BACK

BASTARD!!やそれに関連した様々な情報をコメント方式で紹介しています。
つまり「雑記」(笑
※結構辛辣だったりおちゃらけてますが「愛」故です(と、言い訳)



04/11/23 ワンコインフィギュア、ついにお目見え アイテム
今まで散々言っている様な気もしますがフィギュア関係はS.I.Cの「匠魂」以外はこれと言って興味を示さない人です。時々、限定版につられて雑誌の付録やら単行本の付録やらのをゲットしますが基本的にはイラネな人です。
そうそう、雑誌の付録関係と言えばアフタヌーンなんかその最たるものでして、いつもはパラパラと立ち読みで済ます(良い子はまねしてはいけないらしい)、のですが付録の時は縛ってあるので買ってきます。そうして気が付くと「3女神フィギュアセット」がそろっていると言う・・・あぁおそろしや。

さて、そんなフィギュアはどうでも良い人でもバスタだと話が違います。23巻の時も事前にあれだけダメだと分かっていて初回版買っているバカですから。でも爆乳大元帥様Ver2なんつー7千円もするようなものはさすがにては出せないチキン野郎でもあります。
そんな中、来年の1月に今コンビニで嫌がらせのように売られている500円フィギュア、通称「ワンコイン」フィギュアとして発売されるようです。


白黒の上、画像サイズが今ひとつなのでその造詣たるや確認しきれないところですがラインナップに四天王全員じゃなくてシーンとカイを入れてくるあたりはさすが分かっているよ、コンチクショウと思いつつもアビちゃんや伯爵様も捨てがたいと思うしだいです。
・・・・・とか思っていたらカラーありました。乗っけませんけれど見た目悪くない・・・いや、ちょっと心配かもしれない。
えっとちなみに原型師は
DS&ガラが岩倉圭二氏、女性陣4人が徳永弘範氏、シークレットキャラが白髭創氏・・・と、さっぱり分かりません。分からないのでググって見ました。イメージでググりましたので参照してください。
個人的にはこれをみてさらにちょっと心配だったりします。
買うとしたらたぶん面倒なので纏め買いですかね。お金あるうちに。

予約できるところあるみたいなので
ワンコインフィギュア バスタード!!−暗黒の破壊神− BOX(予約)
一応はっときます

販売元:コトブキヤ
ネタ拾い元:BASTARD!!のPAGE


04/09/04 Novel版BASTARD!!の2巻ゲット 小説
前回までのあらすじ
生誕300年を迎えたわれらがだーくしゅないだーはつい先日悪のえろぼけ爺いから接収した怪しげな地図を元に異国デビューを企みました。
旅の道中、いてもたってもいられないわれらがだーしゅは部下が止めるのも聞かず独断先行、見知らぬ大地に一足お先♪光の速さで明日へダッシュ♪です。
途中、ラ○ウ先遣隊に遭遇。暑苦しいのはだーしゅ脳で「死刑」なので即・悪・断です。「今日も良いことをした」と傍で((((;゚Д゚)))ガクガクブルブルしていたよーじょと歓談に華を咲かしているとラ○ウ本隊が到着。ついに世○末救世○伝説に決着をつけるときが!
オッズでは反則的な魔法が使えるだーしゅに軍配があがっていたのですがそこに脅威の落とし穴が。なんと
原○夫の世界では魔法が無いのでその効果が激減してしまう!
予想に反しボコボコにされてしまうだーしゅ。さぁ、だーしゅの運命はいかに!このまま本編は無かったことになってしまうのか!がんばれだーしゅ!まけるなだーしゅ。


真に受けてしまった珍しい方には心からお詫び申し上げます。当然ながらウソでございます。が、あながち間違ったことも言っていないです。本当の内容を知りたい方は是非一巻をゲットしよう。
ちなみになんで原○夫な世界かというと一巻読んでいて出てきたイメージがどうしようもなく北○の拳だったからです。どうやっても脳内のイメージ修正きかねぇでやんの



一巻がでたのが2001年の8月か9月だったので3年ぶりの続編になります。ちなみに私は発売当日に一巻を買ったのですが読了したのがつい二日前です。ファンの風上にもおけない奴ですが、この期間の開き具合を見るに正解だったなと思っております。
執筆しているベニー松山氏と言うと一般的にはウィザードリィの小説みたいなのですが私は時に呼んだことが無い人なのでやはりPS版になるのかな。あれは良いゲームでした(システムが多少アレでしたが)。
まだ2ページぐらいしか読んでいないので感想は書けないのですが一巻読む限りは期待できそうです。ただ、200Pと短いのに輪にかけて展開もあまりすすまないみたいなので・・・・いつ完結するのだろう・・・という本編と同じ心配をしなければいけないあたりがちとツライかなと。
あ、後今回もリトグラフのプレゼントがあるようでして今度はちゃんと応募しよう。結構好きな構図なので。


04/08/21 いよいよ来月号から復活?! 連載
このWEBサイトを立ち上げてからかれこれ来月で7年たちまして、ダラダラとやっている割には未だ続いているのは単に皆様のおかげかなと思います。
もともとはWJでバスタが復活するということを受けて「月に一度の更新だったらダラダラのおいらも大丈夫」と言う軽い気持ちではじめたのですが(だからタイトルも月刊バスタード)、このWEBサイトのおかげで色々な出会いや経験をさせていただきまして・・・とこのWEBサイトの足跡を語るんじゃないですね、話戻します。
7年と言う期間があればたいていの作品は終わっているわけですが我等がバスタードは未だ健在です。ただ、その経過たるやアレなのでファンとしてはなんとも形容しがたいものが多々あるのですが今更なので語るのはやめておきましょう。

4月に単行本が発売されて早4ヶ月が経過しようとしているなか、まったく音沙汰が無く寂しい限りだったのですがいよいよ来月連載再開とあいなりました。
個人的には奥さんも貰ったし、仕事の張りというか人生の転換期を迎えたに違いない先生は今度こそやってくれるに違いないと思っています。つか、私も多分あともって3年が限界値です(ぉ

それにあわせてミニ企画的なところを今月掲載しており、注目は次章に登場予定のキャラクターのラフ絵と解説部分かと思います。
汎人類連合と呼ばれるエルフたちによる対抗組織、皇女ダニやペガサスナイト等のラフ絵はインフレ化とともに伝説級の戦闘になり作品自体を希薄化してしまいそうな現状を打破してくれそうな予感がします。

結局、戦闘そのものは作品の繋ぎでしかなく物語そのものを形作るものはキャラクター同士のコミュニケーションだったり、ローカルな部分の積み重ねだと思います。また、バスタードと言う作品は未だ純然たるヨーロッパ系ファンタジーであり超テクノロジー戦になっていてもそれは変わらないと思います。
決して現状の展開が嫌いなわけじゃない(むしろ好き)のですが、なにか底辺のあずかり知らないところで着々とネタバレが進行していく現状の展開は作品世界そのものが上質なものなだけに違和感を感じるわけです。
そんな訳で今回の原点回帰を思わせるラフや設定は非常に期待しているわけです。

作品そのものとして通して読んだ時、未だ面白い作品であるのは間違いないと思っています。ただ、やはり問題点となっている「進行の遅さ」であり、今回の連載再開を期に解消してもらえるものと固く信じています。いや、ホントに。

さぁみんなもカル様を許すダーシュの気持ちになって来月以降を待ちましょう

と、硬く閉める前に書きたいことを書くの忘れていた。
今回のラフ絵みて曰く「指輪物語に影響されているんじゃないの?」と思われる方いらっしゃるみたいですが、どう見ても汚染されている作品は「FainalFantasyXI」でしょう。いやもうタルタルそのものだし、アレ。


04/07/27 まんがの森でのあるおまけ アイテム
今年もいよいよ有明決戦の時期が近づいてまいりました。
いくようになってからかれこれ8年目ぐらいになりましたが年々購買意欲は薄れているのが現状でして昔は嬉々として購入していたカタログも今はあっても重いだけで邪魔という事でWEBサイトでごひいきサークルさんだけチェックしていると言う状態です。
潮時なのかなぁと思いつつもひとつまたひとつ夢中になれるものが無くなっていくのは寂しいかなとも思います。
そんな訳でいつも通りカタログなんて買わないで済まそうと思っていたのですがまんがの森でカタログを買うととある特典が付くといううわさを耳にし、それの為に購入しました。(CD-ROM版を)

▼うわさの特典


萩原先生書下ろしクリアファイルΣ(゚Д゚)

バスタ本編差し置いて内職している場合じゃないと思いつつも、思いつつも思いつつも!萌えた(〃▽〃)

あぁ、俺はどうせダメなファンだよ。代引き送料込みで2516円だったよ。ほっといてくれ。
にしてもだ、バスタ本編では見れない俺好みのスタイルがここに!
安心しました(マテ

惜しむべくは公式サイトでちょこっとでも良いからこの事を書いてほしかったなぁ。
ちなみに今のところCD-ROM版じゃなくて冊子版なら買えるようです。


04/05/05 複製画2点 アイテム
複製画で私が一番イメージにあるのはやはりアールビバンのものかな。初めてお目にかかったのが知り合いに連れられていった「いのまたむつみ」のもの。展示物を実際みて雑誌とかでみるより遥かに素敵だなぁという感想でした。ただ、それに一枚20万や50万円もかけて買う気になるかと言うとちょっと冷静になれば判る事なのですがあの場にいると思わず契約書にサインしたくなる・・・危険な場所です。

ショッパゲ(http://www.hagipageshop.com/)で複製画が2種類程限定200枚で販売を開始しました。お題は「虹」と「桜」。23巻でもCMしてましたね。
一枚消費税込みで25000円。かなり高いイメージがありますがアールビバンに比べれば明らかに低価格(グレード差は当然ありますが)ですし以前集英社が行ったものもほぼそんな値段だった気がするので妥当なのでしょう。よくわかりませんけど。
私個人とすればお値段が1万円強で題材が好みだったら一枚はほしいかなぁ、と。例えばHAGIPAGEが100000HITしたときのガブ絵とか


10万ヒット記念のガブ絵(参考のためサムネイルのみ)

今後も何点か出品されるみたいなので期待して待ってみます。


04/05/03 DATA BOOKも出たんだよね 書籍
昔「サザエ一家の謎」から始まる「○○の謎本」と呼ばれる書籍群がはやった時期がありましてバスタードも例に漏れず発刊された事があります。中身は お粗末なものでネーミング元ネタなんか適当極まりなかった記憶があります、データベース話と関係ないですがふと思い出したので。
本当は23巻雑記のように1ページ作ろうかとも思ったのですがどう考えても書くこと無いのでここにしておきます。

データーベース的な書籍は実は「萩原一至ILLUSTRATIONS」内でもあって今回は2度目のデーターベース化だったりします。当然9年前の代物ですから今回のデータベース本から見ると情報量中身ともに格差がありますけど。
内容的にはシナリオ、人物、アイテム、発行物、コメント、本編外漫画と多岐に渡っていて人物、アイテム関連に関しては結構痒いところまで手が届く細かさでゲームや小説などで公開されている設定も盛り込んであります(あ、でもランとシーンが兄妹という設定は載ってないか)今後調べ物するときに重宝しそうな中身になっています。私なんかファンサイトやっているくせに結構固有名詞忘れるのでボロボロにしそうな予感です・・・もう一冊買ってこようかしら。
ただ、当然と言えば当然ですがHAQ(ここでは萩TのQ&A)で回答されているものでもこのデータベースでは「?」になっている項目や書かれていない設定があります。
たとえば謎の少女の弟(バロン君)はベリエルみたいな悪魔に殺されたと書いてありますがベリエルに殺されているで確定ですし、バエルとアシュタロスが夫婦と言う設定も特に記されていません。
そのあたりは近日発売されるであろうHAQ本かうちのデータベースで調べてみてください。結構面白ネタがありますので(とさりげなく宣伝)

とまぁ、買ってマジマジ読み尽くすものでも無いのですが何かのときに重宝しそうな一冊でお奨めです。


04/05/01 BASTARD ONLINEの衝撃 その他
私のオンラインゲームの遍歴はファンタシースターオンライン→ファイナルファンタジー11→モンスターハンターてな感じです。うちMMORPG(大規模参加型RPG)は約半年間どっぷりつかりましていわゆる「廃人」と言うレベルまで逝っていたと思います。あぁいうものはハマると本当にやばいもので必要時間以外はすべてそれにつぎ込んでしまいかねない中毒性がありそれに危機感をもった故FF11からは手を引いた訳です。現在プレイ中(そろそろ引退予定)のモンスターハンターはPRGではなくACTなので結構短時間ですっきり遊べるのでまだ大丈夫っぽいです。
さて、23巻巻末で突如発表されたBASTARD ONLINEですが前述のFF11よろしくジャンルはMMORPGの模様。FF11でMMOってやつは危険極まりないのものなのだと言う自覚は十分あるもののバスタ世界である以上やらなきゃ嘘でしょうと既に覚悟完了、、最低300時間は献上する所存です。
写真を見る限りラグナロクの様なかわいい系ではなくFFやリネージュのようなリアル系で出るころにはグラフィックカード買わにゃいかんなぁとか思っています。
それにしてもどんなゲームになるんでしょうねぇ。ただ単にバスタードの設定をつかったPRGなのか、それとも時系列をもったバスタードストーリーそのものを体感できるものになるのか。
まぁとりあえず鈴木土下座ェ門とバトれたり、ヨーコさんがスラに襲われているのを遠巻きに見たりゴブが村をおそってゴブゴブいっているところを颯爽と突っ込んで返り討ちにあったり出来れば満足かな。
続報を早急に求む!
あ、あとヨーコさんのデザイン画がなにげに可愛いのはイイ!


04/04/30 萩原先生、ご結婚めでとうー その他
結婚と言うとやはり他人と共同生活をして子供をもうけ育て「家庭」を作っていくと言った人間の生存本能を根ざした事象の一端な訳ですが身近の既婚者の愚痴や仕事中に何気に聞いているテレフォン人生相談なんか聞いていると暗部ばかりがイメージに焼き付けられて二の足を踏んでしまう、そんな結婚ですが萩原先生もめでたくご結婚されたと23巻の痴気情事気分でさらっと報告されていました。
漫画家の結婚話ですと2年前に結婚された赤松氏が記憶に新しいです。当時はアニメ版が放映後と言うこともあって声優の堀江由衣嬢ではないかと言われていましたが実際は某音楽大学の大学院生だったと言うそれはそれですごい女性と結婚されていました。
萩原先生はどんな女性と結婚されたんだろうとプライベートな事とはわかっているけれどちょっと気になったりします。
某所ではコスプレ嬢ではないのくぁ!と言う憶測が流れていますがどこから流れてきたネタなんだろう・・・。
ご結婚された事で今までしょっちゅう崩されていた体調もきっと安定するに違いないとなんでも作品進行の話に落ち着かせちゃうのはファンの悲しい性ですね。でも、健康管理がきっちり出来るようになれば先生にとってもかなり幸せなことですよね。
なにはともあれお幸せに〜


04/03/14 amazonランキング第2週
単行本が発売されるしばらくの間バスタのネタなんて本家WEBサイトが何かアップしてくれない限りは無いかと思いますので先週に引き続きamazon.comネタで。

まずは13日(土)の20時30分現在の書籍総合とコミックのランキングから

総合:第8位

コミック:第2位


なにが起きたのでしょうか。訳わかりませんが第二位です。一位はその筋に絶大な人気を誇る「週刊わたしのおにいちゃん」。こんなのが一位とっているからこの国はロリコンばっかになるんだよ(逆かもしれんが)と言う文化人気取りをしているような寒いセリフはまぁさておいておきます。
日々色々な方に「コミックが出てしまうのですね、では買いましょう」と思わせじわじわとランキングをあげていくバスタードのカリスマ性というか漫画界の七不思議というか、凄いです。
ただ、amazon.comと言うのはおそらく購買層が大きく偏っている所なので世間一般のランキングと比較してもしょうがないと思います。あえて近似対象をあげるとすればアニメイトか虎のあなかまんがの森と言ったところですからこのランキングから実数値を読み取るのは難しいですが、そんなことを考慮に入れてもやっぱこの順位はすなおに凄いと思います。あと、通常コミック版の予約開始後の動きも気になるところですね。


04/03/07 23巻発売にまつわるとあるデータ
ネット通販の有名どころでアマゾンドットコムという所があります。私もiPAQのh2210購入以降、1500円以上だと送料無料やポイント還元などあって結構重宝させていただいています。
このネット通販、各ジャンルごとに売り上げランキングというものがありまして発売中、予約中のものを合わせてランキング形式で1時間ごとに更新しています。
さて、3/7現在すでに限定版は予約受付中なのですが

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/(以下略)

なんと書籍部門で14位です!(注:3/7現在)コミックだと7位だったりします。意外と前人気あるみたいですね。
後は4月30日にちゃんと出てくれることを祈るのみ。
ちなみに先ほど私もアマゾンで予約しました。これで当日探さなくても済みそうです。楽な世の中ですな。


04/02/19 発売『予定』日告知
なにげにコバルト文庫の「マリア様がみてる」のピンナップがついていて「あぁ〜、集英社的にもマリみてはオタ仕様を認めているんだなぁ」と思ったウルトラジャンプ3月号に23巻の発売日告知が載っていました

2004年4月30日

と言うことです。発売日が決定したことにより嬉しいのが当然半分あるのですが残る半分は「また延期とかしてくれるなよ」と言う心配だったりします。まぁそんないつも油断なら無い状況を見守り続けるのもバスタファンの醍醐味というものです。
で、この23巻はフィギュアがつく特装版もあるのですがそれについてくるフィギュアの詳細が判明しました。
先月あれだけ「爆乳大元帥」と言い切った手前とても後ろめたいのではございますが
やっぱリリスたんでした。誤情報撒き散らしてごめんなさい。あ、でも一応「リリス(悪魔Ver)」とか書いてその通りだったのでお許しを。
結局2年前のあの情報は全部あっていたわけで噂話もあながち油断なら無いと思うのでした(ソースは噂話じゃねぇけどな)
ついでにサンプルフォトが載っていたので掲載



・・・・ぁあ、なんか微妙だ・・・・

きっとフラッシュバンバンやったのでこんなのになってしまったに違いないと自分に言い聞かせましょう。

ちなみに通常版はいつもどおりの410円で特装版は4倍お高い1765円。
どっち買うかは貴方しだい。私は4倍の方で。

04/01/19 23巻は今春らしい
個人的には来月には出てほしいです。本編早くみたいので。
02/04/24のニュースで23巻にはフィギュア付のBOXでるよーんと噂話を書いてから早いものでもうじき二年、やっと公式(?)発表とあいなりました。当時の記事を読んでみるとリークネタが半分予定通りで半分予定外っだったのですが驚くべきことにネタで書いたはずの発言が半分当たっていたので我ながらびっくりでした。
何かいてあったかは過去ニュースみてくれ・・・などとケチな事は言いません。当時付属フィギュアはリリスで原型師はあげたゆきを(お)氏と書いたのですがキャラはウルジャンのシルエットを見る限りネタで書いた爆乳大元帥(の原寸大←これがネタ)が採用された模様です。
原型師はあげたゆきを氏そのままだったようですが・・・いつオファー受けたんだろうか。
さて、私はフィギュアという類にはとんと疎いのであげたゆきを氏を全然知りません。そこでちょろっとググってみたところ本人のサイトが出てきました。

Free-X:http://www.interq.or.jp/mercury/freex/top.html

全体的にちょっとロリが入ったキャラが得意な方のようです。でも爆乳大元帥は可愛いというよりエロい訳なので・・・ちょっと不安。氏を採用するなら元帥よりガブ公の方がよかったかも知れず。幸い同一人物だし(笑

ちなみにお前はこのBOXを買うのか?と言われれば当然買います。

追伸:
よくよく見ると頭のシルエットがなんか大元帥っぽくないですねぇ。意外と本当にリリスだったりして(悪魔VERとか)


03/08/13 今月、いよいよ連載再会か!? 連載
既に先月の19日発売のウルジャンでも広告は打たれているように来週発売のウルジャン(9月号)から、連載が再開されます。
実際に掲載されるのか?と言うのが皆さんの気になる点ではあります。
先日公式WEBサイトに載った進行情報によると

■ ラウド進行状況〜


うひょーって感じで作業中とのコト。
ちなみにUJの表紙もD.S.という噂ダス。
ちょっとカマっぽいとかなんとか?(爆)

「何としても載せるように、
頑張ってマース!」(BY.ハギ

と言うことで微妙です。
先生が完全版02できっと確立したであろう効率の良い原稿の作成がいかんなく発揮されていることを信じて待つのみであります。
こちらも気合いを入れて駄文を書きます(爆


03/05/31 完全版02でたよー
仕事中にも関わらずフィールドワークと言う職業柄の利点を生かして朝っぱらからゲットしてみました。購入先は我らがTSUTAYA書店で10冊ぐらいの積んでありました。
とりあえず本屋さんの方もそれなりの需要があるのだと判断していたので一安心。いくらウルジャン上でプッシュしていても世間一般的には「バスタってどこでやっているの?」レベルらしいので。いやね、この間もネットの友達から「バスタってまだやってるの?」という素敵な質問を戴きまして、本来なら「やっているぞゴルァ」とお惚け友人に対して叱咤するところなのですが終ってないにしても連載が止まっているので「まぁ終ってはいないよね」と弱気な発言しか出来なかった熱心なファン(のくせに暴言が多いが)に胸を張って「やっているからとりあえず見ろ」と言わさせてください萩原先生
#話がイキナリそれた。

全面CG化・・・と書くと3Dポリゴンになったのか?とか言われそうなのでデジタル化と言っておきましょうか・・・と言うちょっと普通では思いつかない修正作業が成されている完全版02です。さらっと読んだ感じでは表題に書かれているCompleteEditonは表現的に適格さ・・・そもそも完全版という言葉の定義があやふやな訳ですが・・・に欠けていると思うんですよ。どっちかというとRetakeEditionとかRemakeEditionとか言った方が良いかと。やっぱ言葉はストレートな方が良いです。

例えばカイ・ハーン編なんか単行本だと70Pだったのが完全版では88Pまでボリュームアップしています(本来はこれに解毒パートとシーンVSカイが入ったらしいので110Pオーバー)がこれはシーンが増えているというのもあるのですが実質はカット割からアングルまでほぼ別物で95%以上(予測値)書き直している状態です。

もう「パッと見どこが変わってるか分からなねぇ」とは言わせん

と言うオーラ―がひしひしと伝わってきますね。おかげさまでシナリオ的には同じでありながら新作でも読んでいるような感覚で読めました。つーか正直な話完全版03マダー?とか一瞬思ってしまった・・・・俺は竜戦士ルシファーが早く見たいのに。

個人的にとてもよろしかったと思うのがシーン・ハリのベッドシーンが完膚なきにまでにウルジャン仕様なエロさ加減に様変わりしていた事です。ちゅーがくせいやっていた頃のあの思い出が再び(どんな思い出かは敢えて言わない)
乳首解禁は当たり前、半○入やあまつさえフ○ラ△オまで追加されていると言うエロさ。ダイ・アモン戦で出てくる処女と言う縛りが無かったらどうなっていたのかと言うぐらいやっておりますつーか、あそこまでやって処女とか言うのにかなり無理があるかと(笑
これR18指定とかにならんの?とか思うぐらいのきわどさです。ま、局部露出でR16指定すら食らっていないマンガを知っているのでなる訳無いのですが。

CG化の良し悪しに関しては趣向というのがあるので一概に良い悪いという評価が出せないかなと思いますが個人的にはこっちの方が好みなので歓迎です。これで萩原先生もおっしゃっていた「デジタル化することによる作業の高効率化」が実現すれば言うこと無しです。
胸の大きさの良し悪しについてはそれこそ趣向と言うのがあるので一概に評価が出来ないのですが私個人は巨乳よりは美乳(微乳では無い)派なのでそうなってくれるとすげーうれしい所。

細かいところの話を少しすると一コマ回想シーンにシリン・テンペスト(ヨーコさんのお母さん)とか出ててかなり萌え。そういやどうしてシリンとジオがくっついたのかというエピソードが知りたいなぁ。Q&Aでさらっと答えると言う形で構いませんので是非〜。
ダイ・アモン編でちょっと気になるセリフがあったのですがその辺りは障らぬ神に祟りなしということでスルー。

最後にYOU GOTTA HAGIWARAがCG化して読みやすくなったーじゃなくて今後の予定が色々書いてありまして。

・23巻にはフィギュアがついてくるらしい
・連載再開期日はちょっとまだ未定(まだ3ヶ月ぐらいはなさそうな気が)
・現代編はそのうち同人誌で
・ベニー松山氏の小説の打ち合わせをそろそろする模様
・公式Q&A本(同人誌)を緊急発売


あ、HAQ製本化するんですか。えっと・・・うちのQ&Aどうしましょう?最近FileMaker勉強しだしたのであの形式でDB化させようと思ったんですが・・・まずいっすよねぇ。
あぁ・・生データいるようでしたらご連絡くださーい。
#って、見てなければ書くだけ無駄(^^;

そんな訳でバスタ好きで3000円ある人は楽しめますよー。

そして完成まで色々ありましたが
萩原先生&スタジオラウドの皆さんおつかれさまっす。
#Iさん今度呑みにでも

03/05/29 集英社のWEBサイトにこんなんありました WEB
明日はきっと3000円握り締めて本屋さんへ完全版02を買いに走っているであろう管理人でございます。
集英社のやり方が最低でも作品自体が好きなのは変わらないのでありまして清原や松井が別段嫌い(と言うかむしろ好き)では無いけど巨人(というかむしろ読売)が大嫌いという状況と似ているなぁとふと思うのであります。
そんな集英社のOHPを覗いてみますとなにやらバスタードのページに妙に気合いが入っていました。

http://annex.s-manga.net/bastard/index.htm

最近おおはやりのFLASHだかJAVAアプレットだかを多用まくった構成になっておりましてこういうのは一歩間違えたらウザイんですが中々のバランスでまとまっています。
肝心の中身は
プロモーションムービー(完全版02宣伝)
ダイジェストムービー(原作をさらっとおさらい?)
ゲーム(謎のパズルゲー)
ダウンロード(完全版02ゲットで壁紙ゲット)

となっております。
注目点はゲームですかね。サメガメタイプのブロック組み合わせでクリアするとスクリーンセーバーがダウンロードできます。早速ゲットして設定してみました。
セーバーの出来は・・・・可も無く不可も無くといったところ。チビキャラが動き回るようなのをちょっと期待していたのですがそこまで芸は細かくなかったのが残念。

そういえば早売りをゲットした方の書き込みをチラッと某所で見たんですが・・・あ、いいやそのことは明日コメントと言うことで。

03/05/25 完全版02。発売までのつなぎにどーぞ その他
かなりのすったもんだがありましたがいよいよ5月30日発売と言うことで本編復活に向けてとりあえず一歩進んだ感じです。ただ今後のスケジュールがまだ未定と言う危険なコメントが公式WEBサイトに出ているのがなんとも危険な香りではありますが。
個人的には少なくとも7月のウルジャンには復活して欲しいなぁと思うところでありまして。
さて、新たな本編への足がかりとなったであろう完全版02が出るまで残すところ一週間切っている訳ですが公式WEBサイトからサンプルと言うことで何点かアップされています。

入り方:トップページ右上にある「What's Renew」から進入し5月24日分告知にあるリンクからGO!(公式ページへはコチラをクリック

サンプルと言うとウルジャンにガラ戦が掲載されていましたがそのサンプルとはまた違っており

1枚目:DS覚醒版るーしぇVSワーウルフ

2枚目:DS VS カイ

3枚目:シーンとDSのエッチシーン一回戦(笑)

4枚目:DS VS カイに割り込んで説得中のシーン

5枚目:その続き

6枚目:なんだっけ?忘れた(ぉぃ。

7枚目:DS VS カイ。ヤることやった後


とまぁ、WEBサイトらしくエッチなシーンが結構あります。個人的には

シーンのハァハァカットが見れておなかいっぱい

でした。ただ、もうちょっと胸は控えめの方が好ましい・・・・と思ったのは私の趣味と言うことでこっちに置いておきます。耳噛んでぜっちょーしちゃっているシーンも見たいですねぇ。え?動機が不純ですか?キニシナイキニシナイ。
あ・・・そういえば予約していないんですが手に入るんでしょうか・・・ねぇ(汗



03/04/26 来月も出るかどうか怪しい完全版02 その他
最近同じ事を繰り返して言っている様で実際のところ嫌気も差すのですが、時にはただひたすら辛口口調でいってみるのもいいかなと思いまして。

アレだけ大々的に「4月18日 完全版02発売」と謳っていたにも関わらずまたもや延期。しかも確定日不能という状況となっています。
元凶は萩原先生の遅筆にであるのは間違いありませんし散々至るところで言い尽くされてはいることではありますが大方の読者が望んでいる本編の進行をストップさせて既出の作品のリニューアル版(今ではリテイク版と言ったほうが正しいと思われます)を出すのに1年以上の時間を費やしいる異常事態は作品スタート当初からのファン読者ですら失望せざるおえない所だと思います。
それに加えていつ完成するか?現在どうなっているのか?全く見えない情報の未開示性。
完全版02の執筆がスタートして1年余りはウルトラジャンプ誌上で情報が全く出なかったと言う、どうみても読者を嘗めきっているとしか思えない編集部の態度。
都合よく解釈すれば「めどが立たないので下手に情報は開示できない」と取れないでもないですが普通に考えれば「単なる怠慢。企業として最低レベル」でしかありません。
と、ここまで書いておいてなんですが上記二点は私個人的にはそんなに気になっていません。
だって、萩原先生がやたら遅筆だったり連載が止まるのはいつものことですし、集英社が怠慢なのは20年以上前から変わらないいわば社風/社則ですから。
個人的に今回やりきれないというか読者を完全に馬鹿にしているなと思ったのはアレだけ音信普通で読者放置しておいてやっと情報開示&スケジュールを提示したにも関わらずいとも簡単にそれを反故にする点。編集部はあくまで予定だと言うのだろうけどそんなもの詭弁に過ぎません。
スケジュール通りなんか行きはしないのはもう10年も前に判っているのだから完成してからスケジュール出せ。
「目処」なんて言葉は話半分以下にしか解釈していませんし私たち(少なくとも私)は完全版02より本編をただひたすら待っている一ファンです。

バスタサイトを開いてから5年以上経過していますが(私の記憶する限り)ふざけた辛口文はちょこちょこ書くもののただの一度もこういったこき下ろしに近い文章は書いた事は無かったと思います。基本的にバスタードという作品は好きですしこんな娯楽を提供してくれている萩原先生は好きです。ただやはりファンとて許容できる限界と言うものがあるのを知って欲しいと思います。自分の周りでもここ数年、こういった状況に呆れてバスタから離れていった方々を何人も知っています。一時期あれだけ盛況だった本家サイトも寂しくなって、たまに行きますけど寂しい限りです。本当に早いところ本編を復帰することを楽しみに待っています。

はぁ・・・最後まで辛口で終りきれないのが自分の甘さ。


03/03/21 新着情報(ウルジャン4月号編) グッズ
何時の間にか今月号からアガルタが復活していてびっくり。この漫画も加減休載が長かったですが復活告知も企画もやってもらえないでひっそりと復活しているという惨状を見る限り、まだバスタードって優遇されているのだなぁと思うのでありました。
特にファンと言う訳ではないのですがかなーり以前にご本人と会ったことがある(と言っても一宴会直後の体力気力喪失&眠気増大時で意識白濁でしたがw)ので頑張って欲しいなぁとそこはかとなく思うのであります。さて、アガルタは無事復活したわけですが我らがバスタードの現況はこんな感じ。

完全版02
4月18日発売で変わりません。ただ一ヶ月前に及んでもまだ「予定」とか書いてあるので気は抜けませんが。そういえば完全版って店頭平積みって見たこと無いんですがやっぱ予約しといた方がいいんだろうなぁ・・・。

連載再開
先月号の告知では来月予定だったのですが残念ながらというか案の定来月はまだ載りません。代わりに「特別総集編」なるものの企画とピンナップが載るようです。
今までの経緯からしても万全の体制で連載再開に望んで欲しいと切に思う訳で。
別に連載再開がそこで2,3ヶ月ずれてもいまさら気にしませんから。

B2ポスター
とにかくアレだ

ガラかっくぃぃぃぃ!!!!

それに尽きるかと。女性キャラの描写がマニアック方面に突き進んでしまい賛否両論が繰り広げられる中、男性キャラは文句なしでは無いかと思います。伯爵様の直しもかなり存在感あってヨサゲだったしね。

毎度同じ事言うようでいけないのだが、長期休載になる(なった/予測される)場合はやっぱり何かの告知が欲しいなと思う訳で。
バスタにしたってアガルタにしたって作品ファンはいる訳ですし、編集部としては最低限の情報を開示してしてしかるべきではないのかと。
それともアレですか?出版屋は某産経のメディア部の部長みたいな一般的な観念から考えて非常識な方ばかりとでもΣ(゚Д゚)


03/02/23 「ガードレス関係」到着 グッズ
(2/08ネタの続き・・・のようなもの)
ガードレスという作品はシナリオライターのあかほりさとる氏にとっては「3大爆走シリーズ」と言う企画(?)のひとつでもあり、ひとつは「炎CAMPUSガードレス」、ひとつは「裂ハンター」そして「裂時空MAZE」。それぞれ集英社、メディアワークス、角川書店(当時メディアワークスのバックボーンは角川ではなく主婦の友社)と社も違うためあくまであかほり氏の中だけの企画ではあり、知るひとぞ知る当時のお話です。
三つの作品の(展開度知名度興行成績を見たとき)最終的な成功度はハンター>MAZE>ガードレスという図式になり残念ながらガードレスは3つの中では最下位といわざる終えないでしょうね。このあたりは他の二作がアニメ、CDドラマ、小説に加えて漫画連載があったと言うこととガードレス以外TVアニメ化されていたと言う実績の違いによるものです。
ちなみに、この図式を会社に当てはめるとMW>角川>集英社となりマニアックな会社名ほど成功していたというある意味納得しつつ笑える結果ではあります。
そんなガードレスの「萩原サイド」からみた資料をたっぷり詰め込んだ「ガードレス関係」が先日やっと届いたのでご紹介。
ほとんどは当時企画に使用されていたイラスト、(宣伝用)漫画、設定資料としてのラフ図をカラーとモノクロで収録してあります。当時の萩原氏のカラーイラストや走り書きの設定案を見るだけで「幸せの絶頂」に浸れるア〜ンド「昔の女の子イラストセクシーだよなぁ」と当時のイラストが自分の趣味の絶頂だったと再確認してしまう訳でした。だってさぁ紫さんのカラーイラストかなり萌えるべ、エロいべ。
後、やっぱ興味深いところとしては企画に関わった当時の話。アニメでよくある「キャラクター原案のみ」とかではなく「設定やらシナリオ等の根幹まで関わって」いた(と言ってももろもろの事情で結局最後まで関わりきる事が出来なかった)訳で中々興味深い話満載です。
読んでいて思ったのはやっぱ全4巻なんてふざけた巻数で作ること自体間違っていた、責任者出せゴルァですな。今からでも良いからリファイン版出してくれないかなぁ26話TVシリーズで。いまのビクターならやれる!
そんな訳でお値段分の価値はあるかなと私個人は思うわけでございます。

ポリリン、ハギーの「浜辺でグワシ」も見れたしな


03/02/19 スケジュール(の予定が)決定 その他
CountDownBASTARD!!ネタを書いた後、フラフラと付録がらみの発言をウォッチングしてたんですが何気に否定意見が多いですね。
今までの状況が状況だけにしょうがないんだろうなぁとは思いつつ妙に悪意というか憎悪?がこもっているように見えるのは気のせいですか?あ、気のせいですか。
そろそろ気付いても良いころです。バスタとはまったり待って、来たときに盛り上がれば良い、と。そう思っているのは俺だけですか、そうですか。
そんなバスタードですがいよいよ復帰準備が調ったようで下記のウルジャン付録を皮切りにスケジュールが発表されました

3月19日(ウルジャン4月号):超特大ポスター(B2判)

4月18日:完全版02

4月19日(ウルジャン5月号):本編再スタート

しかしあくまでも予定なので要注意。そろそろ予定は未定でなく決定であって欲しい今日この頃。


03/02/19 CountDownBASTARD!!を読み砕く(格好つけ 雑誌
せっかくなんで本当は「今月のバスタ」あたりで丸々やってみようかなぁとか思ったんですけどね。あんなふざけた文章ではあるんですが結構休日の午前中とか平気で使ってしまうほど時間掛かるんですよ、えぇ。私の文章想像力と構成力が無いだけと言えばそうなんですけど所詮理系の人間なんで気にしない・・・つー自己に対する言い訳はどうでも良いですね。
いよいよ完全版02の直しが終るのに併せてウルジャン3月号にバスタがらみの付録がくっついて来ました。しかし確か私の聴いた話じゃ○○の○○○までには直しが終わって○月号には・・・って話だった気が・・・(伏字だらけ

付録の中身:
完全版「第14話:決着」の収録
完全版02とJC版を比べっこ
萩原御大のスペシャルインタビュー
ユウガッタハギワラ出張版


-完全版02-
某サイトに載っていた「トーンを剥いでみたは良いが線が見えないところ多数でほとんど書き直し」と言う文章に一体どうなってしまっているのかと思っていましたが開けてびっくり本当に別物でした。あれは「修正」とか言うレベルではないですね。実際御本人がコミッカーズで「一年かけた書き下ろし」とコメントしていますが、それほど手が加えられています。
いやもう蜘蛛のアングルやヨーコさんのコスチュームが違うだけで書き下ろし認定ですって。実際のところ完全版01では一目では違いがさっぱりの一人だったので今回のリファインさ加減はマジでびっくりです。
フォトショップを使用したトーンや効果ははっきり言って好みが分かれる所かなと思いますが、それはしょうがないかなと思います。ちなみにセル画慣れしている(つまりアニヲタ)私は全体的にすっきりした感じがして好印象。あのデジタルトーンで龍戦士を描かれる日が楽しみ〜。
あ、そうそうどうしてもダメな人は唯登詩樹先生の初期のデジタル漫画を一作品見ると良いかもしれません(すげーデジタルデジタルって感じだから、あれに慣れればかなり大丈夫かと)
実際本編ほったらかしであそこまでやる必要があったかと言うとかなり疑問ですが、今回の完全版で新しい「画材」を得て今後素敵な作品を作ってくると信じてます。まぁアレだ、ファイナルファンタジー10以降の高水準3Dモデルを確立させる為にファイナルファンタジームービーという作品を作っていたということで。
#微妙に意味合いが違う?かも

−インタビュー−
マシン7,8台でそれにフォトショ・・・・350万ぐらいですか?と、思わず計算してしまう自分が悲しい。何のマシン使っているんだろう・・・しりたい〜。昔VA○O使ってたような話はチャットで直にお聞きしたことあったけどあんな仕事に使うにはとても適さないマシンを使ってはいないだろうし。ぁぁ先生、うちの商品にデータの集中管理にちょうどいいシステムが・・・・(以下省略)
しかしあれですなぁ「今年は片付けの年」・・・読者にとっては怖い言葉です。

−ユウガッタハギワラ−
完全版01であんなことがあってから絶対2ちゃんねるなんか見てないかと思っていたんですがそうでもなかったようで。でもあそこのあのスレッドは精神衛生上激しくよろしくないので見ないほうが良いと思います。
いつもながら大変みたいで・・・乳バレ(DOA)はやられたのだろうか・・・それだけが気がかりです

うん、別口で書かなくて良かったと書き終えて思うのでした。
この付録の為にウルジャンを買うかどうかは個人のご判断ですが、とりあえずサムライガンがちょっとえっちぃのでそれを付加価値にして買っても良いかも。


03/02/08 「ガードレス関係」発注!! アイテム
むかーし昔(10年ぐらい前だよな)集英社の企画で「ガードレス」というOVAがありました。それは「BATARD!!」で人気絶頂の漫画家萩原一至先生と同じく「ラムネ&40」で大人気の脚本家あかほりさとる先生がタッグを組んだ当時の大きいお友達にはそれはそれは魅力的な企画でした・・・
最終的にOVA全4巻、小説全2巻の作品でして企画発表時(企画進行していた雑誌がVジャンプ)萩原先生の漫画で描かれた海辺でグワシ!と腕を重ねあうハギー&ポリリンが印象的でした。
ちょうどBASTARD!!が赤丸ジャンプで復活連載中だったので「こんな企画立てて大丈夫なのだろうか」と思っていたのですが予測どおり(と言っても本当の理由は知らないけど)途中からイラストがせたやすのり氏に変わってしまいかなーり残念だったという記憶もあります。
それでも世界設定&キャラデザ&パッケージをやられただけでも価値あったかな?とも思う次第で。ちなみに作品そのものはどうだったかと言うと・・・・うーん、話題先行型だった・・・としか言えませんね。作品世界としての素材は良かったんだけどなぁ・・
とまぁガードレスの話をはじめたらあと10KBは長々とかける自信があるのですがそんな事を語る場でもないので抑えておきます。
そんなガードレス関連のイラストやら四方山話などをのっけた同人誌が昨年刊行されました。
冊子紹介ページ(直リンご免)
実は年末とか1月中に頼んでおけばおまけがついてきたらしいのですが何を思ったのか今更頼んでいます。えーと、もしよかったら誰かクダサイ
そんな訳で届いたらまたご紹介したいなと思います。
あ、ちなみにヒロインの八純ちゃんのCVって松本梨香さんです。仮面ライダー龍騎のOPやポケモンや最近のスーパーロボット大戦やら歌っているお姉さんです。そこから連想されるキャラも似たようなもんです


03/01/25 ウルジャン3月号は凄いらしい 雑誌
鶴田洋久氏が執筆スタートでますます「集英社のヲタベクトル」を一身に担っている我らがウルトラジャンプです。そういえば公務員(高校教師)がキャンペーンガールなんぞやっていて問題ないのだろうかと今ふと思ったのだが・・・触れてはいけませんね、世界は矛盾とお約束に満ち溢れています
バスタードがさまざまな諸事情を抱えつつ休載を開始したのが2002年の2月号からですのでもう1年もおあずけをくらっている状態であります。そういえばアガルタもそろそろ一年ですか。あちらさんの諸事情は全く知らないのですがまさかアガルタ完全版とか描いているのでしょうか。
「バスタとはただひたすら待ちが吉」と訳の分からん悟りの境地に至っている人たち(自分含)はともかく普通のバスタファンにはそろそろ限界の時が近づいているようで私の周りでも離脱組みがちらほら確認できるようになってしまいました。それを考慮したからなのか3月号では別冊付録でバスタ特集です。
内訳は

・完全版02巻の第1話分を先行掲載
・萩原一至先生、特別インタビュー掲載
・完全版パーフェクトガイド
・テレホンカード全プレ応募チケット付


個人的にはインタビューが一番の目玉でしょうか。Dead or Alive Xtreme Beach Volleyballの感想を是非聞きたい(マテ)。
#それ以前にX-BOX持ってるんでしょうか。
あとはテレカの絵柄がちょっと気になりますね。

03/01/25 今更EXPANSION 拡張版ネタ グッズ
ここ一年ほど音沙汰なしのバスタードはありますがなーんにも出てなかったという訳でもなく8月頃に「お蔵入り」になった原稿が同人誌の形で発行されていました。
個人的に手に入れたのが確か冬コミのカタログだったか月姫のアンソロ集だったかと一緒に通販購入の12月初旬とかなり遅かった為、今更の紹介と相成ります。

収録されているシナリオをご紹介
完全版02巻に収録する為に描いたDSとカイのエッチぃシーンだったがやっぱどんなに巧みに偽装してもエロはエロ!いちご100%もしくは古き懐かし電影少女が限界値の週刊少年ジャンプ(一応コミックはWJ扱いだしな)、よしんばウルジャンスケールでも天上天下の葛葉嬢とのセクースシーンが最大限界値の状況では「白濁液体描写」は無理がありすぎた!どうするハギー、明日はど〜っちだ!。
すまんウソ(一部除く)。

先生には大変申し訳ないですが、私は収録されなくて、一安心です。どう言葉で濁しても汗や解毒剤には見せません(´Д⊂グスン
それに私はエロ漫画じゃないバスタードが見たいんで、えぇ。エッチぃだけのは良いですけどね(えらくあいまいなボーダーだ)。
ただ、シーン・ハリのあのシーンが本格化した場合はその限りではないという矛盾な葛藤があるのもまた事実。
ちなみにあのEXPANSIONの表紙見たとき

爆乳監修:琴義弓介

かと思いました。・・・いや、マジで(笑


02/05/03 完全版第2巻「予告本」発売ケテーイ グッズ
直リン→http://www.gangz.com/BASTA/cgi-bin/wn/whatsnew.cgi

(挙手)先生!とりあえず突っ込ませてください。

何時の間にか発売予定が『今夏』になっているなんてこったぃ!!

そんな訳で誠意作成中の完全版第二巻ですが予告本なるものが5/12のコミック・レボリューション、通称「C・レヴォ」で発売されるようです。
Cレヴォと言いますと世界最大のヲタクの祭典「コミックマーケット」に次ぐと言われる同人誌即販会でして8月に開催される夏コミに向けての「プレコミケ」みたいなものです(と自分的には解釈)。
ちなみに私はCレヴォには参加した事が無いです。今回もいくつかの参加サークルさんの出展物で欲しいのがあるのですが・・・誰か代わりに買ってきてん♪
んで、予告本の中身なんですが

・完全版用新作カット
・掲載不許可になってしまったカイ・ハーンのエロシーン
・製作秘話
・フルデジタル七転八倒記


と、なっております。・・・って新作カットなんて良いんでしょうか、版権的に(余計なお世話)
ページ数的には40P、カバー4色の書下ろし、お値段は1000円ぐらいとの事。
余ったら同人ショップに卸すそうです。えっと・・・卸すならまんだらけ希望です。
まぁとりあえず信者(笑)の私的にはどんな手を使ってでも意地で手に入れようかと思います。

後・・・せんせーい、「いつ出るか誰にも判らない」なんて恐ろしい事、言わんといてください(^^;


02/04/24 23巻のう・わ・さ グッズ
あ、別に23巻がここ6ヶ月以内に出るとか言う話じゃないです。出たらいいなぁとは思いますが。
某所の某チャットで某人から聞いた与太話。それ以上でもそれ以下でもないらしいのであまり信じないように。ほら、完全版につくと言うDVDのプロモとかコンロン編BOXとか、話はあってもいつ実現するか良くわからない「予定は未定で決定じゃないのよーん」なのが(バスタに限らず)業界のお約束なので。

で、本題

なんでも23巻にはフィギュアつくらしいです

なんと等身大爆乳大元帥です!!!








嘘です


話続けます。なんでもそのフィギュアは●リ●だとか原型師が某林原キャラの原型で有名な●●た●●お氏だとか協力は海洋堂(これは私の妄想)だとかあるようです。

ただなんか原作本にフィギュアとか言うのは某角川出版の少年某で半不定期連載している某ゲリオンのクリスマスパッケージを思い出してちょっと鬱気味です。
お願いですから過剰出荷は控えてください集英社。
●ゆはそんなチャレンジ精神旺盛なウルジャン編集部を応援します


02/04/21 Tシャツゲッチュで街に出よう グッズ
今月のウルトラジャンプ5月号はOVAの発売も決定された「Happy World!」が表紙なんですがパステル系のイラストで一瞬どこぞの少女漫画かよオイ!とかと買い控える所でした。天上天下のクリアファイル(デザイン:真夜)が封入しているので買いましたが。更に言えば中にあるピンナップ(デザイン:亜夜)が萌えというか大暮維人節炸裂でマンセーでした。
そんな亜夜のピンナップをめくると今月のプレゼントあります。お題はいつものリトグラフとTシャツのプレゼント。
我等がBASTARD!!と天上天下とアガルタの絵柄で各100名様です。
デザインはこんな感じ


「クールにキメろ!」

ムリ!!

そんな訳で折角なので応募しようと思います。当たると良いなぁ。

ウルトラジャンプ:http://ultra.shueisha.co.jp/


02/04/21 完全版第2巻、そろそろ出ますか? グッズ
うちのWEBサイト名は「月刊バスタード」。と言う訳で本来なら一ヶ月に一度は何らかの更新をしないといけないわけですが前回更新日が・・・・
02年03月05日(一ヵ月半前)
・・・・それお友達から貰ったイラストのアップ。えっと自分のネタでアップしたのは・・・・
02年02月17日(二ヶ月前)
・・・・そんな訳でバスタネタを探して放浪していた私にとても美味しいものが入ってきたので飛びついてみました・・じゃなくてバスタ情報WEBサイトとして取り上げる次第です。
連載をストップさせている原因理由である完全版第2巻。作業がスタートしてかれこれ半年近くになろうとしているにも関わらず今だ発売日が確定していない訳でして。
そうすると色んな噂が飛び交うわけですよ。内容はここでは言えないですけどね。
そんな中、今月発売の「Comickers2002年 春号」「萩原一至、叶精作に聞く2DCGマンガと描画の最前線」と言うお題で完全版の修正過程がどどーんと載っています。
では簡単に修正作業のご説明

原版原稿のスクリーントーンを全部はがす



線画になった原稿をスキャナでPCに取り込む



PaintShopで線画を変更修正



CGトーンやCG効果で仕上げ



ウマー


そりゃ時間かかりますわな。素人目から見ても判りますよ。スクリーントーンの鬼と言われた(イワレテマセン)萩原先生らしい芸の混んだ作業です。
サンプル画像としてネイが夢の中でダークシュナイダーと再会するシーンの冒頭が載っていますがかなり違っています。ホント先生には申し訳ないんですが一巻の時は違いが良く判らなかったんです。でも今回のは全然違っていますよ。
某所によると4月には終るらしいので5,6月発売って事ですね。
連載再開は7月号ぐらいと言うことで・・・待ってます。

Comickers:http://www.bijutsu.co.jp/comickers/


01/12/24 次話が出てこない訳 グッズ
ネタ的には既に一ヶ月前のモノです。
如何に自分がウルジャンをきちんとチェックせず尚且つHPをキチンと更新していないかを反省しつつ自戒の意味をこめて今更やります。

現在のバスタードはウルジャン編集部は何も言っちゃぁいませんが隔月ペースの連載になっています。
それも萩原先生が作品に本人及びラウドスタッフの霊子力を込めすぎて毎月だとムラサメブレード開放時よろしく精力尽きてカサカサになってしまうからと言うのが諸説です。KCGのように効率よく運用するためには現在の霊子力ではちょっと足りないようです。
その証拠にウルジャンやHAGIPAGEには「霊子力を差し出す生贄スタッフ募集中」と常に掲示されています。
そんなわけで、いつもなら今月は掲載されるはずのバスタードですが掲載はされず、代わりに新感覚マウスパッドが入っていました。
(Pi--!)なのか?いや違います。実は秘密裏に進行しているあることが原因なのです。それは
BASTARD!!完全版 第二巻
の直しの為だったのです。パチパチパチ。

・・・ここまで書いていて(色んな意味で)ちょっと空しくなりました(笑)。まぁ良いです。

(一方的)バスタの友CHAOさんとこの「BASTARD!!のPAGE」によると来年の03.20頃発売だそうです。あと三ヶ月ちょいですね。楽しみだなぁ。また3千円用意しとかないと。そういえばいつぞや話題になっていたマッドハウス製作のプロモーションDVDはついてくるのかなぁ(現状知っているが内緒)。
ん?でも今月号(1月号)みると来月バスタやるらしい・・・先生とウルジャンはどっちを取るのでしょうか。どっちも両立・・・無理でしょうね。やったら間違いなくカサカサでしょうから。

ウルトラジャンプ:http://ultra.shueisha.co.jp/
BASTARD!!のPAGE:http://www.ceres.dti.ne.jp/~k970531t/index.htm


01/12/22 複製原画プレゼント グッズ
複製とは言え原画ものはかなり魅力的なものがあるかと思います。「リトグラフ」でもちょっと書きましたがアールビバンとかが展示販売している複製原画なんかはかなり精巧なもので、さすが一枚40万とか100万とか250万しやがるなと思います。

今、アールビバンのHPを検索したついでに中を見たのですが何時の間にか麻宮騎亜岡崎武士まであるやん。売れりゃァなんでもありか!アールビバン。

余談ではありますがこのリストに有る丹野忍の「風の行方」も買いそうになった原画でしてたしか75万だったかなぁ(苦笑。いや、でも実物見ちゃうと欲しくなるんですよねぇ。恐ろしいぐらい精巧にコピーしています。印刷技術が通常のものとえらく違うらしいです。ちなみにサンプルで載っているイラスト、色が違いすぎます。スキャニング下手すぎ。
さて、そこまですげー技術を投入しているとは思いませんがウルトラジャンプが2002年企画として6種類の複製原画を各一名にプレゼントすると言うのがスタートしました。
応募条件が「ウルジャン1〜6月号全部買え」の割には各一名とかなりみみっちぃ気もしますが売りが「超レア」なので真に受けておきましょう。個人的にはレアじゃなくてもいいから各500名ぐらいプレゼントしてくれと思いますが、禁句です。
プレゼントされる原画の作家リストは
大暮維人、木城ゆきと、中平正彦、七瀬葵、萩原一至、村田蓮爾
とUJのドル箱ぞろいです。と、思いましたが村田さん連載してねぇんじゃ(汗
個人的には松本嵩春とか唯登詩樹とかも欲しい気がします。
そんな訳でみなさん、6号連続で買わないで下さい。私が欲しいので(爆

ウルトラジャンプ:http://ultra.shueisha.co.jp/


01/12/22 リトグラフ グッズ
先日、HAGIPAGEのBBSを覗いてますと「黒い虹(小説版)のリトグラフ当たりました〜」とのご報告があり、「え?そんなものプレゼントしていたのか」とろくろく小説を読んでいない事を確認しました。でもまだその後読んでなかったりします。今度の冬コミの待ち時間にでも読めればいいなぁ・・・まぁ無理でしょう
そんな最近何かと言えばリトグラフ化するのが大好きなジャンプ編集部ですが本日と明日幕張で開催される「ジャンプフェスタ2002」においても先行予約されます。
今回は総数各100枚のうち50枚分だそうです。ちなみに残り50枚は来年の2月上旬にインターネットで発売と言うことで殺気立って幕張に行く必要もなさそうです。
お値段としては一枚30000円。高いかどうかは個人の価値観の問題ですので言及不可ですが明らかに年齢対象が20代中盤です。あぁヲタク世代マンセー(ぉぃ
まぁ、アールビバンとかで売られている「いのまたむつみの複製原画1枚45万円」とかに比べればどうって事ないでしょう。ちなみに以前東京の展示会のときに60回分割払いの書類にサインをしそうになりました。
絵柄については画像が小さすぎますのでよく判りませんがなんとなく「黒の虹」っぽいです・・・ということは小説版のプレゼントと一緒?
そうそう、萩原先生のおっしゃるに再現度はそうとう良いらしいです。
原画真っ青とかなんとか。ちなみに「直射日光くらうと速攻ダメになる」らしいので購入者は扱いに気をつけましょう

ウルトラジャンプ:http://ultra.shueisha.co.jp/
ジャンプフェスタ2002:http://jump.shueisha.co.jp/jumpfesta2002/


01/12/19 ウルジャン特製バスタードマウスパッド グッズ
マウスパッドと言うと私は今は無きGATEWAY2000のマシンを買ったときに付いてきた牛縞模様の奴を使っています。大きさは185mmx210mmとSXGAを使っている身としては使用度抜群で、既に6年目に突入した今も愛用しております。ただパッドにかかれているカスタマーサービスのTEL番があまりにも空しく映るのを除けばですが。
本日発売されましたウルトラジャンプ1月号は我等がBASTARD!!は掲載されておらず代わりにマウスパッドが付いて来ております。
こう言う雑誌とかについてくるマウスパッドと言うとまずダンボールを台紙に使っているヘボヘボの物体を思い出される方もいるでしょう。かく言う私もその辺りを想像しておりました。
もしくは出血大サービスの樹脂製で来るか?いいや来るわけない!
そんな感じで半ば諦めかけつつ冊子を開いて見ました・・・ハ?
そこにはペラペラのシートにDSとヨーコさんのイラストがあります。こ、これがマウスパッド?とっさに裏面を見ます。

静電気効果で机に張り付く新感覚のマウスパッドですパッド裏面の剥離紙をはがしてご使用ください。凹凸の無い壁面やガラス面にも貼れ、ポスターとしても使用できます。

まぁ最後の「ポスター」と言うのは180mmx145mmで名乗るにはどうだろうと思いつつなるほど最新鋭の技術投入だなとちょっと関心したのであります。いえ、マジで。ダンボールだったらどうしようかとハラハラしていたし。これならいざとなったら改造すればいいし
180mmx145mmと言う大きさはちと微妙な大きさですがまぁ慣れれば苦にならない大きさでは有ります。そんな訳で早速マウスパッドとしての実用テストをばと、レッツトライ!

ぐは!光学系マウスじゃスベスベで使えねぇっす(涙)

うぅ・・また飾りになる運命とあいなりました。せっかくだしラミカ加工でもしましょうかね。また宜しくねGATAWAY2000マウスパッド。

ウルトラジャンプ:http://ultra.shueisha.co.jp/


01/12/15 ポルノ=ディアノなマウスパッド グッズ
先月よりまんがの森で通信販売されていたHAGIPAG特製「補足設定付マウスパッド」がまんだらけでも始まっていたので購入してみました。なぜ「まんだらけ」かと申しますとまんがの森は通販する時にわざわざメールを書かなければいけない。そして代引きしか受付けてくれない、つまり「ひじょーにめんどくせぇぞゴルァ」。と言うことで、CGI制御でカードも使えていまなら2000円以上お買い上げで月姫下敷きプレゼント♪なまんだらけでなわけです。話題それまくり。
さて、届いたマウスパッドですが、パッド正面に「カマーン(古)」状態の爆乳大元帥様のイラストがプリントされているとてもセクシーなマウスパッドです。カブリつきです(危)。しかしながらこのマウスパッド致命的な欠点がありました。

パッドサイズ:150mmx150mm

使いたくねぇ」じゃなくて「使えねぇ」です。まぁ実際このサイズあれば使えると言えば使えるんですがやはりあとふたまわりないと落ち付きません。ということで私は丁重に飾らせていただきたいと思います。
補足設定資料集は買った方のお楽しみと言うことで伏せておきます。が、あえて一言

アムたん、ハァハァ(最近覚えた危険な言葉)

とりあえず「買っとけ」と言うことでキマリ

まんだらけ:http://www.mandarake.co.jp/
まんがの森:http://www.manganomori.net/


01/12/15 2002年カレンダー グッズ
「まんがの森」で11月に予約通販していたもので、おもいっきり予約し忘れていたのですが先日HPを覗くとまだ余っているとの事。「煽ってるんじゃねぇの?」と年々増えていく「無益な邪推」をしつつも、あるのだから感謝し早速発注、先日届きました。
表紙込みの計7枚で一枚で二か月分稼動します。
暦自体は下端っこに追いやられているのでこれは既にカレンダーじゃなくてポスターだろうと思うのですがこういう系のカレンダーがまともにカレンダーとして機能しているのを期待している方がどうかしているので気にもしません。
さて、描かれている絵柄はウルトラジャンプでピンナップ化された奴です。やっぱ良い紙使って良い印刷しているイラストは一味違う!いやマジで。
そういえば昔頂いた成瀬川のイラストの原画をポスターサイズに印刷したらさぞ萌えるだろうに・・・・やって欲しいなぁ、あとガブのも。

まんがの森:http://www.manganomori.net/


01/12/15 過去ログ その他

ついに22巻発売
1年9ヶ月の沈黙を破り最新刊の登場。
連載時よりクオリティアップ、約11Pに及ぶ追加を施されておりボーナストラックとして萩原先生の初期作品「微熱るーじゅ」を収録。豪華絢爛っす。

連載開始直前直撃インタビュー
新しい掲載先になります「ウルトラジャンプ」(http://ultra.shueisha.co.jp/)の12月号にて連載再開直前ということで萩原先生へのインタビューコーナーが載っています。近況、今後等結構深いところを語っています。
それにしてもウルトラジャンプ、12月号から銃夢もはじまったし・・毎月買いですか?

ジャンプフェスタ2001
12月23/24日の両日、千葉幕張メッセ(1〜8ホール)で集英社主催の「ジャンプフェスタ」が開催されます。(http://www.jump.ne.jp/jumpfesta2001/index.php3
その中でバスタードも原画等を展示、また当会場内で「オリジナルリトグラフ」の販売も予定されています(価格不明/額付/シリアルナンバー有/直筆サイン付))。

コミックマーケットへの参加情報
通称「コミケ」の参加情報です。12/29−東ホール−シ47a「ラウドインスクール」b「オカザキ」で出展。販売物は合同カレンダーとその他諸々。本人(萩原、岡崎両氏)は「時間があったら行く」そうです。
#つまり不明(^^;

アクションフィギュア発売
モデルメーカーで有名な「コトブキヤ」よりD・Sのアクションフィギュアが発売されます。名称は「ダークシュナイダー ジャギュレイターバージョン」で12月25日発売、予価2980円です。
またこの他にもコンロンやミカエルなども発売される予定になっています。

いよいよ連載再開、第21話はウルトラジャンプより
夏ごろから噂はされていましたがBASTARD!!は週刊少年ジャンプからウルトラジャンプへ連載先を変更、2000年1月号(12月19日発売)から連載されることとなりました。
しょっぱじめの第21話はページ数として20ページ前後を予定。コンロン編21,22話(予定)を2ヶ月連続で掲載します。また今後のスケジュールとしては一回あたり20ページで毎月連載を目指したいとのことです。

「豪華本第一巻」12月22日発売
ちとお高いですが「手を加えたところが無い」と言うほど手を加えまくっているそうなので発売日には本屋へGO!







Writing finish 2001/12/14