7 ▲BACK
なまにえの呪文
第四話

Aパート分
うーん。今回は時間かけた割には全然中身無いです。というより、Bパートからがこの話の骨なのでAパートに限って言えばツナギでしかありません。
と言うことで今回はすげー短いです。その分はBパートで取り返すかと思いますのでお待ちを。
今回は特に書く事無いのでこんな所で


Bパート分
つーことでBパート!うーん、「戦闘シーンてんこもり」とか書いてた割には無いような・・・いいや、どうせ「いきあたりばったり」な小説だし(笑
コンバインドのあやしげな踊りは例の踊りです。確かに怪しいです。
とってつけたように使い魔ズが出てますが・・・・本当に取って付けたようです。えぇ遡って書き直しときます、近いうちに(汗
これ書いている時点ではCパートは8割書き終ってます。一応4話ラストは「しょーげきのしんじじつ」ってやつで締めてますのでお楽しみに(っていうかありがち)
でわでわ

Cパート分
Cパートでやんす。すんません、ベタベタなネタきました(笑)
こんなネタ振って・・・自爆するんじゃないかオレ(^^;
一瞬で勝負がついて「どこが戦闘シーンじゃ」という状態になりましたがそれだけ彼の能力が強いと言う事で納得しといてくださいませ。
さて、次の話はいよいよ・・・なんですが、あぁどうプロットくみゃいいんだァァ・・・・ハッまぁその話はおいおいする事として。
とりあえず次のタイトルは「メガミタチノコクハク」という謎めいたタイトルです。謎めいていますが内容はそれほどのものじゃないです(^^;
でわでわ


Writing finish 2000/07/07