来ました。
いまどき親切なかただなぁとか思いつつも、いまどきのスパム系なんて送り元はほぼ100%改竄するんで送っても無駄なんだよなぁと思います。
あえて元を探すとなると可能性とすれば私のメアドと送ってきた彼のメアドを両方登録している第三者と言うのがとりあえず目先の目標となる訳ですがそれを探し出すのって結構大変です。うちのメアドってオープンなんで。

実際のところこういったメールを防ぐ方法はPCの自己管理に尽きるわけですよね。良くプロバイダーのメアド&WEBウィルスチェックしているから大丈夫と言っている方がいらっしゃいますがそれは大きな間違いでネットワークの入り口(の一部)を固めても無駄無駄無駄な訳。PC内の監視をやらないとまずなにがしかで感染すると理解しなきゃいけないのだけれど、それが分かっている人って結構少ない。それが現実だしだからこんなにいっぱい変なメールが横行しているわけですよね。
自分のメアドにも毎日大量のウィルス付メールが来まくる今日この頃、早くなくならないかなぁ。
● 2004年10月10日 (Sun) : 放送開始を迎えたアニメの第一印象を無責任に書く10月版 その5
ローゼンメイデン
あんま何にも考えずとりあえず一話だけ、のつもりで見てみたのですが

結構面白いやんけ!

といった結論で。
そこはかとなく高圧的なしゃべるアンティーク人形と戦闘用エネルギー回路のヒッキー中学生の戦いの日々ってな感じでしょうか。
FATE+ガッシュベルみたいな構図だなと思いました。ただ主従関係が二作品とは違っていますけどね。MOON PHASEもそうですが最近は少女が男を奴隷にするというプレイが流行なんでしょうか。世も末期ですね(笑
個人的には作品の世界観よりもこのヒッキー少年が真紅とのふれあいでどう成長していくかが興味深いところ。

双恋
ごめん、僕にはこれの感想を書く資格がありません。だって、
オープニングで挫折したから
普通OPでやめようとは思わないのですがヤバイ臭がガンガン感じてきて、あえて見るもんでもないだろうと・・・。つか、良くCMで見るイラストと全然違って見えるんですが。

巌窟王
日経エンタに載っていた前田氏のインタビューを見て興味をそそられた作品です。
巌窟王の原作は未見ですがインタビューで背景みたいなのは見えたので一応基礎知識付の状態での視聴になります。
服の彩色を服に固定するのではなく画面に固定させることによって面白いイロが出ていて一種の映像ドラッグ的な効果が出ています。あぁいった表現全体的なバランス調整が難しいと思うのですが違和感は無かったです。
3人の死刑囚のうち一人を免罪する「ゲーム」は中々に人の心理の弱さをついているなぁと思いますしその描写が危機的で緊迫感があったと思います。
全体的にアダルティックな創りをかなり意識している作品なので今回の新作の中でもかなり映像的異彩をはなっているなと思います。
一話見る限り、楽しめそうな一本です。
● 2004年10月09日 (Sat) : ガンダムSEED DESTINY(01)
まったく期待していないで見ていたせいなのかやっとガンダムの扱いと言うものを理解したのかハガレンで刺激されたのか分かりませんが結構見れました。それ以前に無印時のような状況説明があまりいらないのでいきなり本題に突入できたのが最大の要因かもしれませんが。

OP,EDともにそうですが「こいつはSEEDの続編なんだぜ!」と言いたげな構成の同一化は良いんだか悪いんだか微妙ですが「帰ってきたぜ癌種」とは思いました。でもあれだよね、ただでさえ判別不能なキャラクターがいっぱい出てきているのにさらに増えちゃってもう誰が誰やらって感じなんですが。乗っているガンダムで判別・・・っていってもしょっているもの以外あんまりかわりなさげだし。そうそうガンダムって言えばインパルスガンダムでしたっけ、ZZガンダムよろしくまったく空中合体する意味を見出せないんですが。VGのブーツ特攻、ハンガー特攻みたいな事を今後してくれないと困ります。つーか、普通にZタイプ出せば良いのに。もっとスタイリッシュなMS希望。

第一話のもっとも衝撃的だったのはやはり池田秀一参戦ですか。やっぱそのうちどっかで大演説ぶちかましてしまうんでしょうか。そういえばシャア声のこの人見ている間中「みたことあるなぁ」と思っていたんですがもしかしてASTRAYで出てきた人ですかねぇ。うろ覚えなんで自信ないんですが。あとプチ衝撃は第一話早々スプラッタなところですか。今回も残虐描写いっぱい出しますぜと言わんがばかりでしたね。

桑島の外のお嬢はやっぱりと言うか不思議はっちゃけキャラの模様。すでに彼女のお家芸なのでしょうか(笑。なんか主人公君と絡みがありそうなので早々のエロシーンを期待

色々突っ込んでいますが前述どおり結構みれるかなぁと思いましたので来週も見たいと思います。

今週の1ショット

セクハラから始まる恋物語もまた一興
● 2004年10月09日 (Sat) : OSI12階層モデル
URL:http://blog.goo.ne.jp/ikkoan/e/9d14affecb4e354dedfa7bd24efb7fa7

なんつかねぇ・・・思ったさ・・・この階層モデルを

うちの会社の幹部連中に見せたい!

と。
Name:泥たぼお どうにも最近、モチベーション層に障害が、、、 ・・・2004/10/09(Sat) 19:08
Name:管理人 アドレナミン分泌でガン( ゜д゜)ガレ ・・・2004/10/10(Sun) 00:18
● 2004年10月09日 (Sat) : 台風が今日の夜から暴風圏
なので明日の6時には東北に抜けちゃう模様。と言うことで、

行くぜ東京!

おいしいところを知っているY氏に店チョイスをオネガイしているので今から楽しみだ。


追記
諸事情で中止です_| ̄|○
● 2004年10月08日 (Fri) : 放送開始を迎えたアニメの第一印象を無責任に書く10月版 その4
BECK
俺の中では月マガシリーズ第三弾のロックバンドアニメ。今回もヅラと巨乳とピサの斜塔が見れるかと思うとおらワクワクするぞ(違
今回の製作スタジオがマッドハウスと言うことでクオリティに関しては折り紙つきだと思うのですが原作画と比べるとアニメは少々崩れている感じ・・・いや、むりと崩している感じがします。
似ていると言うには語弊があるかもしれませんがSEGAのJET SET RADIO的な匂いがします。わざと画を崩す事によってアングルや動きを効果的にしている様な印象。あ、書いていてもっと近いものを思い出しました。ガドガードのED、あれだ。
興味深いのはこゆきのヴォーカルにつきるかなぁ。漫画では当然音声が無いので「綺麗」と言う印象はあるのですが実際どういう音質の代物かは分かりません。そのあたりをアニメではどう表現してくるのか。逆にここがこの作品の良否を決定する分岐点な気もします。

メモ:75.15
● 2004年10月07日 (Thu) : NDSで・・・
FFIII発売決定キタ━━━━(゜∀゜)━━━━!!

俺にとっての待望の一本、俺にとってのキラーソフト、買うさ!もう決まりさ!多分。
しっかしやっときましたかFFIII。またあの極悪クリスタルタワーに挑めると思うと・・・(((( ;゜Д゜)))ガクガクブルブル。
後はFFVIIをPSPで出してくれれば完璧だ。

メモ:75.15
Name:泥たぼお 「逆転裁判」もNDSらしいっす。DS買う気ないからできればPSPにして欲すぃ、、、 ・・・2004/10/08(Fri) 06:35
Name:ふらうど 嘘だ!信じない、発売されてこの手に取るまでは絶対に信じない!何度FFIIIの情報にはだまされたことか (´Д⊂ ・・・2004/10/08(Fri) 23:10
Name:管理人 今度こそ出てほしいですねぇ。個人的にも出るならやっぱりPSPで・・・とは思います。でもNDSの方がおもしろそうなソフト多い気もします。たとえば「きみしね」とか ・・・2004/10/09(Sat) 08:59
● 2004年10月07日 (Thu) : 放送開始を迎えたアニメの第一印象を無責任に書く10月版 その3
サムライガン
俺の知ってるサムライガンはウルジャンでやっていた頃のヨーロッパっぽい(ぉ)所でエロ活躍していたのしか知らないので、実は日本が舞台のがあったのにビックリです。
なんか、義賊っぽいと言うか必殺仕事人みたいな設定なんですね。まぁそれは良いとして女性陣がなんか知らんがエロい。吉原っぽい(ぉ)ところが根城みたいなせいなのかもしれませんが艶々っすよ、主人公がいつも行っている花魁の女の子が好みです。しかし、そういうところにかね払って行っているのに手を出さないってありえねぇ。
そのほか全面的にフェロモンが出まくっている作品でした。なんか話そのものよりそっちのほうがインパクト強かったです。
● 2004年10月07日 (Thu) : 週末東京にでも行こうと思った
そう思ったらみんな関西でスターチャイルドのイベントに行くらしい。みんな元気だな。
つか、東京行こうと思うとみんな何故か関西に行っているのは何故だ。罠か。
それでもみんながみんな関西に行っているわけじゃないのでいる人みつけて遊びたい(つか呑みたい)と思っているのですが

週末は台風直撃

ウワァァァンヽ(`Д´)ノ。
土曜まで様子見よ。
Name:たくみ ちなみに、来るならいつからいつまでどんな感じ? ・・・2004/10/07(Thu) 13:10
Name:管理人 たぶん日曜日中で月曜は朝帰りかなぁ(帰りはどうにでも ・・・2004/10/07(Thu) 13:56
Name:ぼたん どうせなら、たまには神戸に来て下さいよw ・・・2004/10/07(Thu) 23:43
Name:管理人 一瞬行こうと画策して高速バスみたら満席でした・・・残念。 ・・・2004/10/08(Fri) 06:32
● 2004年10月06日 (Wed) : シリコンオーディオプレイヤー
月初に「最近スポーツクラブに行ってます」とのたまわりましたが、黙々とやっていると時間の経過が非常に遅い(特にランニング時)のでメディアプレイヤーは必須です。現状はMuVo2 4GBを使っているのですが運動時のHDDプレイヤーって危険なので別途シリコンのものを購入です。
購入したのはNOMAD MuVO TX、256MBタイプのプレイヤーです。お値段そこそこ(送料等込で11000円)で評価もそこそこだったのが決定理由ですかね。
使い勝手は本日着いたばっかりなので良く分かりませんがMuVo2に比べたらはるかによさそうです(苦笑
で、早速曲を突っ込んだのですが256MBって入らないですね(T_T。60曲も入らなかったです。ま、長時間聞いているわけでもないのでこんなもんでかまわないのですがちと残念。

メモ:75.25
● 2004年10月05日 (Tue) : 放送開始を迎えたアニメの第一印象を無責任に書く10月版 その2
月詠〜MOON PHASE〜
いや、なんだ・・・オープニングにとにかく唖然とした
電波とかそんなレベルじゃないよ・・・洗脳?妄想具現化?そんな感じ。
事前知識ゼロで見てるので一話みた限りではさっぱりですが和洋折衷な怪奇もんな感じですかね。吸血鬼とか陰陽とかだし。
後、テレ東とは思えんエロ描写がすごかった・・・ただ個人的にはちっちゃい女の子じゃないほうが良いんだがのぉ。
この時間帯、GUNGRAVE→MADRAX→MOONPHASEと確実に燃えから萌え方面に緩やかシフトしております。とりあえず来週以降も視聴予定。
● 2004年10月05日 (Tue) : スクールランブル #1
始まりましたよアニメ版スクールランブル、略してアニスク(仮名)。原作付のアニメ化は常に良い製作陣とスポンサーに恵まれるかにかかっているわけですがこの作品はどうでしょうか。

一話見る限り当たりかこんちくしょう!て言う感じです。みごとだスタッフ陣と手放しでほめたくなりますねぇ。原作はやはり誤爆&シャイニングウィザード以降が肝でその前はまぁ前座程度・・・と見ておりましが一話から良い感じですよ。ずっと笑ってました。
あそこまでテンポが良いと見ていて安心です。2話以降もあのノリで是非よろしく。しっかしこの配役、ある意味中の人の現状を表しているような気がしないでも(^^;

今週の沢近

沢近、かわいいよ沢近、以上。

メモ:75.35
● 2004年10月04日 (Mon) : ウィルスソフト色々
昨日IRCでちとウィルスソフトの雑談(というか私が一方的にくっちゃべっていた気がしたが)が出てきたので書いてみます。

一般的にウィルスソフトと言うとシマンテック社の「ノートンアンチウィルス」とかトレンドマイクロ社の「ウィルスバスター」がメジャーで後よくホームPCにインストされているのでマカフィー社の「マカフィー」が有名どころです。
個人的にこの3者の評価ってノートンが「高機能だが重い。設定が複雑なので素人にはお奨めできない。さらにノートンセキュリティを載せた日には目も当てられない」、バスターが「一般的で妥当。ただパーソナルファイアーウォールはデフォで切るのが吉。つか、切っとけ」、マカフィーは「いまいち評価し辛い。ただ統合タイプのファイアーウォール機能は癖がありすぎるので入れないのがよさげ」と言ったところでしょうか。
そんな私はキヤノンソリューションの「NOD32」が今のところお奨めソフトかなと思っています。ファイアーウォール機能等がなく純粋なウィルスソフトなのですがそれが故に早くて軽い。全体検索がシステム部で3,4分で終了するし、リアルタイム検索も他アプリに比べて負荷が軽い。なんといってもインストールが激早。私としてはウィルスソフトと言う奴は端末に絶対入れなければいけないソフトだと思っているけれど逆に余計な負荷は可能な限りかけるべきではないと思っているのでNOD32は自分的にベストチョイスなんですね。細かいことは当WEWBサイトでも見てください。
そんな私はフリーのウィルスソフト「AVG」を使っているんですけどね(笑

追記:共有等のLAN構築しているを前提に語っていますのでオンリーとかダイレクトの方は無理に切らんほうが良いかもしれません。ただアプリケーションのFWしているソフトとかってしょっちゅう許可/不許可のお伺い来るからしまいには何やっているかわからなくなんだよねぇ。SP2のFWってどうだっけ?

メモ:75.40
Name:Mig マイクロ社のをつかっているのですが、ファイヤーウオールは切ったほうがいいんですか。勉強になりました。そちら方面はてんで無知 ・・・2004/10/05(Tue) 22:53
Name:Mig なので。これから切りまーす。 ・・・2004/10/05(Tue) 22:54
Name:管理人 いやいや、個人使用している方は無理に切らないほうが良いですよ〜。LAN組んでいるのを前提で語っていましたので ・・・2004/10/05(Tue) 22:56
Name:Mig いやはや失礼いたしました。勉強します。 ・・・2004/10/06(Wed) 01:51
Name:管理人 こちらが言葉足らずでした。ごめんなさい^^; ・・・2004/10/06(Wed) 06:18
● 2004年10月03日 (Sun) : 最終回を迎えたアニメの最終感想を簡単にコメントする日記 9月版その5
爆裂天使
ストーリーも山とかもあったんだけど何かものたりない作品でした。1クールあれば十分作品として成立している内容を2クールもやっていたせいなんだろうなぁ。単純にGONZOの技術博覧会みたいな作品でした。あと最後の最後がワケワカラン。

ギャラクシーエンジェル
第四期の今回で一応のラスを迎えるということで実は劇中劇でしたと言うことで片付けたのがGAっぽいなぁと思います。原作(?)にあたるゲーム版はかなりシリアスらしいのですが実はゲーム版で記憶を失った彼女らがアニメ版につながっていく・・・とかちょっと思ったりして。基本的に単発もののギャグアニメでしたので良い回もあれば悪い回もありましたが総じて面白かったかなと。最終話のエースをねらえやガンダムパロとか最高に笑わせてもらいました。
☆4つ。

MADLAX
先ほどラス5話流し見しました(^^;
マーガレットとマドラックスが分裂した同一人物でお人形も最後は妹として現存化して・・・あぁ彼女の周りは不思議空間で満ち溢れていてちと強引過ぎませんか、黒田さん。
とにかくこの作品は私的には「ヤンマーニ」が全てです、以上。
● 2004年10月03日 (Sun) : GIRLSブラボー
URL:http://www.wowow.co.jp/wowani/news/05/

WOWOW枠で2ndキタ━━━━(゜∀゜)━━━━!!

つか、はじめからそうしろ。むしろいまから1stの無修正版を流してしまえ。しかしWOWOWは萌えアニメしか放送出来んのだろうかと思ってしまう訳でして。
● 2004年10月03日 (Sun) : LinkPlayer
IOデータから先日発売されたネットワークメディアレコーダー「LinkPlayer(AVLP2/DVDG)」を購入。
同じ土台のレコーダーは数社から出ているのですが前機の評判を聞く限りIOが一番みたいでしたのでこちらをチョイス。
こいつの一番の旨味はやはり現状メインPCを立ち上げてTVに画像出力して視聴していた動画を専用ハードを使うことによりわざわざ立ち上げなくても良い点でしょうか。PC上にサーバーソフトを走らせないといけないと言うのがありますがそれは常時起動しているサブPCにやらせればいいので。ちなみに動画はLinkStation(ネットワークハードディスク)で別保存です。

最終調整との鬩ぎ合いの中出荷されたらしく買って早々にファームウェアをあげないとDivX等々の再生に難ありまくりです。適応させてしまえばかなり安定しますけれど。
ここ一日使ってみた感想はリモコンのキー配置がもうちょっと考えろ!と言う点と結構DivXやWMVのフォーマットに制限があるなぁと言う点以外はかなり使えるかなと思います。特にMPEG2の動画制御がいままでままならなかったのがスムーズに行くようになった点は感涙ものです。これで心置きなくCMが飛ばせる(^^;

動画ファイルの制御用サーバーはいまいち使い勝手が悪い(ファイルに到達するまでの肯定がちと深い)のでフリーで流れているサーバーソフト「UZU」を使っています。
こいつもデフォだとちと使いにくいのでレイアウト変更が必要ですが使いやすいフォーマットがアップされているので今はそれを使用中です。
リモコンのほうもとっとと学習リモコンに登録したのでだいぶ楽チンですし。
後はファームをバンバンあげてもらってどんどん使いやすくなってもらえれば文句なしかな。
● 2004年10月03日 (Sun) : マリア様がみてる〜特別でないただの一日〜
アニみて見ているせいで冒頭の「けがれを〜」のくだりは脳内植田佳奈が鳴り響いておりました、17冊目のマリみてです。
いつもは購入後数日〜数週間は放置しているのに珍しく購入当日に読破しました。多分この週末に読まなきゃしばらく読まなかったでしょうが。

ほんちゃんイベントに向けての前哨戦というか嵐の前の静けさと言うかそんな感じの一冊。相変わらず祐巳に対して過敏に反応するドリル娘こと瞳子ちゃんが初ぃ〜です。私はこのやりとりが見たくていまこのシリーズを読んでいるといっても過言ではないです。だから可南子ちゃんが妹になったら読まなくなるかもしれません(ぉ
可南子ちゃんと言えば今回彼女に関する超設定が出てきて驚いたというよりポカーンとなった口なのですが、皆さんはどうだったでしょう。
ある意味しっかり前ふりをした上でのものだったので反面「巧いなぁ」とも思いましたが。いやもうねぇ、私も高校生の(ry

さて、次巻で決着はつくのかはたまたこのまま4巻ぐらい引っ張るのか・・・個人的には次々巻ぐらいでの決着希望。
● 2004年10月02日 (Sat) : 鋼の錬金術師(終)
いい終わり方だ、いい終わり方だったよ、あぁいい終わり方だったともさ。
だが、

ウィンリィとエルリック兄弟の関係放置は納得いかねぇ!

もっとラブとかコメとかイチャイチャをくれ。ホークアイでお茶を濁すなぁぁあ!劇場版では是非!

全51話、なめくさった怪盗の話を抜かせばパーペキな作品でした。ここ一年半、カレイドスター→ハガレンと極上4クール作品がみれてとても幸せだったです。今後もそんな作品を熱く希望。
とりあえず、次週からのガンダムSEEDにはそれを期待してませんが。
劇場版って来年の夏なんですよねぇ。なげぇよ。せめて春ぐらいでオネガイ。

PS.
桑島の外の人、ハッピー生き残りおめでとうございます。最近生存率高いみたいなので癌種運命もいきのこれ・・・るか?
#でも時の涙は見まくりそうだ。

メモ:75.80
Name:ぼたん ハガレンはラブとかコメとかはやらずにシリアスで通したのが良かったと思うんだがね。 ・・・2004/10/02(Sat) 23:05
Name:管理人 個人的願望ですのでよしなに。流れとしてはこれでよかったと思います。 ・・・2004/10/03(Sun) 07:32
● 2004年10月02日 (Sat) : 放送開始を迎えたアニメの第一印象を無責任に書く10月版 その1
舞HIME
中原麻衣嬢の声質と演じるキャラクターは個人的に好きななので彼女がヒロイン(つか主人公)張るのは好。
テレ東には珍しく妙にエロチズムに気合が入っているなぁと思ったらサンライズ初の萌えアニメだそうで。がんばってくださいサンラ伊豆。
初回見る限りは剣持ったねーちゃんの振り回し加減が重量感爆発で好印象。やっぱエロイの前面よりカッコイイのを前面にと思います。
● 2004年10月02日 (Sat) : 最終回を迎えたアニメの最終感想を簡単にコメントする日記 9月版その4
ラグナロクオンライン
いや、最終回しか見ていないので感想かく資格も無いのかもしれませんけどね。
ただ、WEBサイトで軽いあらすじと今回を見ただけで事実上すべて理解できた(っぽい)ので見てなくてよかったなぁ〜と(ぉ
最終回は急ぎ足な感じはありましたがきちんと終わらせていたのは好感触。ただ、両手剣のお兄さんが死亡した上にラスボス復活の手助けをしてしまったという正に「無駄死」を体現してしまったのがどうよと。実際のMMORPGが無駄死にまみれと言う現実を見れば正しいのかもしれませんが。
● 2004年10月01日 (Fri) : 最近はじめたもの
スポーツクラブなるものに通い始めてます。
ここ数年運動らしい運動なんざしてない事に危機感を感じつつ生活していたのですがいよいよ現実味を帯び始めた予感を感じ、幸い入会金無料のキャンペーン中だったので入会しました。
一応9月頭ぐらいからはじめているのでそろそろ一ヶ月です。
通うにあたってトレーニングメニューなるものを作るので体力測定をしたのですが

_| ̄|○ モウダメポ...

結果を見た瞬間、愕然としたと同時に決断してよかったと思いました、マジで。
現状筋力トレーニングとか有酸素運動をメインにやってます。
20分そこそこ軽いマラソンしただけで汗ダクダク状態なので自分が如何にやばげな体力だったかを実感する毎日でございます。
はじめのうちは終わるともうバタンキューで翌日までボケボケと引きずっていましたが最近は朝っぱらにちょっと引きずっているだけで何とかなるようになりました。
それにしてもトレーニングでの体重減ってなかなか出来ないものなのですね・・・ヘラネェヨ。
あぁ・・いつまで続くやら半年はがんばりたい(志が低い)


- 一覧へ -