BASTARD!!やそれに関連した様々な情報をコメント方式で紹介しています。
つまり「雑記」(笑
※結構辛辣だったりおちゃらけてますが「愛」故です(と、言い訳)


05/2/18
本気で今更なんですが当選者発表〜 その他
先月募集したフィギュアのプレゼントは無事終了して当選者の皆様にお送りし終わっていたのですがここでその報告していませんでしたので非常に今更なのですがさせていただきます。遅れた理由は色々あるような無いようなそんな感じですが今年はは「言い訳カコワルイ」をもっとーに生きたいと(今)思いましたので言いません。つか、良い訳いわんやいかん状況作っちゃいけませんね、反省。

どのくらい来たかとか倍率いくつだったかとかは内緒です。
#理由:数えるのかったるい。
では発表

D・S:暇神さん
ガラ:ちゅ〜たろ〜さん
ネイ:NECKさん
シーン:鋼鉄狂さん
ヨーコ:エスペランザさん


うち、NECKさんはご自分のHPで歓喜のメッセージを書かれております。あそこまで喜んで戴けるとこちらとしてもプレゼントしたかいがあったと言うものです。
歓喜のコメントはhttp://neck444.s18.xrea.com/内にある2/2の日記を超絶参照です。
つか、私このWEBサイトに訪れる男女比率が100:0と固く信じていたので女性で見に来ている方が0.1%でもいると分かって喜ばしい限りです。今後ともヨロシク。


05/2/15 まずはHAQ本から(某T○YOTAのCM風) アイテム
萩原先生のQ&Aと言いますと公式WEBサイトが登場してしばらくしてからなにげに始まった質問掲示板が元でして、私も当時いくつか質問させていただいたことがあります。しかもかなりマニアックなものを。
先生も律儀な方で質問に対してほぼ回答を出されており「ファンと作者の交流ここに極まる?」な感じでした。
ただ、悲しいかな採用されているBBSの仕組みがレス元を起点としていないで単純に発言順での管理になっており表面上ツリー構造になっていても管理がそんなつくりだったために過去のものを見ようとしても同じ文章が何回も出てしまうと言う悲しい状況でした。そんなこともあってなのか、はたまた単にまとめてみたかったのか何気に管理人のPSY氏に「ちょっとQ&Aまとめさせてミソ」と提案したところあっさりOK頂いちゃったりして喜び勇んで作ったのが当WEBサイトの「萩TのQ&A」です。
当時はCGIなんぞ使わない本当に原始的なHTMLでの構成だったのですがやはり見難かったのとそれ以上に管理が面倒くさかったのでDBタイプのCGIを導入、現在に至ります。うちの寄稿CGに萩原先生からのものもありますが戴いたきっかけもこの管理のお礼と言うことでしてまぁ色々と思い出深いデータです。

で、そんな膨大なQ&Aを一冊の本にまとめてしまったのが「HAQ本」です。テキストは当然ありものを使うとは言え実際問題これを分類化して構成して書籍化するなんて想像するだけで身の毛もよだつ作業をやられたなぁと思う次第。どうにも作っているスタッフが知っている人ばっかなんで「死ぬほどお疲れ〜」と言わないではおれません。

・・・と、ほとんど身内話に近い戯言を長々と語ってしまいましたが、先日某まんがの森に(会社の金で)行くことがありましてゲットいたしました。ちなみにその後ちかくの劇場で放映されていたAIRを見てたりしました。まさかギャルゲーアニメであしたのジョーとかブラックジャックを見ることになるとは思いもよらず。

単純にQ&Aとしてデータ検索するならばもしかしたらここの検索だけで良いのかも知れませんがHAQ本はうちのDBとはまた違う味があります。

●書籍になっている為、じっくりとまとめ読みが可能。
事実上うちのDB(萩T)では全部まとめ読みと言うのが出来ない仕組みになっています。出来ないことは無いのですがやる気は無いです。その点HAQだと参照イラストを眺めながら優雅に閲覧することが出来ます。

●質問回答が当時のまま再現
基本的に萩Tでは萩原先生のAnswerを主眼においているためもともとのQuestionやその前後のやり取りなんかは省かせてもらっています。HAQではそのあたりのやり取りもしっかり収録されているのでQ&Aとは別の部分での娯楽要素があります

見にくい(つか見えない)けどこんな感じ

●質問者の名前が出ている
これは当時実際に質問している人間にとっては極上な楽しみの一つなんじゃないかと思います。私もやっちゃいましたけれど間違いなく自分の質問をまず捜します。ついでに発言しているとこを全部あさります。でノスタルジーに浸る。最高の一瞬です。逆に質問したことの無い人には何てこと無い要素なのですが。

今のところじっくり読んでいる時間も無いので主に自分が質問&フォローしているところを中心に読み漁っているところです。すっかり忘れていた質問なんかもあって懐かしいなぁ。「竜戦士が赤いあいつを駆って農作業」発言とかなんてわれながらアホだと思いました。
#竜戦士のコンバインネタ参照
あと、格ゲーネタまでしっかり収録されていて・・・うわぁぁぁあ!こんなの出来るなんて知っていたら質問するんじゃなかったぁぁあぁ!
そんな訳で私が当初思っていたものよりもずっと楽しめる一冊に仕上がっている感じでした。私がまん森行ったときにはカウンター側で1コーナー出来上がっていて、かなりの冊数ありましたので力も入っているようです。

HAQ本が出るに際して「うちのページまだいいのかなぁ」とか思っていました。いやね、実際問題全然連絡とってないし、結構メタクソに書いているし、内心ガクガクブルブルもん(笑)だった訳ですよ。ですがHAQ本の冒頭でお礼の一文見たとき「あぁ・・まだいいみたい」としみじみ思いました。本当はこんな貴重なデータいつまでもいいように使わせていただいて御礼言わなきゃいけないの私の方なんです。ありがとうございます。このページ見てらっしゃるかどうか判らないですけど。

こんな事を書きながら一点。今でも心に残る濃い〜質問「相対性理論がらみの地上と地獄の時間差について」が見つからないです。一生懸命探してみているんですけど。あれだけの量なので取り零しは絶対あると思うのでしょうがないよねぇとは思うんですけどもし本当に載ってなかったらちょっと個人的にショックニダ!賠償は求めない。
#気にしないどいてください

18日にシーラ姫のエロ本が出るわけですが・・・これはショッパゲ待ちかなぁ。待ちきれなかったらまんだらけで。

PS.
なんか紹介というか単に「自分の名前載ってたぜい。えぃ」と言いたいだけな気がしてきたが、それもまたよし。


05/1/29 同人誌二冊いよいよ発売 アイテム
最低限の希望として他の何もいらないので本編進めてほしいという基本願望があるにはあるのですがやはりゲームにしろフィギュアにしろ派生アイテムは出てくれるに越したことは無い訳でして、それがラウドが直接関係してくるものに関しては別格のものがあります。その最たるものはやはり同人誌と呼ばれる自費出版物でして商業ベースではどうしても表現できない/企画として無理があるものが自腹を切ることによりある程度叶う為、ものによっては非常に良い物が出来上がることがあります。
ラウドから出された全ての同人ブツが良いとはさすがに思いませんが「未使用改訂版」とか「ガードレス関係」なんかは資料的価値や美術的価値として十分購入に値するものだと思っています。

そんな同人誌/アイテムですが23巻のあとがきに告知されていたHAQの本とシーラの18禁本がいよいよ発売される模様です。

HAQ本(2/4発売)
シーラ姫本(2/15発売)


リンク先はまんがの森になっていますが個人的には現在一時閉店中のショッパゲでの購入をしたいと思います。大体ここでしか手に入らないオマケがついてきますので。
それにしてもHAQ本でちゃうのかぁ・・・ここのページ(萩T)どうすれば良いんだろう。一度本当に聞いてみないといけないなぁ。


05/1/19 ワンコインフィギュアゲットズサー アイテム
本日ウルジャン発売日でバスタードが掲載されていたので本来なら今月のバスタを書いてしかるべきなのですが今回はこちらを最優先です。これで間違いなく今回も週末になるんだろうなぁこれを書きながら思っています。しかも今週土曜出勤・・・日曜も出かける・・・うーむ。

11月に情報をゲットした「1コインフィギュア」」ですが本日某通信販売で予約していた当物件が届いていました。これを購入することに関しては多少なりとも葛藤がございまして・・・ほら、写真見るとかなり微妙だったじゃないですかいくらバスタ好きでWEBサイトのネタの為とはいえ6000円近くも払う価値があるのかなぁって。結局買っていますけどね。
ちなみに購入金額は手数料込みで5677円でした。普通に店頭で買うと525円x12個=6300円なのでちょっとお得です。いや、実際絶対かぶるのでお徳かどうかは定かではないのですが。

今回のラインナップは6+1の全7種。四天王を差し置いて鬼道衆が入っているのがターゲットをよく理解していると言えるでしょう。いや、アビちゃんがいないのは理解していないかもしれません。
手に入ったものの写真やら一言コメントやらはコチラを参照してください。

全体的な感想としては思ってたよりは完成度は高かったかなと思います。少なくとも23巻の黒歴史とは比較にならないレベルです。このぐらいの完成度ならシリーズ化してほしいかなぁと思います。シリーズ化しなくてもいいから少なくともアビちゃんや伯爵さまやガブを出してくれ。

さて、12個かって7つでコンプしたわけなので当然5つほどだぶついている訳ですが・・・捨てるのももったいないしどうしよっかな。近いうちにどうするか発表するかも。









Writing finish 2005/02/15
                                                                                                       
TOP News 月バス Q&A イラスト 用語 日記 オススメ BBS Link1 Link2