24巻雑記
-2006年07月04日発売−
戻る

シナリオ関係とかは今月のバスタの32〜38話で散々やっていますのでそちらを参照よろしく。
こちらでは単行本読みながらグダグダ書くだけに専念。


表紙
・HAGIPAGEでも言っていますがこの表紙は暫定版です。本当の表紙は今月のウルジャンについて来ます。つまり我々はウルジャンを見るものが無くても買わねばならないのです。いや、俺いっぱいあるし毎月買っているから関係ねーけど

表紙裏
・猫のクオリティーが高すぎる!ハギー頼む!猫ぽえみーな漫画(つか絵本)を一本描いてくれ。子供の教材に使うようなのを(子供いないけど)

ポスターとあらすじ
・野郎のアップはどうでもいいのでカレイにスルー
・開いてワザワザ見る人がどのくらいいるのだろうか。まず見た人は挙手
・ラファエルの出番ってここだけか?

窓絵
・誰かと思われる人多数ですがポクちん(バエル)とアシュタロスです
・何故かと言うとこの二人は裏設定で夫婦だからです
・オリジナルというより原典からの引用ですけどね。

最終節I
・冒頭の世界地図についての考察は32話でやっているのでそこ参照ヨロ。
・シーラ様綺麗〜。装飾とかこまけぇ。とてもおしゃぶりで(以下略
・シーンがホビビットを可愛いとか言っているその時、大半は「シーラ様のあにゃー萌えぇ〜♪」でガチ
・ホビット系で女ったらしという新しい可能性を見せるア、レキシ殿下
・シーラは口説いてもいまだD.S一本だろうから無駄無駄無駄
・メタ=リカーナが未だ現存国家だという事にひそかなる驚愕を覚える
・クィークライズ、金魚かと思ったのは秘密
・ドワーフの王宮風景は山賊の親分とその馬鹿子分ドモにしか見えません。
・草尾ボイスが似合いすぎる男、ラーズ殿下久しぶりに推参
・結局宝目的で戦っているような気がする男、ィエロィ。だがそれが良い。
・いろんな種族がいる汎人類。十賢者色々作りすぎだなとオモタ。

最終節II
・ある意味最強だとおもうボン・ジョビーナ。お前何歳だよ。
・FFXIで言うレアモンスターと遭遇した時の喜びと「殺る?殺られるかもしれないけど」感が交錯する、そんな魔神発見シーン。
・この魔神みていると絶対後二体いて合体するよな。と思う
・さすが仏さんは圧倒的だぜと思うぐらい強い。古代神恐るべし。
・どっかで「エルフは仏教徒かよ」と言うコメントを見たのだがそうじゃなくて巻き返しを謀っている古代神群が時を得たとばかりに霊力の高いエルフと共同戦線を張ったと言う解釈が釈然とする
・良くSFとかで船の前に艦長を投影して演説始めたりするのだが実はそれだったと言うオチだったら嫌過ぎる。

最終節III
・妖精族は判るが、毛むくじゃらの猫さんを人類とするのはどうなのか。ゴブゴブとかは駄目なのか?
・と思ったら国家を形成している勢力を人類と定義している模様
・シーンの「御伽ばなしみたい」と言う台詞は御伽噺を科学力という魔力で実現させたと言う負の意味も込められている訳だが。
・月の封印は迎衛システム(※1)でガチ。じゃなければサテライトシステム(※2)。
・どこの国でも官僚達はおばかであると認識させるそんなエルフの人々
・純粋エルフも爆乳の時代到来
・ダニもDSに手篭められる運命にあるのか。うん、あるのだろう。
・アビゲイルさんのあれは絶対何か着込んでいる。
・ネイの再登場シーンを見て「ネイ、そんなかっこうで寒くないか?」とまず思った。いや、魔法でどうせ寒くないんだろうけどさ
・ネイは出てくるたんびにエロ可愛度がアップしていると思う
・ネイは今はやりの「クーデレ」※3のはしりだとつくづく思ったね
・まぁガラに対してはツンデレっぽい傾向があるが
・カルは今の方が好きだと思っている俺
・多分相当高位で神聖なのだろうがあの下品な顔立ちでフンドシだと全然だめだよ、巨人さん
・圧縮水蒸気弾の描写は相克と呼ばれる神のルールを人間の科学力が無効にしている→神が人間を排除したい原因を暗に描写していると受け取ってみた
・そしてこのびっくりドッキリメカの元ネタはスチームボーイだが見た事無い。
・6ページに渡る回想シーン、判るキャラが半分ぐらいだった。そんな訳で俺には解説無理。

痴気情事気分!!!
・なんだこのハートフルな4コマ
・24巻最強のキャラはにゃーにゃー言う猫であったと認識
・歩く事は良い事です。でもスタバで飲むこーしーは無糖を推奨
・一応時間かけすぎている事は気になっている模様

最終節IV
・ジジー、びっくり要員
・単行本が手元に無いので確認できないのだが箱舟にいた十賢者のうち二人らしい
・影の少女。これでヨーコさんじゃなければ誰だと言うぐらいバレバレです。
・でどうみてもヨーコさんはノーブラっぽいのですがどうよ?
・グレイ忍者は若本ヴォイスでガチ。そして密かに想っていた音速丸への改変は無かった。残念。
・よかった、魔眼少女ちゃんはそのままだった。あれはハギーの良心だからな。
・ラファエルさん、今後の布石要員として行方不明(用事が何事も無かったように復帰)
・ウリエル「お願いだ、オラに元気を分けてくれ」
・しっかしこの戦闘シーンもっと上質の紙で見たい
・ウリの自爆はトップをねらえ!でバスターマシン3号が臨界暴走させて大規模BHを発生させ周囲のものを全てつぶすアレな作戦に近いのですがベルゼブブの一連の台詞からするに幾らなんでもそういう訳じゃないだろうと。
・あれ?シェラと妹の出番わ・・・

ユウガッタハギワラ
・メンバー紹介はつまる所「ワタシエフエフイレブンダイスキデス」と言っている様な物で・・・なんて危険なものをプレイされているのだ。
・求人広告のテンションの高さと言うか追い込まれ具合が目に見えるようで・・・誰かスキル高い人参加してあげて
・HAQ本は持って損無しなので買うがよかろう
・おしゃぶり本は正直な話あまりお薦めできません
・断食本は結構好きだけどHAQ本よりは優先度は低いかな
・複製原画はダブルが良いかなぁ(バスタじゃねぇし)。多分公式未発表のガブのアップ絵が俺は欲しい。
・バスタードオンラインは早くβ始まってくれと思いました。キャラデザが良過ぎ
・あとがき漫画はいつも道理、かな?

※1:メガゾーン23
※2:ガンダムX
※3:公衆や他人の前ではクール、好きな相手や気を許せる相手にはデレデレ


ちょっと見比べ
ちょっと連載当時との違いが分かり易いほどわかるページで比較。

アーシェがカルを探してワイバーンで飛行中、氷漬けになっている巨人を目撃するシーンです。とりあえずスキャン加工しながら思ったのは「とにかく紙質重要だな」。

その1

シルエット(つかラフ)の状態だったアーシェが徹底的に書き込また状態になっています。今回の24巻全体に言える事ですがウルトラジャンプ掲載時にはこうしたラフ絵に近い部分のコマが大量にあり単行本では全て書き足されています。23巻と違うのは構図まで変えてしまうというコマが激減しておりこういったあくまで書き加えるにとどめる事により全体的な無駄作業時間の短縮を図っている点ではないかと。それが功を奏しているかどうかは何とも言えない部分ですが(^^;


掲載時にある程度書き込まれているものに関しても単行本化する時にはさらにクオリティアップを図るのはラウド流と言うべきところでしょうか。基本的には直していないコマは何も無いと考えても良いぐらいですかね。

全体的に見てクオリティアップしているのですが単行本クラスの紙質だとまだ潰れている部分が多く時間をかけて描かれた絵が細部まで楽しめないのが残念。
無理な話だとは思うが1000円ぐらいの上質版とか一緒に出して欲しいと思う。


と、以上雑記でした。さて、25巻は3年以内に出るか否か(笑い話になっていない)

Writing finish 06/07/09